まぜこぜブーン

ブーン系まとめ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)


 (´・_ゝ・`) 【お題】 「重力」 「腕時計」 「空気」



 ※作者注 鬱注意
329VIPがお送りします :2013/08/23(金) 04:41:20.43 ID:cKd8q0f10
(´・_ゝ・`)y━・~

(´・_ゝ・`)「ふぅ」


煙草を深く吸い込み、吐き出す
こんなものに何の薬効もありはしないが、長年の喫煙習慣のおかげで一息ついて落ち着くことはできた
太陽は強く照り付け、量販店で買った安物の黒いスーツとネクタイに熱を送り続ける
汗が流れ落ちるけども、時折吹く風が気持ちいい
親族一同集まる待合室はクーラーが効いていたが、空気が重すぎて居るだけで気が滅入ってしまう
まるでそこだけ重力が強くなってしまったみたいに、皆の頭は垂れ下がっていた




330VIPがお送りします :2013/08/23(金) 04:42:32.51 ID:cKd8q0f10
(´・_ゝ・`)「当の俺がこんな感じだってのに、ねぇ……」

(´・_ゝ・`)y━・~ o0〇 プカァ……


時間つぶしに煙でわっかを作り、その中にまた煙を吹いたりする
付き合っていた頃、よく凄い凄いと褒められた
ことあるごとにせがんでは、大人げなくきゃっきゃと笑っていたものだ
子供が出来てからは家で吸わなくなったので、やる機会も無かったが


(´・_ゝ・`) チラ……

(´・_ゝ・`)「そろそろ、かなぁ」


革ベルトの、文字盤にネズミのキャラクターが描かれた腕時計を見るともうそろそろ予定の時刻だった
ああそうそう、これも確か結婚2年目にプレゼントされたものだ
仕事に着けていくには可愛すぎるのだが、外していくと酷く不機嫌になるので毎日会社にもしていった
最初の頃はよくからかわれたが、今ではすっかり慣れてしまい取引先にも認知されるトレードマークにもなった


331VIPがお送りします :2013/08/23(金) 04:44:16.84 ID:cKd8q0f10
⌒*リ´・-・リ「……お父さん、もうすぐ時間だって……」


その時ちょうど娘が呼びに来て、時間が来たことを告げる
初めての子供だった彼女が出来たときは、本当におかしくなっていたと自分でも思う
赤ちゃん言葉で彼女をあやし、にやけ過ぎで毎日ほほが痛くなっていたものだ
しかしなぜか妻にしか懐かないので、嫉妬して喧嘩にまで発展してしまったこともあった
二人目、三人目ではそんなこともなかったのだが


(´・_ゝ・`)「ああ、今いくよ。先行っててくれ」

⌒*リ´・-・リ「うん……」

(´・_ゝ・`)y━・~ スゥ……


娘を戻らせ、また煙草を吸いこんだ
今咥えているこの一本を吸い切ったら、行くとしよう


332VIPがお送りします :2013/08/23(金) 04:45:19.28 ID:cKd8q0f10
(´・_ゝ・`)y━・~


じりじりと照り付ける熱く燃える太陽とは裏腹に、タバコが灰になっていくペースは遅い
久しぶりに吸ったもので、自分の吸い方を忘れてしまったのだろう
自分が遅れてしまうのは、少々ばつが悪い
一気に吸いきってしまおうと、長く息を吸い込んだ


(´・_ゝ・`)y━・~「ん……」


そこで、自分の手が震えていたことに気付く
手だけではなかった
膝も、煙を吸い込む息も、震えていた


333VIPがお送りします :2013/08/23(金) 04:46:18.30 ID:cKd8q0f10
.
 

(´・_ゝ・`)「……」



昔から病弱だったから、体調を崩した何年も前から覚悟はしていた
寸前まで会話も交わしたし、最後は手を握りながら看取ることが出来た
娘や息子たちと一緒に楽しい思い出はたくさん残してきた
心残りは全く、無い
はずだ



(´-_ゝ-`)「……」

(´・_ゝ・`)y━・~ スゥ……



もう一度深く吸い込む
今度はうまくできた
そして、自分のなかにあった、‘言葉では表せられない何か’を混ぜるように肺に送り
大きく、大きく空に向けて吐き出した

.


334VIPがお送りします :2013/08/23(金) 04:46:49.48 ID:cKd8q0f10
.

(´・_ゝ・`)y━・~o0〇 プカァ

(´・_ゝ・`) グジグジ

(´-_ゝ-`)

(´・_ゝ・`)「さ……戻るとするかね」



吸殻を携帯灰皿に押し付けて火を消し、娘たちのもとへゆっくりと歩を進める
もう足の震えも止められたし、きっと表情もいつも通りの筈だろう
もう、戻っても大丈夫だ



(     ) 



吐き出した、輪っかになって空に昇った煙草の煙は、建物の煙突から立ち上る煙と合わさり
そしてしばらく昇っていって、風に吹かれて消えてしまった。



.



( ^ω^)ブーン系小説総合案内所のようです
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1377081419/

[ 2013/09/01 18:48 ] 総合短編 | CM(0)
[タグ] (´・_ゝ・`)


コメントの投稿


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。