まぜこぜブーン

ブーン系まとめ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)


 lw´‐ _‐ノv 腐りすぎて一緒くたのようです( ФωФ)

2161@転載は禁止 :2016/03/03(木) 22:56:33.82
※※※

魚釣りはヘラブナに始まり篦鮒に終わる、と何かで聞いた。

へら鮒ってなんだ、と思った事だけは良く覚えているのだが、いかんせん何で聞いたのやら、さっぱりだ。

当時の吾が輩、まだ小学生。
家にあったパーソナルコンピューターが98とか、そんな時代。

学校の図書室で図鑑を借りて、ヘラブナと呼ばれる魚を初めて知った。

ぶさいくだ、そう感じた吾が輩も、今では七つ道具に椅子まで揃え、日がな一日竿を延べている。
当時の吾が輩が知れば、だっせー、そう馬鹿にするのだろう。
何せ自分のことだ、目に浮かぶ。

lw´‐ _‐ノv だっせーなぁ、オイ

( ФωФ) えっ

突然の罵倒に振り返る。
…老いとかけたのだろうか。

( ФωФ) おまえなあ、相変わらず常識がないぞ


2172@転載は禁止 :2016/03/03(木) 22:59:57.46
lw´‐ _‐ノv まあまあ、イイじゃんGジャン最高じゃん!

( ФωФ) それおまえが言わなかったら思い出さなかったかもしれん

lw´‐ _‐ノv これ、わたしが子供の頃には既に古かったよね?

( ФωФ) 知らんがな

我ら、平成生まれの腐れ縁。
彼女はシュー、幼なじみである。

家が隣なわけは無く、毎朝おこしに来てくれたりもしない、ごく一般的な幼なじみではあるが、奇妙なことにやたらと付き合いが長い。

lw´‐ _‐ノv んで、きみはアレかい?また釣りかい?

( ФωФ) うむ

lw´‐ _‐ノv よく飽きないね

( ФωФ) 昔から、待つのは得意でな

親には随分と鍛えられた。
おかげで夕餉を複数人で囲むことに、違和感すらある。

( ФωФ) して、おまえは何の用だ?

lw´‐ _‐ノv べっつにー。暇だから冷やかしにきただけ

2183@転載は禁止 :2016/03/03(木) 23:05:09.41
( ФωФ) まったく、おまえの方こそ飽きはせんのか?こんな

吾が輩、わざとらしく周囲を見渡す。
そこら中を背の高い草に覆われた、そこそこ大きな野池。
霧深い山々の懐に、ぽつんとよどむ辺鄙な場所に。

( ФωФ) 寂しい場所に、毎日毎日。暇なら他にも行けるだろう

lw´‐ _‐ノv おい、わざと言ってんだろ。いつからラノベ主人公になったんだよ

( ФωФ) え~っ、なんだって~?

lw´‐ _‐ノv ははっ、こやつめ

吾が輩の頭を小突いた彼女は、にやりと笑ってから、吾が輩の膝へと腰掛けた。

( ФωФ) おまえの重さで椅子がヤバい

lw´‐ _‐ノv ほう?椅子だけとな?

( ФωФ) やめい、腰を使うな、椅子が軋む

lw´‐ _‐ノv ギシギシ

( ФωФ) アンアンアン

lw´‐ _‐ノv とっても大好き

( ФωФ) おらえ~もん~

2194@転載は禁止 :2016/03/03(木) 23:08:50.23
lw´‐ _‐ノv …で、ティンときた?

( ФωФ) Bad communication !

lw´;‐ _‐ノv 嘘だろオイ…

舌打ちしながら離れた彼女は、不機嫌そうに地面を指さし、促す。

lw´#‐ _‐ノv ん! ん!

( ФωФ) ほれカンタ

椅子をもう一つ、隣に置いてやると、どっかと座りそっぽを向いた。
露骨にむくれている。

lw´‐ _‐ノv ぶーだ

( ФωФ) そんなに怒ることか?

lw´‐ _‐ノv プライドが痛く傷ついた。謝罪はいいから賠償しろ

( ФωФ) 篦鮒釣ったらなー

lw´‐ _‐ノv 今度から、げろしゃぶかフーミンって呼ぶわ

( ФωФ) せめてオクレ兄さんにして

ぶふっ、どこかツボにハマったらしく、吹き出してしまった彼女。

2205@転載は禁止 :2016/03/03(木) 23:12:04.84
lw´‐ _‐ノv そっちなんだ

( ФωФ) まあな

lw´‐ _‐ノv やっぱり、変わってるね

( ФωФ) おまえにそう言われるとは、まっこと遺憾である

lw´‐ _‐ノv 失礼な、我が道を歩いているだけだよ

( ФωФ) ソレができるのは多くない。変わり者には変わりない

lw´‐ _‐ノv あっそ。まあ、良いんだけどね

彼女は遠い目で、雲ひとつ無い青空を見上げる。

たったそれだけの仕草なのに、絵になると感じさせるのは彼女の魅力か、はたまた吾が輩の心が盲目か。

lw´‐ _‐ノv こうしていたから、ずっと友達でいられたんだとすれば。変なのも、悪くない

( ФωФ) そうか

lw´‐ _‐ノv …なんで、ヘラブナ?




ぱしゃりと、大きな魚が水面を揺らした。

あれはきっと、鯉だった。

2216@転載は禁止 :2016/03/03(木) 23:17:32.92
( ФωФ) 昔の話だ。遠足で、大きな魚が跳ねるのを見た

lw´‐ _‐ノv へえ?

( ФωФ) それが随分巨大でな。鯉だの、鯰だのより大きく見えた。高さもあったので、姿をはっきりと目に焼き付けた吾が輩は、興奮のままにクラスメイトに話した

lw´‐ _‐ノv が、信じてもらえなかった、と

( ФωФ) その通りである



( ФωФ) …だが、信じてくれた人が1人だけいたのだ

lw´‐ _‐ノv だれ?

( ФωФ) 父親だ。あの人だけは吾が輩の話を、信じると、言ったのだ

それが彼なりの優しさなのだと、子供の時分に気付くことは終ぞなかった。

( ФωФ) あの人は、夏休みに吾が輩を釣りに連れて行ってくれた。吾が輩の見た、巨大な魚を釣ろうとしてくれた。
       吾が輩は、あの人に言った、あれは図鑑で見たゲンゴロウブナ…つまりはヘラブナだったと、間違いなく同じ形だったと


lw´‐ _‐ノv だから、その竿なんだ

2227@転載は禁止 :2016/03/03(木) 23:20:35.63
( ФωФ) …あの人のだ

正式に、父親が父親でなくなった日。
彼は良く手入れされた七つ道具と質の良い竿一式を吾が輩にくれた。

お礼を、きちんと言えなかったことが未だ胸を痛める。

( ФωФ) だから、なのであろうなぁ…吾が輩が今だに成仏できんのは

lw´‐ _‐ノv そうだねぇ…その大きな魚が釣れば、満足できるんだろうね



( ФωФ) …しかし、解らんのはおまえだ

lw´‐ _‐ノv わたし?

( ФωФ) おまえは一体、どんな心残りがあるのだ。いい加減、気になってしかたない

lw´‐ _‐ノv わたしかー、わたしねぇ…無いかなあ

( ФωФ) うん?

lw´‐ _‐ノv たぶん、わたしに心残りなんて無いと思う

( ФωФ) そうなのか?では何故、現世にとどまる

2238@転載は禁止 :2016/03/03(木) 23:24:55.81
lw´‐ _‐ノv 理由ならあるよ、それは自分でも良く分かる

( ФωФ) なんだ

不意に、吾が輩の肩がバシバシと叩かれる。

( ФωФ) なんぞ?

思わず顔を隣に向けると、真摯な瞳の彼女が、吾が輩を見つめていた。

もう何度も、夢に見るほど見てきた彼女の、いつもの表情。

やはり、見惚れる。

lw´‐ _‐ノv 付き合いだけは随分ながいからねー。どうせなら、最期まで見届けないと、きもちわるいのっさ!

( ФωФ) …

lw´‐ _‐ノv 釣れると良いね、ヘラブナ

( ФωФ) 物好きめ

lw´‐ _‐ノv 変人と言いたまえ




変と恋は似ていると、何かで読んだ。

なるほど確かに、良く似ている。

224いやあ名無しってほんとにいいもんですね@転載は禁止 :2016/03/03(木) 23:27:45.46
※※※


「 lw´‐ _‐ノv 腐りすぎて一緒くたのようです( ФωФ) 」


※※※

引用元:( ^ω^)ブーン系小説シベリア図書館のようです [転載禁止]?2ch.net
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/siberia/1446334277/216-

[ 2016/03/05 00:08 ] シベリア | CM(0)
[タグ] シベリア


コメントの投稿


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。