まぜこぜブーン

ブーン系まとめ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)


 ひとりで語る奇譚夜話のようです  『▼・ェ・▼』












29名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 00:53:00 ID:LR15xsWw0


(´・ω・`)


 あらら、どうもこんばんは。また会いましたねぇ。
 はは、今日も酷いお顔、……じゃアなくって、酷い顔色だ。また例のあれですか。やめときゃいいのになぁ。

 え? バカにしてる? いえいえそんな。
 ただまぁ、懲りないなぁとは思ってますがね。……うん?それが馬鹿にしてる?
 じゃあ馬鹿にしてるんでしょうねぇ。あなた否定できないでしょう?


 はぁはぁ、怒らないでくださいよ。ね。
 じゃあまた今日もお話しましょうか。いいじゃないですか、どうせお暇なんでしょう? はは、あたしはこれで人見知りする性質でしてね。
 慣れると少々口が悪くなっちまうのはご愛嬌ってんで。



(´・ω・`)


 そうですねぇ、あなた、犬って好きですか? 好き? 嫌い? 猫の方が好き? はぁ、あたしはまぁ、そうですね、普通ですかね。

 送り犬って知ってます?

 ええ、そうそう。送り狼みたいなもんです。山に入った人が日もくれて家に帰ろうとすると、後ろから獣の足音がする。
 襲われるのかと思えばそんなことはない。寧ろ足音がする限りは絶対に安全に帰れることができる、ってぇあれです。
 女の子を送ったその先でペロっといただいちまうアレじゃあありませんよ。はは。
 今日はね、その話をさせてください。いえね、ちょっとここに来る前に野良犬を見かけましてね。
その犬が似てましてねぇ、一瞬ホンモノかと思って身構えちまったんですよ。いやぁ、懐かしいなぁ。


30名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 00:54:18 ID:LR15xsWw0



(´・ω・`)


 あたしが大学を途中で辞めちまったって話は前にしたでしょう? 丁度辞めてすぐくらいのことでしたかねぇ。
 その時あたしは大学での友達の部屋に転がり込んで生活してたんですよ。
 前に住んでたアパートが火事で半分くらい焼けちまいまして、あたしの部屋は無事だったんですがもうこりゃ建て替えだなってんで大家さんが住人を追っ払っちゃった。
 消火で水浸しで家財も台無しだわでロクな行き場がありませんでね。その話を聞いたモララーって奴がこれまた人間の出来た奴で、


( ・∀・)「じゃあ俺んトコ来るか?」


 なんつってね。女の子相手に言ったら嫁にでも貰っちまえそうなことを言ってくれたんですよ。
 あたしもしょうもない貧乏学生……ああいや、そのときはもう学生じゃなかった。ただの貧乏でしたからね。


(´・ω・`)「わぁ、いくいく」


 なぁんて迷惑も考えずに財布と通帳とだけ持ってみたいな恰好でお邪魔をしたんです。今考えれば本当に迷惑な野郎ですよ。
 それを


( ・∀・)「おう、来い来い」


 なんて適当に迎えたモララーもモララーでちょっと可笑しい奴なんですがねぇ。
 それでもってまぁそれなりに広いモララーのアパートで、家賃を折半してね、しばらく暮らしてたんです。
 とは言ってもあたしはその時の仕事を始めたてでお休みなんざ一丁前に貰える立場じゃあありませんでしたし、モララーは真面目に大学生やってましたから。
 モララーが家を出るころにあたしが帰ってきて、そんでもってあたしがそろそろ出ようかってころにモララーが帰ってくるなんて入れ替わり立ち代りしてました。丁度良かったですよ。あたしもモララーも、四六時中他人と顔突っつき合わせるなんてさすがに我慢ならなかったでしょうし。
 まぁそんな生活でもね、あたしの入りが遅かったりモララーの帰りが早かったり、時々は一緒に夕飯を食べたりなんかもしましたよ。
 男二人の食卓なんてぇむさ苦ッしくて暑苦しいもんですがね、まぁまぁ、今思えば中々気楽な生活をさせてもらってたってなもんです。
 まぁモララーも実際助かってた……、なんて言うとちょっと変ですがね。家賃は仕送りだったらしいですし、それを半額に済ませられて大損ってほどじゃあなかったんじゃないですかね。


31名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 00:56:20 ID:LR15xsWw0


(´・ω・`)


 そのモララーなんですが、これが好かれる男でして。
 え? ゆうれい? やだなぁ、違いますよ。そんな怪談話みたいな。
 まぁ、幽霊ももとはと言えば人だって思うんなら、そりゃ好かれてたのかもしれませんがね。あたしぁユウレイなんてもんついぞお目にかかったことがないんで、わかりゃしません。
 兎に角そうです、モララーはよく人に好かれる奴でした。男でも女でも、じっさまばっさまでも子供でも、何なら人以外だってそうです。
 猫とか犬とか……近所に懐かないぶさいくな野良猫がいましてねぇ。あたしが魚肉ソーセージを見せても見向きもしないくせに、
モララーが持つと一目散に寄ってくるんですよ。かわいくない奴です。

 あいつは意地も性格もまぁ、そんなに良いって訳じゃなかったんですが、ま、さっきも言った通りに性根だけはちゃんとした良いやつだったんでね。
 時々いるでしょう? 妙に人好きするひと。なんでどうしてか憎めないし、節々でああこりゃ好かれるわけだなんて思わせるから卑怯ってなもんですよ。
あたしはそりゃ人に好かれようって態度をするのは得意ですが、そういうお方々にゃ敵わない。ありゃ天性ですからね。

 あたしが大学生をしてたころも、夜の仕事をしてるような学生ですよ。寝不足で目つきも悪いわ授業には遅刻するわ散々の怪しい奴に声をかけてくれるような男ですから。
普通なら腫物扱いですよ。あたしだって関わりたくありませんよそんな奴。ね。
 ってなもんでね、不思議なことでもなんでもなかったんですが、モララーは隣にはべらす女が絶えたことがありませんでした。
 昨日はあの子。一昨日はその子。そんでもって明日はどの子、ってな具合でね。
 いや憎たらしいんですが、もうあたしも短い付き合いで慣れたもんでしてね。



(´・ω・`)「また別れたのかよ」

( ・∀・)「いやー、かおりちゃんの方がおっぱい大きくてさぁ」

(´・ω・`)「女の敵め」

( ・∀・)「女の敵でメシ食ってる奴には言われたくねぇよ」

(´・ω・`)「アマチュアのほうが性質悪いってのはこういうことを言うんだろうなぁ」


 なんてやり取りはね、もうちょっとした恒例行事みたいなもんでした。
 あたしなんかよりも向いてたんじゃぁないかな。はは、夜の仕事に向いてるなんざ褒め言葉にもなりゃしませんがねぇ。


32名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 00:57:45 ID:LR15xsWw0



(´・ω・`)


 それで、最初はなんだったかなぁ。
 あたしが一部の仕事を終わらせて、二部の仕事までの間の時間にメシでもつくってやろうとしてた時でしたかね。
 ああ、これでもあたしぁ料理が得意でして。ちょっとしたもんなんですよ? ええ、得意料理はピーマンの、ってどうでもいい? はぁはぁ、すみませんすみません。
 一応居候って体だったんでね。来る脛を齧る生活に備えてーなんつって、掃除だの料理だの、気が向けばこまこまやってたんですよ。
 夕方くらいでしたかね。日が落ちかけてて、たそがれ時なんていうのはあんな時間を言うんでしょうねぇ。
 それでアァ今日もかったりぃなぁなんて思いながら野菜炒めだとか作ってたら、外からモララーの声がしてくるんですよ。


( ・∀・)「ここまでありがとねー。ちょっと待ってて、何かお土産あげるから」


 とかなんとか言ってる。
 あーこいつまた新しい女作りやがったのかってんでね。それはいいんですが女の子に家まで送らせるなんてのはいただけない。
 女性相手にした商売してると他人のそういうのまで気になるンですから難儀なもんですよ。
 まぁそれを抜きにしたってモララーがそんなことさせるってのはちょいと気にかかりまして。何度も言いますけど性格は悪いですがありゃ人間は出来た男でして、
気障ッたらしィく「レディーファースト」だなんてシラフで言っちまえるような奴なんですよ。
 ちょっと変だなァなんて思ってましたらモララーが部屋に入ってきまして、


( ・∀・)「何かソーセージとかない?」


 なんて聞いてくる。
 女の子の手土産にソーセージってあなた、田舎のばっさまじゃねぇんだから。あたしゃつくづく呆れましてね。


33名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 00:59:13 ID:LR15xsWw0




(´・ω・`)「棚にチョコレートの箱あっただろ、あれにしとけよ」

( ・∀・)「ばっか、そんなんあげられっかよ」

(´・ω・`)「だからってソーセージは無いだろ、馬鹿はそっちじゃねぇか」

( ・∀・)「犬にチョコレートとかふざけてんのか、しんじゃうじゃねぇかよ!」

(´・ω・`)「犬?」


 言われてドアから出てみれば、確かに玄関から降りたところにちょこんと犬がいる。


『▼・ェ・▼』


 毛色もまだらでいかにもな野良犬ですよ。まぁ器量はそこそこ良かったんじゃないですかねぇ。顔つきがきりっとしてましてね。
 行儀よく座ってるのもなんとも愛嬌があって、あたしはさっきも言いましたけどそんな犬好きってもないんですが、まぁまぁこの犬はかわいいなって思ったもんです。


( ・∀・)「学校帰りの道で懐かれてさぁ。撒けなかった」

(´・ω・`)「ばかだなぁ、居付かれちゃったらどうすんだよ」

( ・∀・)「だって可愛くてさぁ」


34名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:00:50 ID:LR15xsWw0



 なんて言いながらモララーは冷蔵庫から出してきたハムとかやってるんですよ。
 そんなことしたら益々居付くだろうにとは思いましたが、ペット禁止のアパートで飼って怒られるのは名義人のモララーなんでね。まぁ本人がいいならいいかなんて思ってました。……ええまぁ、正直に言っちまいますとその犬が可愛くてね。
 ハムをがつがつ食べてる様なんていかにも哀れっぽくて、ほっぽりだすのがちょいとかわいそうになっちまったってのも本音です。
 なんですか、笑わないでくださいよ。あたしだって人の子です。人並みに犬だの猫だの可愛がりたいにきまってるでしょう?




『"▼・ェ・▼  (∀・ )』



 けどその犬も馬鹿じゃあないのか他に行くところでもあるのか、二、三枚ハムをぺろっと平らげるとなぁんでもない顔してささーっとどっか行っちまった。
 野良猫みてぇな犬だななんてモララーと言ったもんですよ。
 その時アッと思いましてね。帰り道に後ろから着いて行って家に付いたら飯をねだって。何処かで聞いたことがある。そうだ、送り犬だってね。
 モララーは何にもなかったみてぇな顔してあたしの作った野菜炒めの貧相なのに文句つけたりなんてしてるんですが、こりゃちょっと不味いモンに行き遭っちまってるんじゃないかと思いました。



(´-ω-`)


 でもまぁあたしにはなぁんにもできやしません。
 寺生まれだなんていわれましてもね、所詮は現実のしょぼくれた男ですもんで。
 この前も言いましたが、波ァ、なんつってもあたしの手からはなぁんにもでやしません。


35名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:03:02 ID:LR15xsWw0


(´・ω・`)


 モララーは送り犬なんて知らないようで、懐いてくれた野良犬と帰り道にリード無しの散歩をしてるくらいの気持ちでいたんでしょうね。
 あたしが寝ぼけ眼をこすって帰りを出迎えると冷蔵庫から肉だのパンだの持ち出してるのをよく見かけました。
 ま、そうしてる内が花ってなもんです。むさっくるしい男二人の生活の端っこに犬の姿がちらついてるくらいでね。うるおいとまでは言いませんがまぁまぁ、悪くはなかったですよ。

 なんで餌なんてこいつのことだからほっといても今日みたいな様子で勝手にやるだろうってんで、放っておくことにしたんです。
 やですよ、下手に関わってあたしまで巻き込まれたら堪ったもんじゃありませんから。
 え? 薄情? 人聞き悪ィなぁ、大丈夫ですよ。この話で怖いのは犬なんかじゃアありませんから。



(´・ω・`)


 じゃあ何が怖いのかって?
 そうですねぇ、冷たァい甘酒が、……--はいはい、すみませんすみません。好きなんですよ、どうもね。
 今の時期は風呂上りによぉっく冷やした甘酒を一杯、それから冷酒を塩で一杯。それが粋ってモンでしょう?
 はは、どうでも宜しい。わかりましたわかりました。この話はここからが長いんですよ。





『リイ ゚ー゚)リ』




 サダコって女がモララーに惚れましてね。
 確か、サークルの先輩だかなんだかって言ってましたかね。
 まぁそこまではどっこも珍しい話じゃあないんです。ヘェヘェ良かったね、なんて聞き流してたんですが、どうもモララーの様子がおかしい。


36名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:04:33 ID:LR15xsWw0




『(;・∀・)』



 いつもだったら小憎たらしげに( *・∀・)「それでもって付き合うことにしたんだけどさ」なんていう奴が、
そのひとの話をするときに限って困ったみたいな情けない顔をしてるんです。


(;・∀・)「違うんだよ、おれ、サダコ先輩とは付き合いたいとかそういうんじゃねぇんだ」

(´・ω・`)「あんだけとっかえひっかえしといて何言ってんだか」

(;・∀・)「たしかにそうだけども。サダコ先輩はそういうんじゃないっていうかさぁ」


 姉ちゃんみたいな、恋人とかになりたいんじゃないんだよ、とかなんとか言うんですよ。
 あたしはそのサダコとやらとはなんの付き合いも無かったんですが、話を聞くにあっさりとした良いひとで、人付き合いの荒いモララーもそのひとにだけは頭が上がらないなんてアネゴ肌の女だったそうです。


(;・∀・)「とにかく、何とかして断りたいんだけどさ、何か良い言い方ないかな」

(´・ω・`)「ないかなったってなぁ」

(;・∀・)「本業だろ」


 そんなこと言われたってねあたしだって困っちまいますよ。
 そりゃそれとなーくお断りするのなんてお手の物ですが、あたしの場合は相手さんもあたしの立場を分かってらっしゃる。サダコみたいな本気になってる素人さんに夜の仕事の断り文句なんて使っちゃかわいそうですよ。
 そんなこた自分で面倒みろと突き放して、その日は仕事にいきました。まぁモララーも道理のわからない奴じゃあありません。しばらくは少々落ち込んでいたようですが、なんとか自分で事を落ち着けたようでした。


37名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:05:58 ID:LR15xsWw0

















(´-ω-`)


 落ち着けた、とあたしは思ってたんですがね。
 どうも世の中そう簡単には運ばない。



(;・∀・)「最近さ、身の回りがなんかへんなんだよ」


 妙に青い顔なんかしてそんなことを言うんです。
 あたしたちの通ってた学校は一人に付き一つロッカーが用意されてたんですがね、鍵が壊されて中が荒らされてたとか言うんですよ。
 まぁ元から悪戯の多い、言っちまえばそんなにお上品な学校じゃあありませんでしたからね。モララーだってそんなとこに貴重品入れとくほどばかじゃあありません。
 目立つような盗まれたものも無く、ただ単純にぐしゃぐしゃに荒らされてたってだけだったそうです。
 まぁそんだけならアア性質の悪い悪戯だなってんで、イライラはするでしょうがただそんだけです。


38名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:07:58 ID:LR15xsWw0



(´・ω・`)「ただのいたずらじゃあないのか」

( ・∀・)「だと、思うんだけどさぁ」


 最近悪戯電話や悪戯メールも増えてきてて、とイヤなものでも触るみたいにして携帯をつまんでいたのが印象に残ってますねぇ。
 最初はまぁ、でもモララーもそこまで気にしてる風じゃあありませんでした。それまで通り犬と帰ってきては餌をやって、何事もなかったみたいにして過ごしてましてね。
 ああ、犬はもうすっかりあたしとモララーの生活の一部になってましたよ。名前も付けたりなんてしてね。モロゾフ。恰好いいでしょう?
 相変わらずモララーにばっかり懐いて、あたしが餌をやろうとしたって見向きもしませんでした。
 まぁ、送り犬としちゃあ送ってもいない相手から餌をもらうってのはルール違反なんですかね。あたしぁ妖怪の道理なんざ知りませんが。知りたくもねぇや。




『(; ∀ )』




(´・ω・`)


 こりゃ危ないなと思ったのは、手紙が家に投函されだしたころでした。
 一部の仕事を終わってあたしが部屋に帰ってくるとね、郵便受けに手紙が入ってるんですよ。これまたかわいらしいファンシーな封筒でね。
 見てみたら住所も消印もないわけですよ。熱心なモララーのファンかななんて思いまして、
まさか開けるわけにもいきませんしちゃぶ台の上に頬り投げて昼寝をすることにしました。
 たしか二部の仕事が無かったんでしたかね。久しぶりのことだったんで思いっきり寝てやろうと思って、もう熟睡してたんですよ。
 そしたらいきなり蹴り飛ばされまして。そんなことするのはまぁモララーしかいないじゃあないですか。


(#´・ω・`)「なにすんだよ!」

(;・∀・)「これどっからもってきたんだよ!」


39名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:10:57 ID:LR15xsWw0


 モララーに突き付けられた手紙は、そうですねぇ、なんて言やいいんでしょう。
 まぁまぁ、言っちゃえばちょいと頭のネジがポポンと飛んじまってるような代物でして、はは、今だからこそあたしも笑って言えますが、あの時はもうぞっとしちゃいましてねぇ。触るのだって怖かったですよ。
 中の文は確実にモララーを名指ししてました。ずっといっしょにだとか、ゆるさないとか、にがさないとか、そういう文面ですよ。
 もうモララーは笑っちゃうくらいにおびえてまして。電話やメールなんかで結構神経がすり減ってたんでしょうね。



(´・ω・`)


 あたしはまぁ、自分の事じゃあないんで少々は落ち着いてました。
 警察にいこうにもモララーは男ですし本当に何直接的な被害があるってわけじゃあありません。
 ああ、仕事柄ね、そういうことに関してはけっこう詳しくなっちまうんですよ。知り合いの知り合いの知り合いの……なぁんて話が裏の事務所では飛び交ってるもんでしてねぇ。
 相手が女性さんだと、血だのでも見ない限り中々警察さんは腰が重くていらっしゃる。今はどうなんですかねぇ、業界からも離れてめっきり経ちますが、その辺はやっぱり変わらないんですかね。
 モララーもね、やっぱりちょっと後ろくらいところがあったんでしょうねぇ。大事にならないならってんで警察さんに知らせるのはちょっとってことになったんです。
 ま、言っちまうとあたしも少々はほっとしましたよ。健全な大学生の部屋に水商売の男が転がり込んでるとこにいやがらせ、なんて、どう見たって痴情のモツレとかあたしにまで絡めて見てくるにきまってます。
 警察さんと関わりあったなんてお店に知れたらちょっとばかし罰も悪いですしね。




(´-ω-`)


 そんなこと言ってないでさっさと本業さんにお任せしてればよかったじゃねぇかなぁなんて、終わった今では思いますが、
そりゃその時は生活がかかってますから。内々でって結論に至ったのは若気のどうこうなんかじゃなくて、むしろ後ろの汚い大人の事情でした。


40名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:12:00 ID:LR15xsWw0




(´・ω・`)


 一回手紙って手段を覚えると、相手さんはそれが効果的だと踏んだんでしょうね。ファンシーな手紙は毎日みたいに投函されるようになりました。
 手紙の内容にあたしが出てきたときはさすがにひやっとしましたねぇ。殺す、なんて冗談にも思えない言葉が連なってまして、何度部屋を出ていこうか悩んだかわかりません。
 でもモララーはもっと追い詰められてましてね。部屋に一人でいるのも、外を出歩くのももう怖くてしょうがない。
 そりゃわかりますよ。部屋も大学も割れちまってるってんじゃ、もう逃げ場がありませんからねぇ。




『(; ∀ ) (・ω・`;)』


 そうこうしているうちに手紙の内容はエスカレートしていきます。
 最後の方はなんだったかなぁ、爪だの髪だのがはいってるなんて普通で、ひどいときなんかには月のものがついたアレなんてのまで入ってましてね。
 もう戦々恐々ですよ。何かあったらと思うと捨てるに捨てられませんしね。
 正直にいいますとね、最初はこっぴどく女をとっかえひっかえいしてたバチだなんて思ってたんですよ。まぁちょっとくらいやりこめられて大人しくなりゃいいんじゃねぇかなってね。
 でももうおもちゃみたいにかたかた震えてるモララーなんて見てたらそんなことも言ってられませんよ。とりあえず気休めでも警察にいこう、巡回してもらうようにしようと言いましたが、モララーは嫌がるばかりなんですね。
 何がそんなに嫌なのかと聞き出すと、どうにもいやそうに語りだしまして、


( ・∀・)「おれん家さ、ちょっと家でかいんだよ。で、無理矢理下宿してっから、騒ぎなんておこしたら絶対連れ戻される……」

(´・ω・`)「でももうこれヤバいよ。殺されるんじゃねぇの。命あっての物種だぜ」

(;・∀・)「だよなぁ。家帰んのやだなぁ」


41名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:13:39 ID:LR15xsWw0


 ってな感じでなんとか説得して、明日モララーが学校から帰ったら一緒に警察に行こうって話になったんです。
 本当だったらあたしも仕事終わりで寝たかったんですが、一人で行かせるのもって思っちまうくらいにはモララーも憔悴してましてね。
 それでも学校にはきちんと行ってたってんですから、まぁあいつも真面目なところがあったんでしょうねぇ。



(´・ω・`)


 それで……ああ、なんだったかな。もう言っちゃあ昔の話なんでねぇ、細かいところは忘れッちまったなぁ。
 確かあたしが家に帰るのが遅れちまいましてね。店の方でゴタゴタがあったんだったかな。
 といってもモララーが帰るのとどっちが早いかってくらいで、
そうそう、ちょうどあたしが部屋に入ろうかって鍵を出したくらいに後ろから声が聞こえましてね。




『( ・∀・)ノシ ▼・ェ・▼』


 犬を連れたモララーが向こうの道から手を振ってくるところでした。
 ああ、丁度ブッキングしたんだなってここで部屋に入るのもなんか可笑しな話ですし、まぁモララーがこっちに来るまで待とうと歩いてくるのを見てたんですよ。
 そしたらどうもね、何か可笑しな人影がモララーのうしろに見えました。


42名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:14:53 ID:LR15xsWw0















『川д川』

















 女がね。
 長い髪をざらんざらん前に垂らして、随分な猫背ですよ。その右手がやけに眩しく見えまして、アッと思ったときにはもう駈け出してた。


43名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:16:14 ID:LR15xsWw0





『川゚д川    ( ・∀・)ノシ ▼・ェ・▼』




(;´・ω・`)「モララー!!」


 ああ、言い忘れてたんですがあたしたちの住んでたアパートは五階建てでね。丁度モララーの部屋は三階にありました。
 エレベーターもないようなところなんですが、割にいい部屋でしたよ。


( ・∀・)「へ? どうした、し、」

川゚д川「             」


 女が何て言ったのか、あたしにはとてもじゃありませんが聞き取れませんでしたよ。なんせ距離がありますから。
 でも正気を失った人間の声ってのぁもうけものですね。アレッ犬が吠えたのかな、なんて一瞬おもっちまいましたから。
 振り向いたモララーは振り下ろされた包丁こそなんとか避けたようですが、それはもう転ぶついでに刃の流れがずれたみたいなもんでした。
 あとはもうポカーンとしちまって、あたしはもうそこから見てません。泡食って階段を駆け下りてましたからね。


(;・∀・)「あ、あ、あ、」


44名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:17:56 ID:LR15xsWw0


 あたしが階段を降り切って道に出たときにはもうずいぶんと事は進んでいるようでした。
 髪をもうこんなにして振り乱した女の手の中の包丁から血が滴っていて、モララーはへたりこんでいて、その隣にいたはずの犬が地面に横たわっていて。
 アスファルトにはあんがい血は落ちていませんでしたよ。



(;´・ω・`)


 そこからはもう必死でした。いやはや、火事場の馬鹿力ってのは出るもんですね。腰のすっぽ抜けたモララーを引きずって近くの大家さんとこに駆け込みましたよ。
 うしろから追ってくる女がもう怖くて怖くて。ちょっと小便漏らすかと思いましたよ。はは、汚い話ですみませんねぇ。
 面喰ってる大家さんに頼み込んで警察呼んでもらって、あたしたちを出せ出せと家の周りをうろついてた女はキッチリお縄になりました。
 銃刀法違反だとか、障害未遂とか、そういうので引っ張られていったんじゃないですかねぇ?


(; ∀ )「サダコ先輩、サダコ先輩」


 なんてモララーはがくがく震えてました。





(´-ω-`)


 まぁこっからは聞き伝いの話ですが、あの怖い女はどうやらモララーが手厚くふったサダコだったそうです。
 彼女、どうもモララーにふられてからこっちどうにも精神に異常をきたしちまったようで、その衝動がぜぇんぶあいつに向かってたって話です。
 それで愛のアピールのつもりだったんでしょうね、手紙も贈り物もこっぴどく拒否されて、あの日とうとう爆発しちゃった、と。
 それからというものモララーは騒動が露見して、本人の言ってた通りに実家に帰されちまいました。あたしも部屋を探す羽目になってまぁまぁ苦労しましたが、それでも生きてたんですからめっけもんです。
 モララーとは今もまだ付き合いがありましてね。あの野郎、あたしなんかを親友だなんて言うんですよ。そんなんだから変な奴に好かれるってんです。ね、笑っちまうでしょう?


45名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:20:03 ID:LR15xsWw0






(´・ω・`)


 え? 犬?
 ああ、そうそう、犬の話でしたね。
 そう、なんで犬がいの一番にサダコに刺殺されたのかって、あたしはちょっと不思議に思ってたんですよ。
 ふつうなら犬なんて置いといて真っ先にモララーを突き刺すんじゃないかってね。

 そんでついこの前にモララーと酒を飲みましてね、もうすっかりあのことも酒の席の肴にできるようになったんで、聞いてみたんですよ。




(´・ω・`)「あんとき何があったんだよ」

( ・∀・)「え?」

(´・ω・`)「こっちが階段必死扱いておりてる間さ、なにがあってあんなことなったんだよ?」

( -∀-)「ああ、そっか、お前は見てないもんなぁ」






『川゚д川    (・∀・;) ▼・ェ・#▼』




.


46名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:22:19 ID:LR15xsWw0




(´・ω・`)


 モララーが言うにはね、急に犬がモララーに襲い掛かってきたんだそうです。
 それでぴんときました。ええ、そうです。送り犬ってね、送り人が転んだ様子を見て取ると、それだけで相手を食っちまうんです。
 だから送り犬に送られてるときに転んじまったらすぐに「ああ、つかれた」だとか言って煙草をふかしたりなんかして、転んだんじゃなく休憩するんだって風を装わなきゃいけないんですよ。
 あの時のモララーはそんなことしてる暇ぁなかった。すぐそこまで包丁が迫ってたんですからねぇ。


( -∀-)「サダコ先輩、おれを助けてくれたんだ」


 そうしてモララーにとびかかった犬を、サダコは包丁で退け、犬相手に善戦、しまいにゃ撃退したんだそうです。
 そこにあたしがやってきて、ぽかんとしたモララーを引っ張って逃げ出した、ってのが事の全部の次第でした。



『川゚ー川』



( ・∀・)「『モララー君、だめじゃない』『気を付けて』
って言ってた。サダコ先輩、ちょっとおかしくなってたけどさ、あの時だけはやっぱり先輩だったよ」



 モララーの奴は懐かしそうな顔してそんなこと言ってましたけど、あたしはもう何とも言えなくなっちまいましたよ。
 ああ、これだから女ってやつはイヤなんです。愛だの恋だの嫉妬だので妖怪まで殺しちまうんですから……、





(´・ω・`)


 さて、あたしぁそろそろ帰りましょうかねぇ。
 外で犬を待たせてるんです。……なぁんてね。


47名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:23:24 ID:LR15xsWw0
▼・ェ・▼←送り犬


終わり



ひとりで語る奇譚夜話のようです
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/13029/1376324876/



コメントの投稿


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。