まぜこぜブーン

ブーン系まとめ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)


 ( ´_ゝ`)弟はコワモテボーイ!のようです(´<_` )


8VIPがお送りします :2013/06/15(土) 19:26:46.14 ID:JlXNCBJb0
( ´_ゝ`)

どうも皆様、兄者です。

兄者というだけあって弟もいます。

弟者と言う弟です。

こんな顔です。

kowamote1_re.jpg


ね、素敵な顔でしょう。

ええ、コピペミスではございません。ほんと、こんな顔です。



10VIPがお送りします :2013/06/15(土) 19:29:18.93 ID:JlXNCBJb0
( ´_ゝ`)弟はコワモテボーイ!のようです(´<_` )


12VIPがお送りします :2013/06/15(土) 19:31:33.09 ID:JlXNCBJb0
でも容量食うので

(´<_` )

と省略します。

ので、さっきの顔を忘れないよう30回は見ておいてください。

では始まり始まり。


17VIPがお送りします :2013/06/15(土) 19:35:45.80 ID:JlXNCBJb0
それはとある夏の暑い日でした。学校の帰り、公園でアイス食ってました。

( ´_ゝ`)「あちぃ」

(´<_` )「本当…暑いな…」

( ´_ゝ`)「」

僕は暑くてイラついてる弟の顔を見て寒気がしました。いい冷房代わりです。

(・∀ ・)「おい!パース!!」

( ・∀・)「シュート!!」

(・∀ ・)「勝手にシュート決めんなwww」

( ´_ゝ`)「小学生かぁ…懐かしいな…」

(´<_` )「暑いのによくちょこまかできるな…」


ガッ

(・∀ ・)「あ」

( ´_ゝ`)()◯ ( )

なんということでしょう。男の子がボールを般若の顔に当ててしまった。


18VIPがお送りします :2013/06/15(土) 19:38:40.49 ID:JlXNCBJb0
( ・∀・)「なにやってんだよwww」

(・∀ ・)「ごめんなさーいww


ポロリと般若の顔面からボールが落ちる。

(´<_`メ )「き、気にしなくていいよ、あんま痛くないし」

(・∀ ・)( ・∀・)

(´<_`メ )「暑いのに元気だね、子供は元気が一番だし頑張…」


(;∀ ;) ( ;∀;)「ご、ごめんなさああああああああい!!!!」

脱兎のごとく、蜘蛛の子を散らすように。
小学生は般若の前から逃げて行きました。

(´<_` )「…あれ?」

般若が首傾げたって怖いだけです。


21VIPがお送りします :2013/06/15(土) 19:41:55.77 ID:JlXNCBJb0
ーーー

そんなある夏の夜。

(iii´_ゝ`)「うわぁ…本怖スレ見過ぎてもう丑三つ時か…」

マシュマロ片手に食べてたら1000個入りがなくなっていた。

どんだけ集中して見てたのやら。

( ´_ゝ`)「怖いけどトイレ…」

パソコンを閉じてトイレに向かおうと自室の扉を開く。


22VIPがお送りします :2013/06/15(土) 19:45:19.09 ID:JlXNCBJb0
kowamote2_re.jpg

(  ゚ゝ ゚)
廊下の暗闇にポツリと般若の顔があって、漏れた。


25VIPがお送りします :2013/06/15(土) 19:48:05.85 ID:JlXNCBJb0
ーーー

( ;_ゝ;)「ばかやろう!!あの時ならどんな顔が立ってても同じことしたわ!!」

(´<_`* )「す、すまない…ちょっと相談したいことがあって…いつ扉を開けるか迷ってたんだ」

( ´_ゝ`)「…なんだよ、相談って」

(´<_`* )「…その…あの…この…どの…」

( ´_ゝ`)

般若が照れてても怖いだけです。


26VIPがお送りします :2013/06/15(土) 19:52:16.02 ID:JlXNCBJb0
【回想】
  _
( ゚∀゚)「ようよう、ねぇちゃん。いい乳してんじゃねぇか」

ζ(゚ー゚;ζ「ちょ、困ります」

(´<_` )o0(あ、うちの制服。後輩かな)

(´<_`# )o0(うちの後輩に絡むなんて…信じられん不良だ。ちょっとガツンと言ってやるか)

(´<_` )「おい」
  _
(# ゚∀゚)「なんだよ、お前、やんの…」
  _
( ゚∀゚)(´<_` ) ζ(゚ー゚;ζ

(´<_` )「どう見ても女の子が嫌がってるだろ?話がしたいならセクハラじゃなくてきちんと…」

  _
( ;∀;)「すいませんでしたああああ!!」

(´<_` )「あ、まだ話は終わって…行っちゃった」

(´<_` )「大丈夫?」

ζ(゚ワ ゚*ζ「あ!ありがとうございます!!助かりました!!」

(´<_`;*)「……!」ドキッ

ζ(゚ー゚*ζ「あ、あの…よろしければ…お礼がしたいんですけど…よければ明日の土曜日とか…」


27VIPがお送りします :2013/06/15(土) 19:55:22.23 ID:JlXNCBJb0
ーーー

(´<_`* )「って…」

( ´_ゝ`)

( ´_ゝ`)「電車内?」

(´<_`* )「学校の近くで」

( ´_ゝ`)「般若男か…」

(´<_`* )「?」

( ´_ゝ`)「その女の子凄いな、お前の顔見て逃げないなんて」

(´<_`* )「可愛かったなぁ…」


28VIPがお送りします :2013/06/15(土) 19:58:24.46 ID:JlXNCBJb0
( ´_ゝ`)「で、どうしたいのさ」

(´<_`* )「願わくは仲良くしたいと」

( ´_ゝ`)「じゃあもう告るしか無いな」

(´<_`;)「は、早く無いか?!」

( ´_ゝ`)「悪いがこういう時は安価か告白の二択に見せかけた一択だ」

(´<_` )「そ、そういうものなのか…」

( ´_ゝ`)「明日の土曜日…ってかもう今日か。会うんだろ?」

(´<_` )「うん」

( ´_ゝ`)「じゃあ早速今告白の練習するか」


30VIPがお送りします :2013/06/15(土) 20:01:35.57 ID:JlXNCBJb0
( ´_ゝ`)「じゃあまず無難に『好きです』」

(´<_`iii)「なんか兄者に言ってるみたいで嫌だな」

( #´_ゝ`)「付き合わせといてなんだよ!!」

(´<_` )「まず告白の練習誘ったの兄者だし…」

( ´_ゝ`)「あ、そんなに俺に言うのが嫌なら…」

ゴソゴソと俺はタンスを漁る。
そして目的の物を装着する。

ζ * ´_ゝ`ζ「どうだ!これなら俺に言ってるっぽくなくていいだろ!」

(´<_`*;)「あわわわわ」

ζ;´_ゝ`ζ「え、いや、今の突っ込むところなんだけどさ!!髪型だけでそんな風になるなら告白なんて無理だろ常考」

(´<_`* )「あの子もマシュマロのいい香りがしてたな…」

ζ ´_ゝ`ζ「ここでマシュマロが仇になるとは」


32VIPがお送りします :2013/06/15(土) 20:04:07.71 ID:JlXNCBJb0
( ´_ゝ`)「ほら、髪とったし、練習。『好きです』」

(´<_`;*)「すすすすすす…」




(´<_`# )「隙です」

( ´_ゝ`)「」


33VIPがお送りします :2013/06/15(土) 20:07:07.62 ID:JlXNCBJb0
ーーー

ζ(゚ー゚;ζ「ああ、怖かった」

村娘を喰らおうと鬼が襲いかかってきたのだ。

村娘は小さな小屋に逃げ込み安心する。

しかし、ガタガタと鬼が扉を開こうとする音が聞こえる。

ζ(>ー<;ζ「いなくなれ…いなくなれ…」

すると、ピタリと音は止んだ。

ζ(゚ー゚*ζ「ホッ…」

女が扉から離れて休もうとする。

女が布団に寝転ぶ。

するとスッと扉が開いた。


34VIPがお送りします :2013/06/15(土) 20:11:05.09 ID:JlXNCBJb0
kowamote2_re.jpg
「隙です」
「いやあああああ」
そんな風景を思い起こす言葉だった。


35VIPがお送りします :2013/06/15(土) 20:14:17.20 ID:JlXNCBJb0
ーーー

( ´_ゝ`)「このセリフはやめよう」

(´<_` )「なんで?」


( ´_ゝ`)「なんでも、『可愛い』にしよう」

(´<_`*;)「か、か、か」

( ´_ゝ`)「『可愛い』」



(´<_`# )「皮いい!!」

( ´_ゝ`)「」

若い女の顔の皮を剥ぐ般若の顔が見えた気がした。


37VIPがお送りします :2013/06/15(土) 20:18:00.36 ID:JlXNCBJb0
( ´_ゝ`)「やめよう、やめよう、『お人形さんみたいだね』にしよう」

(´<_` )「お、お、お…」

( ´_ゝ`)「内藤じゃないんだからさ、『お人形さんみたいだね』」


(´<_`*;)「お、お、お、お…」

(´<_`# )「お前を蝋人形にしてやろうか!!!」

( ´_ゝ`)「」


39VIPがお送りします :2013/06/15(土) 20:22:31.41 ID:JlXNCBJb0
( #´_ゝ`)「お前一々なんなの?今のは明らかおかしいだろ!!
まずなんで男の癖に般若の顔なんだよ?!般若は嫉妬に狂った女の顔だろ?!新手の女顔イケメン気取りか?!」

(´<_` )「うう…母者に似たんだろ?」

( #´_ゝ`)「もう母者に似過ぎた弟者ネタは沢山だ!!なんなんだよ?!たまには俺だって突っ込まれたい!かつてのように俺はボケでありたい!!」

(´<_` )「過去に縛られるのは良くないと思うぞ、兄者」

( #´_ゝ`)「なんだよ!!都合よくいい奴ぶりやがって!!般若顔が!!」

(;<_; )「うう…」

( #´_ゝ`)「なんだよ!!!都合よく性格は父者似なのか?!メンタルよっわ!!四天王最弱か!!」

( ;<_; )「うう…だって好きなんだもん」

( ´_ゝ`)


40VIPがお送りします :2013/06/15(土) 20:25:35.30 ID:JlXNCBJb0
今気づいたけど般若の泣き顔ガチ怖い。

(;<_; )「緊張してうまく言えないんだよ…」

(;´_ゝ`)

やばい、ガチ怖い。

( ´_ゝ`)「悪かった…ごめん。遊び半分で…からかって…」

ゴシゴシ( ´_ゝ`)つ<_; )

( ´_ゝ`)「泣くな、夜に泣いたら目が腫れるぞ。明日デートなのによ」

( ´_ゝ`)「大丈夫だよ、お前のコワモテに泣かなかった女だ。絶対伝わるって」

(う<_` )「…そう…かな」

( ´_ゝ`)「大丈夫、フレー!フレー!おーとーじゃ!」


(´<_` )「兄者……」



(´<_`* )「…ありがとう」

(iii ゚﹏ゝ ゚)「」

般若の笑った顔って本当殺気感じる。


41VIPがお送りします :2013/06/15(土) 20:28:07.77 ID:JlXNCBJb0
翌日。

(´<_` )ドキドキ

|ゝ`)「気になって着いてきてしまった」

(´<_`* )「あ…」

ζ(゚ー゚*ζノシ「あ、みっけ!!」

(´<_`* )「あの…好き…」

ζ(゚ー゚*ζ「この人だよ!ダーリン!私を助けてくれた人!」


44VIPがお送りします :2013/06/15(土) 20:35:45.51 ID:JlXNCBJb0
GaKAT8N.jpg

「ほう、ありがとうございます。助けていただいて」

( ゚<_ ゚ )

| ゚_ゝ ゚)


45VIPがお送りします :2013/06/15(土) 20:38:49.12 ID:JlXNCBJb0
ーーー

現れた生成を仮に

ィ'ト―-イ、
以`゚益゚以 

とおく。

ほら、容量食うし。

ィ'ト―-イ、
以`゚益゚以 「彼女を助けてくれてありがとうございます」

ζ(゚ー゚*ζ「ダーリンに助けてもらったこと教えたら自分もお礼がしたいって」

ィ'ト―-イ、
以`゚益゚以 「そりゃ僕の将来の奥さんを助けていただいたわけですからね」

 ζ(////*ζ「もうっ、ダーリンったら!」

( ゚<_ ゚ )

聞くところダーリンさんは社会人で会社経営しているらしく、彼女が卒業次第結婚が決まっているらしい。

それに二人のラブラブ具合。

美女と野獣、ならぬ美女と生成の間に般若の入る隙は無かった。

まあ、そりゃ生成のフィアンセがいれば般若なんて怖がるに値しないよな。


46VIPがお送りします :2013/06/15(土) 20:41:11.97 ID:JlXNCBJb0
ーーー

(;<_; )

( ´_ゝ`)「泣くな、あんなコワモテでもあんな美女と婚約してるんだ。お前だってもっといい女が見つかるさ」

(;<_; )「本当かなぁ…」

( ´_ゝ`)「世界の半分は、女だ」

頼むから泣き止んでくれよ。

般若が泣くってめっちゃくちゃ恐いんだよ。


48VIPがお送りします :2013/06/15(土) 20:45:29.61 ID:JlXNCBJb0
ーーーー

後にこの般若と俺がダーリンの経営する激安警備会社に雇われ

ガードマンとそのマネージャーになることはまた別の話。


( ´_ゝ`)弟はコワモテボーイ!のようです(´<_` )

おわり



( ^ω^)ブーン系小説&イラスト練習総合案内所のようです
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1371290742/

[ 2013/06/17 20:40 ] 総合短編 | CM(0)


コメントの投稿


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。