まぜこぜブーン

ブーン系まとめ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)


 川 ゚ -゚)一番怖いのお姉ちゃん、のようです(・∀・ )


213名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:19:33 ID:y1d/3LOQ0

  .,、
 (i,)
  |_|




214名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:20:45 ID:y1d/3LOQ0





川 ゚ -゚)一番怖いのお姉ちゃん、のようです(・∀・ )







215名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:22:18 ID:y1d/3LOQ0
ーーー
ーー



川 ゚ -゚)「おい、モラ。今ヒマか?」

( ・∀・)「ヒマだけど。何?姉ちゃん」

川 ゚ -゚)「ヒマなら今すぐこれを踏め」ポイ

( ・∀・)「……何その封筒?」

川 ゚ -゚)「詳しい説明は後だ。とにかく踏め、あらんかぎり力一杯踏め」

( ・∀・)「はぁ……こんな感じ?」ギュム

川 ゚ -゚)「まだまだ。もっとこう力をこめて足を降り下ろして、こう!」ダムッ

( ・∀・)「んなことしてたら畳傷むよ?」

川 ゚ -゚)「畳なんぞ張り替えれば済む。やらなきゃお前の顔面を踏むぞ」

(;・∀・)「強引だなぁ……分かったよ」ダンッダンッ

川 ゚ -゚)「その調子だ。私も加勢しよう」ダンッダンッダンッ




216名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:24:01 ID:y1d/3LOQ0
五分後……

(;・∀・)「はぁー、はぁー……」ゼェゼェ

川 ゚ -゚)「うむ、ご苦労。愚弟にしてはなかなかいいステップだったぞ」

(;・∀・)「全く、姉ちゃんの強引さには言葉もないよ……で?この封筒は何なの?」

川 ゚ -゚)「あぁ、これか?多分呪いの封筒だ」

( ・∀・)「……え?」

川 ゚ -゚)「近頃、私の体調が不自然なほどに崩れていたのは知ってるな?」

( ・∀・)「あー、そういやなんか頭痛とか悪寒がすごいって言ってたね」

川 ゚ -゚)「医者にもかかってみたが原因が分からん。夏風邪だろうとしか診断されなかった」

川 ゚ -゚)「不信を感じて会社の机を漁ってみたら、引き出し裏の分かりにくい所に、その封筒が貼りつけてあったんだ」

( ・∀・)「マジで?よくそんなもん見つけたね……でもなんで呪いの封筒?」

川 ゚ -゚)「その中身えげつないぞ。ありとあらゆる毒虫の死骸と人間の髪の毛がわさわさ入ってる」

(;・∀・)「げえっ!?んなもんヒトに踏ませんなよ!!」

川 ゚ -゚)「中身を見る限り素人の仕事くさいが、一応呪物としての形にはなってたみたいだな」

( ・∀・)「むしろ姉ちゃんがなんでそんなに呪物について詳しいのか知りたいんだけど」

川 ゚ -゚)「伊達に霊感オカルトマニアを自称してはいないさ。それくらい分かる」




217名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:25:36 ID:y1d/3LOQ0
( ・∀・)「けどさ、なんでそんな物が姉ちゃんの机に?」

川 ゚ -゚)「大方誰かが、私に嫉妬してやらかしたんだろう。犯人の目星もだいたいついてる」

川 ゚ -゚)「本人の目の前に突き返してやっても良かったが、こうしてやった方がダメージもデカかろうと思ってな」

( ・∀・)「……あの、ちなみに聞くけど、これ呪いかけた方にはどんなリターンが返ってくるの?」

川 ゚ -゚)「さぁな。ただ、呪いの反動は倍返しと相場が決まってるから、相当酷いことにはなるんじゃないか?」

(;・∀・)「ひでぇ……」

川 ゚ -゚)「自業自得だろう。さて、心なしか気分も良くなってきたし、今日はぐっすり眠れそうだ」スタスタ

(;・∀・)「うぉい!!封筒置いてくなバカ!!」


結論その1:どんな幽霊や妖怪より、姉ちゃんの方がおっかない。




218名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:27:04 ID:y1d/3LOQ0
川 ゚ -゚)「あ、そうだ。今夜はなるべく早く寝ることをオススメしておくぞ」

( ・∀・)「なんで?」

川 ゚ -゚)「もしかしたら私じゃなく、お前に呪いのしっぺ返しが来るかもな、と思って」

(;・∀・)「嘘っ!?」

川 ゚ -゚)「まぁ致し方あるまい、踏んだの主にお前だし」

(;・∀・)「踏ませたのは姉ちゃんだよ!!」

川 ゚ -゚)「ははは」

(;・∀・)「こいつ目が笑ってねぇ!俺を人身御供にする気だ!」

川 ゚ -゚)「そんなバカなことは考えていなゴニョゴニョ……」

(;・∀・)「語尾を濁すなああああああああああ!!!!」


219名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:28:40 ID:y1d/3LOQ0
川 ゚ -゚)「全く、しょうがない愚弟だな。お守り貸してやるから、それで一晩我慢しろ」

(;・∀・)「ちゃんと効くヤツなんだよね……?」

川 ゚ -゚)「おうとも。効果の程は折り紙つきよ。今持ってくるから待ってろ」スタスタ

( ・∀・)「本当に大丈夫かよ……」

川 ゚ -゚)「待たせたな!」ジャンッ

(;・∀・)「早っ!!帰ってくるの早っ!!」

川 ゚ -゚)「三十レスしか猶予はないんだ、無駄に凝った話になんかしてられるか」

(;・∀・)「何の話だよ……もういいから、早くお守りちょうだいよ」

川 ゚ -゚)「うむ、そうだな。ほらよ」

川 ゚ -゚)っ■←(※不適切な表現があるためモザイク処理してあります)

( ・∀・)




220名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:30:22 ID:y1d/3LOQ0
( ・∀・)「姉ちゃん」

川 ゚ -゚)「なんだ?」

( ・∀・)「俺の見間違いじゃなければ、それオナニーとかに使うバイブレーターにしか見えないんだけど」

川 ゚ -゚)「見間違いじゃないぞ。確かにこれは間違いなくバイブ、張り型、ディルドーだ」

( ・∀・)「……お守りは?」

川 ゚ -゚)「だから、これ」

( ・∀・)「なるほど、ふざけんなよ」

川 ゚ -゚)「ふざけてなどいない。これは立派なお守りだ」

(;・∀・)「どこがだよ!なんでバイブがお守りになるんだよ!?」

川 ゚ -゚)「知らんのか?男性器は俗に陽根と呼ばれ、陽の属性を持っているんだ」

川 ゚ -゚)「幽霊や低俗霊の類は陰の属性、つまり真逆だ。だからバイブは格好のお守りになるんだ」

(;・∀・)「納得できるか!!」




221名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:31:57 ID:y1d/3LOQ0
川 ゚ -゚)「よく地方とか行くと、男根型の岩が御神体として奉られてたりするだろう。あれもそういう理由からだ」

(;・∀・)「仮にそうだとしても、もっと扱いやすいお守りにしてよ!!バイブは重たいよ、精神的に!!」

川 ゚ -゚)「今までいくつか試したが、普通の霊にはこいつが一番有効だったんだよ」ヴィィィィン

(;・∀・)「スイッチ入れんな!!」

( ・∀・)「……つーか、バイブなんか持ってたんだ、姉ちゃん」

川 ゚ -゚)「む?意外だったか?」

( ・∀・)「いや、だって……姉ちゃん恋人いるじゃん……」

川 ゚ -゚)「モナーのことか?だが、別に恋人がいたら一人自分を慰めてはいけないという規則はあるまい」

( ・∀・)「そうだけど……」

川 ゚ -゚)「とりあえず、今夜はそいつを枕元に置いて寝ておけ。それでダメならまた明日、別の方法を考えよう」

( ・∀・)「……」

結論その2:身内のエロい話を聞くとなんか軽くヘコむ




222名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:33:06 ID:y1d/3LOQ0
数分後、モララーの部屋……

( ・∀・)「はぁ……なんか面倒なことになったなぁ」

( ・∀・)「お守り……お守り……」

( ・∀・)「これが?」

( ・∀・)っ■←(※不適切な表現があるためry)

( ・∀・)「……こんなもん枕元に置けるか!童貞なめんな!」

( ・∀・)「引き出しにしまって明日返そう……」ガラッ、ポィッ

( ・∀・)「……疲れたから寝よ」




223名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:34:03 ID:y1d/3LOQ0



ミセ* ー )リ  ( ・∀・)「ふぅ……」


ミセ* ー )リ  (・∀・ )彡クルッ


ミセ* ー )リ  (・∀・ )


ミセ* ー )リ  (・∀・;)





224名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:34:51 ID:y1d/3LOQ0




『うわあああああああああああああああ!!!!』



川 ゚ -゚)「……!?」




225名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:36:23 ID:y1d/3LOQ0
川 ゚ -゚)「どうした、モララー!!」ガチャッ、バンッ

( ;∀;)「お、お化……幽れ……そこっ……そこに……!!」ガタガタ

川 ゚ -゚)「なにぃ?」


ミセ* ー )リ クスクス……


川 ゚ -゚)「ぬぅ!やはり元凶は貴様か、ミセリ!」

( ;∀;)「し、知ってるの……?」

川 ゚ -゚)「同じ部署の同僚、そして呪いの封筒を仕掛けたであろう張本人だ」

( ;∀;)「じゃあ生きてるの……?幽霊じゃない……?」

川 ゚ -゚)「いや、多分生き霊ってやつだな。こいつ執念深いから」

( ;∀;)「いやああああああああああやっぱ怖いいいいいいいいい!!!!」


226名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:37:53 ID:y1d/3LOQ0
ミセ* ー )リ『返して……私のモナーさん……返して……』

( ;∀;)「なんかゆってる……怖い……」

川 ゚ -゚)「えぇい、しゃんとしろ愚弟!!」

川 ゚ -゚)「ミセリ、貴様もだ!!モナーはお前の告白を断っただろう。逆恨みも甚だしいぞ!!」

ミセ* ー )リ『返して……返して……』

( ;∀;)「あばばばばば……」

川 ゚ -゚)「このままじゃ埒があかん。モラ、さっき貸してやったお守りは!?」

( ;∀;)「そこの引き出しの中ですぅ……」

川 ゚ -゚)「だから枕元に置いておけと言ったのに……貸せ!!」パシッ




227名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:40:30 ID:y1d/3LOQ0
川#゚ -゚)「ミセリぃぃぃぃぃぃ!!正気に戻らんかこのボケがぁぁぁぁぁぁ!!」スパァンッ

ミセ;* ー )リ『……ひっ!?』

( ;∀;)「ひえぇぇ……姉ちゃんがバイブで幽霊殴ってるぅ……」

川#゚ -゚)「てめぇ、私だけならいざ知らず、大事な弟にまで手ぇ出しくさって!!死ね!!いっぺん死ね!!」スパンスパンスパンスパン

( ・∀・)「……え?」

ミセ;* ー )リ『ちょ、止め……痛っ!?幽霊なのに痛い!?』

川#゚ -゚)「さっさと消えないと存在が消えてなくなるまで殴るぞ!!ああん!?」スッパァンッ

ミセ;* ー )リ『き、消えます!今すぐ消えます!』

川#゚ -゚)「ふーっ、ふーっ……」


228名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:42:07 ID:y1d/3LOQ0
川 ゚ -゚)「……消えた、か」

川 ゚ -゚)「モラ、大丈夫か?」

( ・∀・)「あ、うん。もう平気」

川 ゚ -゚)「だからバイブは有効だと言っていたのに!お前がバイブを出してなかったからこっちに来たんだぞ!」

( ・∀・)「あんなもん渡す方がどうかしてるわ!」

川 ゚ -゚)「黙れ、幽霊にビビってメソメソ泣いてたクセに!」

(;・∀・)「ぐっ……」

川 ゚ -゚)「……まぁいい。お前に大事はなかったんだ、今回は良しとしよう」

( ・∀・)「……そういや、大事と言えばさぁ」

川 ゚ -゚)「なんだ?」


229名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:44:57 ID:y1d/3LOQ0
( ・∀・)「姉ちゃんさっき、あのミセリって人に、私の大事な弟に、とか言ってなかった?」

川 ゚ -゚)「言ったが。それがどうした愚弟」

( ・∀・)「いや……なんつーか、姉ちゃんもデレる時あるんだなって」

川 ゚ -゚)「……悪いか?大事なものを大事と言って何か問題があるのか?」

(;・∀・)「いや、珍しく素直だから感心しただけだけど……」

川 ゚ -゚)「なら、早く寝ろ。寝坊しても起こしてやらんからな」

( ・∀・)「ハイハイ照れ隠し照れ隠し、っと」

川*゚ -゚)「……ふん」

( ・∀・)(……私の大事な弟に、か)

( ・∀・)ニヤニヤ

結論その3:姉ちゃんは怖いが、いざって時は何より頼りになる




230名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:46:07 ID:y1d/3LOQ0
ーーー翌日。

川 ゚ -゚)「ミセリの奴、今日一日仕事休んだぞ」

( ・∀・)「ってことは、やっぱりその人が犯人だったの?」

川 ゚ -゚)「そうなるな。仕事帰りに自宅へ立ち寄ったら、まるで誰かに踏まれたり殴られたりしたみたいに顔面がパンパンに膨れ上がってた」

(;・∀・)「うぉぉ……どう考えても俺と姉ちゃんの仕業だよねそれ」

川 ゚ -゚)「気にするな。文字通り墓穴を掘っただけだから、罪悪感を感じる必要はない」

川 ゚ -゚)「それに、二度と同じことが起きないよう、ちゃんと釘を刺しておいたしな」

(;・∀・)「……なんて?」

川 ゚ -゚)「にこやかに微笑みながら、『この程度で済んで良かったね』って言ったった」

(;・∀・)「こっわ!!超こっわ!!トラウマもんだよそれ!!」

川 ゚ -゚)「いやー、ミセリの奴私の顔を見てガタガタ震えっぱなしだったな!愉快愉快!」

(;・∀・)「……」




231名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:47:33 ID:y1d/3LOQ0






最終結論:やっぱり姉ちゃんは、この世の何よりも恐ろしい








232名も無きAAのようです :2013/08/18(日) 01:50:33 ID:y1d/3LOQ0

  (
   )
  i  フッ
  |_|



 ※元ネタ:http://wararei.yakumotatu.com/series/menu_mb_s.htm
('A`)百物語のようです2013( )
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/13029/1376666266/



コメントの投稿


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。