まぜこぜブーン

ブーン系まとめ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)


 1レスお題【女五人男一人のハーレム】ほか

 【今回のお題】 「縛り:女AA五人男AA一人を使ってハーレム短編(但しジャンルは問わない)」 「手紙」 「熱」 「そらきれい」 「ノック」
314名も無きAAのようです :2014/11/18(火) 22:04:17 ID:RLeAL8fo0


11月14日

電車内。毎朝端の席で読書に耽るOLさん? 川 ゚ -゚) のそばにそっと立ってみた。
よく分からないけどいい匂い。オトナな香り。

校門前。生徒会長の(*゚ー゚)さんに挨拶する。
シャンプーの爽やかな香りがした。天使。

廊下。ζ(゚ー゚*ζ さんとすれ違う。
香水の香り。刺激的。クラクラした。

帰りの電車。部活帰りの中学生? ノパ⊿゚) 
汗の匂い。少し興奮する……
                                     』


(゚A゚;) 「なにみてるのカーチャン」

J(;'ー`)し「アッ…!」

(゚A゚#) 「返せよ!!! ふざけんなこのッ!」

J(;'ー`)し「ち、違うの、ドクオ、掃除を」

(゚A゚#) 「出てけよ!!!」

('ー`;)し三「ごめんね、ごめんね…」




('A`#) 「ハァ……最悪。最悪」

|'ー`)し「カーチャンもシャンプー変えたんだけど気づいてくれた?」

('A`#) 「クソババア!!!」

|彡

315名も無きAAのようです :2014/11/18(火) 22:42:01 ID:WdCiXSys0
カーチャンかわいいww


313名も無きAAのようです :2014/11/18(火) 00:58:42 ID:iwTe9P.E0
      \                     /
       \                  /
         \               /
          \            /
            \         /
             \∧∧∧∧/
             <    僕 >
             < 予 し  >
             <    か >
─────────< 感 い >──────────
             <   な >      
             <  !!! い >       
             /∨∨∨∨\
            /         \
          /             \
         /     ( ^ω^)サビシイオ…\
       /    _(__つ/ ̄ ̄ ̄/    \
      /        \/     /      \
                 ̄ ̄ ̄
--------------------------
             現実と理想の狭間
--------------------------

      \        ∩ ∩ ノ       /
       \      (。-。*) スキ    /
         \     ∨ ∨      /
          \            /
            \         /
         \∧∧∧∧/
ξ*゚⊿゚) カンチガイ   <    そ > ポッ   (゚、゚*トソン
 ⊂ )  シナイデヨネ! < 予 う  >          ( ⊃
   ノ           <    で >           ヽ
─────────< 感 も >──────────
             <   な >      
             <  !!! い >       
 ミセ*゚ー゚)リ ナイトウクン…/∨∨∨∨\ カッコイイ…ζ(゚ー゚*ζ
 ⊂  )  ダイテ!! /         \         ( ⊃
    ノ      /             \        ヽ    
         /     (*^ω^) マサカノ \       
       /    _(__つ/ ̄ ̄ ̄/ハーレム \
      /        \/     /   !?  \
                 ̄ ̄ ̄

316女五人男一人ハーレム :2014/11/18(火) 22:51:09 ID:WdCiXSys0
(;^ω^)「……鳴り響くヒーローアラームに釣られて現場に来てみれば、あれが噂の怪人かお?」

      vξ゚ノパミv < フォフォフォ

(;^ω^)「ひえー強そうだお。きもいお。これまで名うてのヒーローが挑んで、行方をくらましている事実が拍車をかけてるお!」

Σ(;^ω^)「──あっ!あれは新ヒーローの!?」
               ダーッ
v ξ゚ノパミv       ('、`#*川 三三

(;^ω^)「熟女ヒーローペニサスさん!って、ああ?!」

     vξ゚ノパミ`*川v < フォフォフォ

(;^ω^)「喰われた………しかも巨大化しとる」

(;^ω^)「ま、まさか…あの怪人はヒーローをそのまま吸収しているのかお?だとしたら、一体…」

               ダーッ
vξ゚ノパミ`*川v    ζ(゚ー゚#*ζ 三三

(;^ω^)「おーっとぉ、読者人気高きデレさんが行った!いや、もう逝ったァ!?」

     vξ゚ノパミ`*川ζv < フォフォフォ

(;^ω^)「また吸われた…なんとかせねば……。でも僕に勝てるのかお?あの怪物…クリーチャー…人外の極みに?」

     vξ゚ノパミ`*川ζv < ブーン?

(;^ω^)「……呼んだかお、僕の名前を??」

     vξ゚ノパミ`*川ζv < ダイスキー

(;^ω^)「……」

(;^ω^)「もしかして大丈夫…かな?」

(;^ω^)「なんだか死なない気がする。ダイスキとか言われてるし」

(^ω^)

( ^ω^)「大好きと言われたからには行くしかないだろjkwwwww」

ダーッ
三三(#^ω^)   vξ゚ノパミ`*川ζv

      vξ゚ノパωミ`*川ζv


         読者サン ダイスキー

317名も無きAAのようです :2014/11/18(火) 23:09:45 ID:46Qz9Uug0
俺読者だから行けそうだな…

318名も無きAAのようです :2014/11/18(火) 23:18:16 ID:YKYgmIh20
->>317の行方を知る者はいないー-

320名も無きAAのようです :2014/11/19(水) 00:10:14 ID:5waLw80s0
('A`) 「引っ越ししても僕たち、友達だよね…?」

( ´・ω・`) 「手紙、出すから」

('A`) 「うん、出来たらさ、僕のところに遊びに来て」

´・ω・`)) 「手紙は出すから」

('A`;) 「う、うん。隣の市だしさ、良かったら遊びに」

ω・`))) 「手紙だけは出すから」

('A`;)) 「たった2駅なんだけど」

・`)))) 「わかった。年賀状も出すから」

'A`;))) 「自転車でも20分くらいで」

「電話もする! これでいいだろう!!」

A`;))) 「どうして会ってくれないの!?」

(´・ω・`) 「キミのこと愛してるからさ」

('A`;) 「エッ……?」

(( ´・ω・`) 「会いに行って良いんだね?」

(('A`;) 「えっと……?」

((*´・ω・`) 「毎日だって会いに行きたい」

(('A`;) 「……」

(((*´・ω・`) 「僕の脚なら5分で着くよ」

(((('A`;)

三(*´・ω・`) 「なんだったら僕も転校しちゃおうかな! なんてね! ハハハ!!」

二三(;'A`) 「ウワァァァ!」

(*´・ω・`) 「ドクオ、逃がさないよ! 絶対にだ!!」

<ヽ`∀´> 「ニダ?」

( ´・ω・`) 「ちょうど良い。前菜代わりだ」

< ;`∀´> 「ニ、ニダアーッ!」

321名も無きAAのようです :2014/11/19(水) 00:21:49 ID:JMBwNjrA0
とばっちりニダァ!!

322恥ずかしツンと気になるブーン :2014/11/19(水) 00:22:30 ID:hM/Z7WS.0
(*^ω^)φヨンデクレルカナ?

内藤くんからお手紙ついた
ξ*゚⊿゚)ξっ□ピラ        (^ω| ジー


ξ;゚⊿゚)ξそ ミ□         (;^ω| バレタ!

ツンデレちゃんたら読まずに捨てた


しかたがないので お手紙かいた
(*^ω^)φハズカシガリヤサンダオ

さっきの手紙のご用事なぁに?
ξ´⊿`)ξハァ…



内藤くんからお手紙ついた
ξ*゚⊿゚)ξっ□ 
                      ____
                     /  ./  /|   ドキドキ
ξ(゚⊿゚≡゚⊿゚)ξ キョロキョロ   _| ̄ ̄ ̄ ̄.| .|___ 
                 /  |____.|/_/
ξ*゚⊿゚)ξっ□ピラ       ̄ ̄~         


                      ____
                     /  ./  /|   ゴトッ
ξ;゚⊿゚)ξそ ミ□         _| ̄ ̄ ̄ ̄.| .|___ 
                  /  |____.|/_/
                   ̄ ̄~         

ツンデレさんたら読まずに捨てた

しかたがないので お手紙かいた
(*;^ω^)φシマッタ…

さっきの手紙のご用事なぁに?
ξ´⊿`)ξマタヤッチャッタ…

323名も無きAAのようです :2014/11/19(水) 01:57:10 ID:qd.B8Ml20
かわいいなおい

324名も無きAAのようです :2014/11/19(水) 06:07:24 ID:d9Vjzw5c0
これストーカーじゃ

325空浮かぶ箱 :2014/11/21(金) 18:34:37 ID:02xcXcuA0
  _
( ;゚∀゚)
上手く撒けただろうか。

先程まで聞こえていた奴らの足音、そして怒声は、彼方で音を残すのみだ。
それを確認し、ようやく彼はひと息をついた。
  _ 
( ;゚∀゚)「すまない。急がせちまったな…。大丈夫か?」

彼と同様に息を整えるため、荒い呼吸を繰り返していた傍らの少女を見やる。

*(;===)*「…大丈夫ですよ。こんなに動いたの初めてで、胸の辺りが騒がしいですけど。」
  _ 
( ゚∀゚)「後少し…もう少しで外に繋がる通路だ。行こう。」

言って、彼女と自身を繋ぐ手に少し力が篭る。
彼女は無言で頷き、再び走り始めた彼の誘導に沿った。


遂に彼らは、重たく冷たい鉄扉の前に辿り着いた。
外界と内との、境界然として立ちはだかる門の前。

此処をくぐればもう後戻りなど出来はしない。
だが迷う事はない。他ならぬ彼女の望み。

*(===)*「お願いします。」

彼女に約束させられていた。最初に見るのは箱の外の景色がいいと。
彼は願いを聞き届けるため、敢えて彼女の視界を塞ぐ包帯を解かずに、逃げ出したのだ。
  _
( ゚∀゚)「じゃあ…解くぞ。」

電子制御の端末に奪っておいた監理者IDのカードを通す。
重い鉄扉の開く音が響き、彼女は無言で頷いた。

シュルシュルと包帯が地面へ落ちる。
恐る恐るといった感じで彼女の瞼が開かれた。
同時。扉の向こうに青が拓かれた。
何処までも広がる文字どおりの空色。

少女の目にうつったその色が滲む。
果たしてそれは、急な光の刺激でもたらされた生理現象であったのか。


「…そら きれい。」          「…ああ。」

遙か後方、通路の奥から奴らの声が聞こえてくる。
どうやら勘づかれたらしい。   …逃げないと。

だが、それからも暫く、2つの影はそこで立ち尽くしたままであった。

326名も無きAAのようです :2014/11/21(金) 19:26:02 ID:Sft3SMew0
これ凄い続き書きたくなるなあ


( ^ω^) 共有1レスお題遊びスレ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/13029/1411916348/1-



コメントの投稿


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。