まぜこぜブーン

ブーン系まとめ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)


 ( ´_ゝ`)パパはロクデナシだったから捕まっちゃったようですl从・∀・ノ!リ人


977名も無きAAのようです :2013/01/05(土) 23:34:05 ID:6Fv5qMQU0



アダム。泥でできたものは泥に。



( ´_ゝ`)「かわいそうなイヴ」



冷たい硝子に右の手のひらを当てて、大きなカプセルの中、液体に浮かぶ彼女を見つめた。
お腹の中の胎児のように体を丸め、眠る少女は僕の可愛い妹だ。


明日になったら此の場所に、外の世界から人がやってきて、僕らを処分してしまうらしい。
パパを連れていった男の人達の一人がそう言っていた。


( ´_ゝ`)「こんなにきれいなのにな」


――――こぽ。


僕の独り言が聞こえたのだろうか。
イヴはうっすらと長い睫を持ち上げて、瑠璃色の瞳を覗かせた。


l从--ノ!リ人

l从・-・ノ!リ人

l从・∀・ノ!リ人




978名も無きAAのようです :2013/01/05(土) 23:35:50 ID:6Fv5qMQU0
l从・∀・ノ!リ人


こぽ。


『                 』


( ´_ゝ`)「パパには会えないよ。ごめんねイヴ」


l从・-・ノ!リ人


『                 』


( ´_ゝ`)「んーと、ね。パパは多分、”ロクデナシ”だから、捕まっちゃったんだよ」


l从・-・ノ!リ人


『                 』


( ´_ゝ`)「僕にも分からないや。ごめん」


980名も無きAAのようです :2013/01/05(土) 23:36:41 ID:6Fv5qMQU0
l从・-・ノ!リ人


( ´_ゝ`)「ごめんね、イヴ」


l从・-・ノ!リ人


l从;-;ノ!リ人



こぽ。


                   こぽ。



マシーンの揺り篭に眠る 幼な姫の涙は
ふつふつとした泡となって 培養液の羊水に溶け込んでいった。


ラピスラズリの瞳と絹みたいにすべらかな髪。
白く透き通った真珠色の肌をした 小さくて可愛い僕の妹。


982名も無きAAのようです :2013/01/05(土) 23:37:42 ID:6Fv5qMQU0
( ゚д゚ )「オサム・キャステッドだな」

ミ,,゚Д゚彡「非合法かつ背徳的な人体実験を繰り返し、
      禁忌とされている人工生命の生成を行った容疑で、貴様を逮捕する」

【+  】ゞ゚)「くそ……!!」


銃を持った男の人達が、研究所の扉を壊して部屋に入ってきた時
パパの白衣は上から下まで、皮下循環剤で赤黒く染まっていた。
パパは丁度、6人目の僕を”廃棄”したところだったのだ。

6人目のアダムは失敗作だった。
すぐに体がグズグズに崩れて使い物にならなくなってしまった。
5人目のアダムも。4人目のアダムも。3人目のアダムも。みんなみんなみんな。


ミ;゚Д゚彡「!ミルナ軍曹!これは……!」

※:;。_ゝ)

手術台の上に転がる、既に蕩けきったグズグズの肉塊を見て
銃を持った男の人達のうち何人かは、青冷め、吐き気を堪えるような仕草をした。


983名も無きAAのようです :2013/01/05(土) 23:38:42 ID:6Fv5qMQU0
(;´ー`)「……!ぅ、ぇ゙っ……!」

ミ;゚Д゚彡「これは酷い……」


【+  】ゞ゚)「……それは駄目だ、失敗作だった。ほんのちょっとしたミスだったんだ」

【+  】ゞ゚)「だが今度こそ……今度こそ私は!一からこのアダムを生み出した!
       神の御業を人が手にした証、これこそ人類の叡智だ!!」


(;´ー`)「イカれてやがる……」

ミ;゚Д゚彡「このロクデナシの狂人め!こんなもの、神への冒涜に他ならない!」

( ゚д゚ )「……教皇庁は貴様を異端審問にかけ、然るべき罰を下すだろう。
     オサム・キャステッドを連行する。行くぞ!」


重い手枷をはめられ、無理矢理連れて行かれそうになるとパパは狼狽した。

【+  】;ゞ゚)「ま……待ってくれ!
        私の、私のバイオロイド達は……愛しい子供達はどうなる!?」

( ゚д゚ )「……研究所内の人工生命体は一体残らず殺処分するよう、既に命令が下されている。
     研究所は完全閉鎖、決行は明朝だ」

男の人の言葉に、パパは手で顔を覆い泣き崩れた。

【+  】ゞ;)「お……おお……おおお……!!」

( ´_ゝ`)

細く、骨張った、震える手が、7人目のアダムの頬へと伸ばされる。

【+  】ゞ;)「可哀想に、私のアダム……!」


985名も無きAAのようです :2013/01/05(土) 23:40:07 ID:6Fv5qMQU0

かわいそうなのはあなたのほうだ。

鉄の錠を嵌められ連れて行かれるパパを見て、僕はそう思った。





  トッ




硝子の壁を指でなぞらせていた、右の手首が不意に落ちてしまった。
真っ赤な皮下循環剤が勢いよく噴出して僕の顔を、床を汚していく。

あの男の人が言ったように、パパは”ロクデナシ”だったのだろう。

じゃあそのロクデナシから生み出された僕は、イヴも、そうなのだろうか。
“はいとくてき”で、”かみへのぼうとく”なのだろうか。


986名も無きAAのようです :2013/01/05(土) 23:41:01 ID:6Fv5qMQU0
( ´_ゝ`)「パパ」

あなたにとって最後に幸いだったのは
7人目のアダムも結局、グズグズの失敗作だったということを知らずに済んだことだ。


筋肉が蕩けて指が動かせなくなる前にと、カタ、カタタンとキーを叩き
鋼鉄の揺り篭を制御しているコンソールに、すべてのパスワードを入力し終えた。


ごぽ、り。


カプセルの中を満たしていた羊水が僅かに濁り、その色を変える。
同時に、美しい妹の体が みるみるうちに崩れ去っていった。


987名も無きAAのようです :2013/01/05(土) 23:42:18 ID:6Fv5qMQU0


.:.;:- ノ!リ人


(::゙_ゝ`)「………イヴ」

僕にとって最後に幸いだったのは
イヴの愛らしい顔が崩れてグズグズになってしまう様を視界に収める前に
眼孔の奥で視神経が断ち切れて目玉がごぽりと零れ落ちてしまったことだろう。

※::゙_ゝ。)「……ぁ゙……、ぅ オ゙ ゙」

舌根は千切れて蕩け落ち、紡ぐ言葉は床を浸す血液モドキに沈み込んでしまった。


.:.;:-・ノ!リ人


.:.;:ー・ノ!リ人


でもそれで良いんだ。
泥でできたものは 泥に。


.:.;:※※-ノ!リ人


※::゙_ゝ。)


988名も無きAAのようです :2013/01/05(土) 23:43:00 ID:6Fv5qMQU0


さよならイヴ。


共に 腐蝕のエデンへ沈もうか。




( ´_ゝ`)パパはロクデナシだったから捕まっちゃったようですl从・∀・ノ!リ人 fin.



 ※ ( ^ω^)ブーン系突発イベント 参加作品
( ^ω^)ブーン系突発イベント場のようです
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/13029/1357044989/



コメントの投稿


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。