まぜこぜブーン

ブーン系まとめ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)


 荷電子性ゴーストのようです


668名も無きAAのようです :2013/08/19(月) 05:20:08 ID:bSjWwjx20

  .,、
 (i,)
  |_|




669名も無きAAのようです :2013/08/19(月) 05:21:10 ID:bSjWwjx20
例え悠久の餓え渇きに震え藻掻き苦しむことになろうとも、私はただひとつの魂《ゴースト》で在りたい。在りたいのです。







荷電子性ゴーストのようです












670名も無きAAのようです :2013/08/19(月) 05:22:09 ID:bSjWwjx20
趣味も。
嫌いも。
思考も。
夢も。
目的も。
将来も。
過去も。
記憶も。
見てくれも。
人格も。
存在も。
魂さえも。
確たる私などどこにも存在しない。
揺るぎないものを持っていない。
なぜならそれは曖昧だから。
すべてが曖昧。
すべては曖昧。
曖昧の便利さは記憶に残らない事。
過ぎ去れば誰も私にこだわらない。
曖昧の苦痛さは記憶に残らない事。
過ぎ去れば誰も私をこだわらない。

願わくば私の最期は歩き疲れ倒れ伏した荒野の真ん中で塵芥に。
世界に遍く風と砂に成りたい。
どこにでもいて、どこにもいない。
そんな存在に。


671名も無きAAのようです :2013/08/19(月) 05:24:15 ID:bSjWwjx20
なにか特別なことがあったわけではない。
ただただ何かが削れていく毎日の中で、私はそんな削りカスのような想いを積み上げてきたのだ。

なにか特別なきっかけがあったわけではない。
ただただ過ぎ去っていく日常の中に唐突に終わりを告げたくなったから。

決定的な結末を迎える勇気があるわけでもなく、惚けて日常を投げ出す図太さを備えてるわけでもなく。

だから、こんな世界から一歩、ただの一歩、足を踏み外してみたくなったのだ。


672名も無きAAのようです :2013/08/19(月) 05:24:55 ID:bSjWwjx20

( ・∀・)「なぁ、心霊スポットいかね?」

('A`)「あ?あぁ車出せってか。この近くにそんなのあるの?」

( ・∀・)「美歩山に廃墟ホテルあんだろ、その奥に行った泉?池?だってさ」

('A`)「ほほーう、近いようで遠いな。いつ行く?」

( ・∀・)「TODAY」

(;'A`)「TODAY!?今日!?急すぎんだろ、誰が来んだよ」

( ・∀・)「だーれも」

(;'A`)「野郎2人だけで行って何が楽しいんだ」

( ・∀・)「いいじゃん、大勢で行っても大して怖かねぇし暇なのはドクオぐらいだろ」

('A`)「さり気なくバカにされた」


673名も無きAAのようです :2013/08/19(月) 05:25:35 ID:bSjWwjx20
うだうだとマンドクセだのウツダシノウだのごちる旧友に、にじり頼むこと十と数分。
そんな交渉とも呼べぬ交渉を以ってして今夜の探索は決行される運びとなった。

男二人での狭い車内は、ほとんど無言だった。

('A`)「で、件の廃墟に着いたわけだが。まずはここ見るのか?」

( ・∀・)「いんや、先に本丸を攻めようじゃないか。」

草の茂る廃墟の庭をぐるりと進み、ガザリガザリと道無き道を行く。


674名も無きAAのようです :2013/08/19(月) 05:26:20 ID:bSjWwjx20
(;'A`)「あーマンドクセ、人の手が、入って、ねぇのかよ」

(; ・∀・)「そのほうが、フインキ、出るだろ」

(;'A`)「つってもコレは……おっ」

( ;・∀・)「っ」

木々の間にひっそりと水面が横たわっていた。
風もなく、月明かりもなく、どんよりとしたその水は池と呼ぶには恐れ多い深さを感じてしまう。

('A`)「いかにも出そうな雰囲気だが、池以外何もねぇな。どうすりゃいい?」

( ・∀・)「……………………」

('A`)「なんか曰くつきなんだろ?モララー、おいモr


675名も無きAAのようです :2013/08/19(月) 05:27:30 ID:bSjWwjx20







ゆらり、風に吹かれて視界の端でで何かが揺れた。









676名も無きAAのようです :2013/08/19(月) 05:29:03 ID:bSjWwjx20
(;'A`)「モっ……おい、あれ、アレ、おい、モララっおい!!!!」

( ・∀・)「……」

女がいた。
青い青い服を着た、鈍く蒼く発光する。ぱちっ。
女。髪が長い。背が低い。ぱちっ。水面を。滑るように。こちら、に、

(;'A`)「おいおいおいおいマジかマジかマジかよおいおいおい」

(  ∀・)「…」

(;'A`)「逃げっおいモラ逃げるぞ!車クルマ!!!!」


677名も無きAAのようです :2013/08/19(月) 05:30:13 ID:bSjWwjx20
来た道を猛然と引き返す旧友、草の中を躓きながら駆けていく。
女がゆらりと揺れる。少し近づく。ゆらりゆらり、ひたり、ぱちっ、ゆらり。

(;'A`)「モララー!!!どうした!!!!逃げんぞやべえ!!!!おい!!!!!」

(  ∀・)「」

( ;A`)「どお゛じたんだよお゛おおおおおおおおおおおおおお」

馬鹿だなぁ、何を泣きべそかいてるんだ。
やっと、やっと成れるのに。ここに立っているだけで、ゆらり、あちら側に、行けるんだぜ?

( ;A;)「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ぢぐじょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

ゆらりゆらりゆらりひたりぱちりゆらりゆらりゆらり

(  ∀)「                                ハハッ」

旧友が叫びながら遠ざかって行く音が聞こえた。


678名も無きAAのようです :2013/08/19(月) 05:30:59 ID:bSjWwjx20
女が俺の前に立つ。
髪も腕も服も輪郭も表情もその全てが薄くぼやける。
いや、こいつは本当に女なのか?わからない。どうでもいい。
ゆらゆらとゆれている。ぱちぱちと青い筋が迸る。
そしてその儚い掌がゆっくりともたげられ。
優しく、優しく私の目に。
眼の奥に。意識の向こうを。掴み取るように。
はいっt










679名も無きAAのようです :2013/08/19(月) 05:32:05 ID:bSjWwjx20















                                                                  ぼたり。


680名も無きAAのようです [AAS] :2013/08/19(月) 05:32:51 ID:bSjWwjx20
趣味も。
嫌いも。
思考も。
夢も。
目的も。
将来も。
過去も。
記憶も。
見てくれも。
人格も。
存在も。
魂さえも。
確たる私などどこにも存在しない。
揺るぎないものを持っていない。
なぜならそれは曖昧だから。
すべてが曖昧。
すべては曖昧。
曖昧の便利さは記憶に残らない事。
過ぎ去れば誰も私にこだわらない。
曖昧の苦痛さは記憶に残らない事。
過ぎ去れば誰も私をこだわらない。

願わくば私の最期は歩き疲れ倒れ伏した荒野の真ん中で塵芥に。
世界に遍く風と砂に成りたい。
どこにでもいて、どこにもいない。
そんな存在に。




           .∴..../..:
            ."(・).::.
            ..:::-∵ ∴...
           ./: ・∀..∴ (・):.
           .:: <・> .:ノ..
         ..∵:::...:::.....:
         ..<・>_  <・>:::::..



なれた。ついになれた。
おワれタはシハなレたのだ。


681名も無きAAのようです :2013/08/19(月) 05:33:38 ID:bSjWwjx20






荷電子性ゴーストのようです。


682名も無きAAのようです :2013/08/19(月) 05:34:24 ID:bSjWwjx20




僕は知っている。旧友が朝を待って助けを呼んだことを。
多くの人が私を探して探しまわって見つからなかったことも。
遺体のない僕の葬儀には旧友の姿がなかったことも、母も妹もむせび泣いていたことも。
僕は知らない。あの女が何なのかも、あの池に何がるのかも。なぜ僕がこうなったのかも。
私が知らない場所で私が目撃されることも、その噂に怯える旧友が壊れてしまったことも。
僕は知っている。僕は知らない。
私は知っている。私は知らない。
ここにいることも。
どこにもいないことも。


683名も無きAAのようです :2013/08/19(月) 05:35:07 ID:bSjWwjx20











684名も無きAAのようです :2013/08/19(月) 05:36:44 ID:bSjWwjx20

  (
   )
  i  フッ
  |_|




('A`)百物語のようです2013( )
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/13029/1376666266/

[ 2013/08/20 21:31 ] 百物語のようです2013 | CM(0)
[タグ] ( ・∀・)


コメントの投稿


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。