まぜこぜブーン

ブーン系まとめ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)


 1レスお題【ひんにう】ほか

 【今回のお題】 「師走」 「眠いからやだ」 「とかげのしっぽ」 「きょこん」 「ひんにう」
397名も無きAAのようです :2014/12/14(日) 00:39:43 ID:MwQWHTvM0

*(‘‘)* 「おかあさん、ヘリカルも大人になったらひんにうになるの?」

('、`;川 「…? どうしたの一体。誰かに言われたの?」

*(‘‘)* 「おとうさん」

('、`;川 「あのバカ……」

*(‘‘)* 「ねえ、おかあさん。どうしたらいいの?」

('、`*川 「心配しなくて良いのよ、ヘリカル。
      良い? 貧乳はステータスなの。希少価値なの。誇るべきことなのよ」

(´・_ゝ・`) 「その台詞もう7年前も前のだぞ。いよいよオバサンだな」

('、`#川 「あっ、あんたねえ! ヘリカルに何吹き込んでんのよ!」

(´・_ゝ・`) 「子供はどうしたって親に似るものだろ? 現実は早いうちに知っておくべきだ」

('、`#川 「アタシの悪口言いたいだけでしょこのハゲ!」

(´・_ゝ・`) 「まったく口も汚くなって……。清純派アイドルだった頃が信じられないな」

('、`#川 「10年も前のこと蒸し返さないでよ! それを言うならアンタだって…………」


*(‘‘)* (ヘリカル、ひんにうでおばさんではげになるのかな……いやだな……)



30年後、ヘリカルは毒舌熟尼僧アイドルとして一部で人気を博し、
両親から生暖かい目で見られることになるのだがそれはまた別のお話である。

398名も無きAAのようです :2014/12/14(日) 04:23:36 ID:adEFTQAo0
アイドルって偶像崇拝の方かよ

399名も無きAAのようです :2014/12/14(日) 14:06:18 ID:fdFML6gI0
ペニはなんとなく巨乳イメージあんの何でだろ?


400名も無きAAのようです :2014/12/14(日) 15:40:24 ID:ElUjnpgs0

(*・∀・) 「ママ、日曜日だよ! お出かけしよう!」

从- .-从 「……」

(*・∀・) 「ママ、起きてよママ!」

从-~-从「うーん、ねむいからやだ……」

( ・∀・) 「も~! お外もう明るいんだよ! 遊ぼうよ~!」

从'ー'从 「ねむいからやだ……」

( ・∀・) 「あ、起きた!? ね~、遊んでよ~!」

<从'ー'从/「ねむいからやだ!」

( ;・∀・) 「ママ!?」

从'ー' 三 'ー'从「ねむいからやだあああああああ」

( ;・∀・) 「起きてるよね!? どうしたのママ!」

从゚д゚ 三 ゚д゚从「やだのおおぉぉぉぉぉ!! ネムイィィィィィ!!!!!」

( ;・∀・) 「ママ!? だいじょぶ!? ママ!!」

一二三 \从゜Q°从/ 「ふぉおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉ!!!」

( ;∀;) 「うわぁぁぁぁぁ! パパ! ママが! ママが~!」


(´-ω-`) 「……うーん」

( ;∀;) 「パパぁ! 起きてよぉ!」

( ´-ω-) 「パパ眠いんだよ……」

( ;・∀・) 「パパ……!?」

401名も無きAAのようです :2014/12/14(日) 16:21:05 ID:NvLOt/OA0
やばすぎわろた

402名も無きAAのようです :2014/12/14(日) 16:27:30 ID:Jc3v2qDg0
こわい

403とかげのしっぽ :2014/12/14(日) 22:33:43 ID:8C5Td.j.0
(´・ω・`)「犯人に告ぐ!君は包囲されている!おとなしく人質を解放するんだ!」

(;'A`)「たったすけてくれー!」

( ´_ゝ`)「ダマレ!こいつがどうなっても知らないぞ!」

(;´・ω・`)「まっ待て!わかった!まずは君の要求を聞こうじゃないか!」

( ´_ゝ`)「一千万!一千万だ!すぐに用意しろ!それと逃走用の車だ!」

(;´・ω・`)「一千万。。。そんな大金」

J( 'ー`)し「あの、ウチのドクオは」

(´・ω・`)「あ、人質のお母様ですね?すいません、今すぐ助けますので」

(;'A`)「あ、あれはカーチャン!かっカーチャン!助けて~」

J( 'ー`)し「ドクオ!あの!犯人はなんて?」

(;´・ω・`)「あ、身の代金として一千万用意しろと、、、」

J( 'ー`)し「一千万。。。」

( ´_ゝ`)「おい!どうした!早くしろ!」

(;'A`)「カーチャーン!」

J( 'ー`)し「ドクオー!ごめんなさい!我が家に一千万なんて大金用意できません!おとなしくヤられてくださーい!お墓くらいは建てますから~!」

(;'A`)(;´・ω・`)(;´_ゝ`)「は?」

(;'A`)「かっカーチャン?」

J( 'ー`)し「ドクオ、あなたには黙っていたのだけど、カーチャンね、最近好きな人ができたのよ、え?年齢?年下よもちろん(笑)、それでね、あたし初婚で子供いない設定なのよ~」

(;'A`)「え、あの、その、、、」

J( 'ー`)し「だから!犯人さん!早くヤっちゃってください!」

(;A;)「カーチャン・・・」

(;´_ゝ`)「え、ちょ、あの、、、ごめん、なんか人質にしてごめん」

404名も無きAAのようです :2014/12/14(日) 23:11:32 ID:WZ4erbA.0
( ・∀・) 「……検査の結果、君はやはり……」

( ^ω^)「……まじかお」

診察室に二人、同年代とみられる男性が向かい合っていた。
白衣、白のセーター、一面の白い壁。

( ・∀・) 「なぜもっと早く来なかった? 君のうちから僕のこの病院まで徒歩三分。 まさか歩けない距離じゃないだろう」

( ^ω^)「……」

医師の数が圧倒的に少ないこの村で唯一稼働するモララーの個人院。 医院の外、ホーホーと梟の囁きが闇に響いている。

( ^ω^)「……怖かったんだお」

( ^ω^)「急に痛みがきても、家にはツンが居て、職場にはドクオがいつもいるお。
変に心配させたくないからいつも通り暮らさなければならなかったお」

うつむきながら……しかし言葉とは裏腹に、ブーンは笑みを絶やさない。
昔から健康優良児だったブーン。 幼馴染みのモララーの記憶のなか、教室内で突如脱糞しながらも脂汗をだらだら垂らしつつニコニコして
『先生、これは単なる生理現象なんです』
と挙手していた彼の姿を重ねた。
モララーの知るブーンとはそういう男だった。

( ^ω^)「……病名は、なんだお?」

( ・∀・)

( ^ω^)「あんな痛みは人生で初めてだお……きっと僕はもう長くない。 営業で外回りだったから誰にも見られなかったけど、日に日に間隔が短くなってきて」

( ・∀・)

( ^ω^)「モララー、遠慮せず言ってくれお。 僕は余命を知って、その間にやれることをやっておきたいんだお」

( -∀-)

(  ω )「…モララー」

( ゚ω゚)「imc_f94aa65e5791f1a9499c3a331475f939f206319a.jpg」!!

突如発されたその声は、まさにブーンの中で抑圧され続けた、笑顔の裏の闇。 心の悲鳴だった。

……そして、モララーの口が動く。
発されたその言葉はブーンには聞き覚えがあった。 それはあの日、保健係だったモララーが先生に
『ブーン君を急いでトイレに連れていきなさい』
と命令された直後とまったく同じ返答。

( ・∀・) 「眠いからやだ」

405名も無きAAのようです :2014/12/14(日) 23:35:02 ID:SDJ5Dihw0
このもやもやをどこにぶつけたらいいのか…

406名も無きAAのようです :2014/12/14(日) 23:48:29 ID:SDJ5Dihw0
(゚、゚トソン 「ごちそうさまでした。さ、ミセリ、仕事に戻りますよ」

ミセ;゚ー゚)リ 「ちょ、もうちょっとゆっくりしようよ~!」

(゚、゚トソン 「年末ですよ。師走なんですよ。いつもより早く動かないとダメなんです。
      あんまりのんびりしてると幸せも逃げちゃいますよ?」

ミセ*゚ 3゚)リ 「ご飯はゆっくり味わわないとダメなんですぅー。
       せわしなくしてると幸せも近寄ってこないんだよ?」

(゚、゚トソン 「まったく口の減らない。置いていきますよ」

ミセ;゚д゚)リ 「あっ、ズルい~~! 待ってよトソンちゃん!」

  _
( ^∀^) 「いつでも元気ですねぇ、あの二人は」

('、`*川 「あと何年かしたら、ああして賑やかにしてるのが幸せだった、なんて思うんでしょうね」
  _
( ゚∀゚) 「ペニサスさんは、幸せってどこにあると思います?」

('、`*川 「……! そうですね……」

('∀`*川 (チャァァンスッ!! 上目遣い良し、寂しげな瞳良し、
      指を口元に添えて欲求不満を覗かせつつ、少し甘えた声色で!)

('、`*川 「……幸せって、気づかないだけで、案外近いところにあるんじゃないかな。
      例えば今わたしのとなr ミセ*゚ー゚)リ 「ジョルジュさーん! 書類出来上がってるかってトソンちゃんがー!」
  _
( ゚∀゚) 「あ、そうだったな! 今持ってくよー」


('、`*川 「……」

('、`*川 (逃げていく幸せを私は追いかけるべきなんだろうか……)

('A`;)

('、`*川 (背後で聞き耳を立てていた根暗くんが声をかけようか様子をうかがっているのを感じる。
      宝くじ的な確率だが彼がわたしの幸せとなりうる可能性もなくはないのか……)

('、`*川 (果たして私の幸せは……)


('A`;) 「ア、アノ ボクハ \('、`#川/ 「あー! 今年も一人で売れ残りケーキだなー! くそったれー!」

('、`*川 スタスタ…     ('A`;)


('、`*川 (売れ残り同士仲良くやるのも幸せよ。ケーキはおいしいもん……)


( ^ω^) 共有1レスお題遊びスレ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/13029/1411916348/1-



コメントの投稿


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。