まぜこぜブーン

ブーン系まとめ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)


 1レスお題【林檎】ほか

 【今回のお題】 「次世代」 「ハゲ」 「筋肉のぶつかり合い祭り」 「林檎」 「縛り:性別逆転」
130名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 02:06:55 ID:V9f82rK60


ボクは彼女に恋をしていた

川 *゚ -゚)

風に揺れる細い髪、玉のような汗が浮かぶ白い肌

川 *゚ -゚) 「…」

そして何よりも、林檎のような赤色の頬

川 *゚ -゚)「…あの…」

ボクは彼女が大好きだ

川* - ) 「…デミタス、あの…な」

(*´・_ゝ・`)「…す、素直…」

ボクはキミのことが好きなんだ

川* - ) 「…」

(*´・_ゝ・`)「…」

部活を抜け出して来てくれたのか、彼女の額に浮かぶ玉のような汗が頬を伝い顎から胴着へと落ちた
無言に耐えきれず、ボクは彼女のきらきらと輝く汗を追い視線を地面に落とす


(*´・_ゝ・`)「…素直」

(*´・_ゝ・`)「…」

(*´^_ゝ^`)「…私もあなたが好きです」

二人の間を北風が吹き抜ける
デミタスは舞い上がったスカートを両手で整えると恥ずかしそうに上目遣いで素直クールを見上げた

 彡⌒ミ
(*´^_ゝ^`)「素直くん…私、嬉しい」

それは素直クールが大好きな真っ赤に頬を染めたデミタスの幸せそうな笑顔だった


131名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 02:28:45 ID:YCM8qk320
「林檎が赤くなると医者が青くなる」という言葉がある

時は2XXX年、世界は我々の時代から大幅に進歩したテクノロジーを手に入れていた
そんな時代でも医者という職業は必要なもので、世界には未だ多くの医者がいる
技術の進歩により現代では完治が不可能と言われていた病にはほぼ特効薬が作られている
しかし今、そんな医者たちは一つの林檎によって真っ青になっているのだ
何だったか、長ったらしい英語の頭文字を取って付けられた”アップル”という名前のウィルス
そのウィルスに感染したものは――――――

( -ω^)「ん、もう朝かお……」

( ^ω^)「おっ?」ユッサユッサ

性別が「逆転」してしまうのである
医学と病気はどんな時代でもいたちごっこで、この現象に対する回答はまだ見つかっていない

( ;^ω^)「ツツツツツン!大変だお!僕のスんバラシイ胸筋が!朝起きたら脂肪の塊に!」

ξ;゚⊿゚)ξ「ブーン!大変よ!朝起きたら私がおと……」ツルンペタン

( ;^ω^)「ツンは特に異状ないようだおね……」ユッサユッサ

ξ ⊿ )ξ

( ^ω^)「お、どうしたお?ツン……ってそんな事より大変なんξ#゚⊿゚)ξ「うるせぇぇぇぇぇ!!」

ξ#゚⊿゚)ξ「異常ありまくりだっつーの!こちとら朝起きたらまたぐらにキノコ生えとったわぁぁぁぁぁ!」

ξ#゚⊿゚)ξ「胸か!胸で判断したか!?大体なんでお前がそんなデカいんだよ!理不尽!筋肉オバケ!」

ξ;∀;)ξ「チクショオオオオオオ筋肉のぶつかり合い祭りじゃあああああああ!」
                              ´
                               ´.
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´
ちなみにこんな時代でもハゲの特効薬はまだない

132名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 04:07:49 ID:eLe0IFdM0
君は鏡の中の世界を知っているかな?その世界では全てが反対なんだ。利き手や文字の左右だけじゃなくって、空と地面、敵と味方、苦いと甘い……なんだって逆さなのさ。
そう、もちろん性別もね

(;´・_ゝ・`)「男になってるうううううううううううぅぅぅぅぅ!!!!!!!」

(;´・_ゝ・`)「朝起きたら男になってるうううううううううううぅぅぅぅぅ!!!!!!!」

(;´・_ゝ・`)「寝る前までかわいいかわいい素直クールちゃんだったあたしがあああああああああああ」

 彡⌒ミ
(;´・_ゝ・`)「朝起きたら超絶ハゲマッチョだなんて…しにたい…」

おはよう!ここは鏡の中の世界!君は女の子から男の子になったんだよ!!

(;´・_ゝ・`)「解説が聞こえる…しにたい…夢だ…これは夢…」

巨乳サラサラロングだった君の過剰な女性ホルモンが全て男性ホルモンに変わったんだ!巨乳はマッチョに、サラサラロングはみじめなハゲになってしまったんだよ!かっこいいね!
でも気をつけて!もう少しで思考も反対になってしまうよ!

(;´・_ゝ・`)「今更どうしろっつーんだよ…」

好きにすればいいよ!ばいばい!!

(;´・_ゝ・`)「投げやりかよ…くっそう…」

(;´・_ゝ・`)「あ、ムラムラしてきた…これが男の性欲かぁ…そりゃ浮気するわ…」

(;´・_ゝ・`)「女探して次世代へ種のこせってか…」

(;´・_ゝ・`)「あれ…なんか…体が…」

(;´ _ゝ `)「ううううぅぅ…」

(;´ _ゝ `)「あ…ああぁ…」

(;´ _ゝ `)「きき…ききき…」

(´ °_ゝ °`)「筋肉祭りジャアアアアアアアアアアア!!!!!」

川; ゚ -゚)「はっ…夢か…」

川 ゚ -゚)「なんておぞましい悪夢だ…」

川 ゚ -゚)「昨日かったリンゴでも食べて学校へゆこう…」

川 ゚ -゚)「うーむ、真緑でおいしそうだ」

川 ゚ -゚)モグモグ

ハラリ 完

133名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 08:07:25 ID:1H8sd7RE0
サラサラヘアーはハゲやすいって言うね……

134名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 10:46:37 ID:DEFYpmyY0

(,,゚Д゚)

('、`*川「おや、ギコ坊か こんなとこで何しとる。」

(,,゚Д゚)「ペニ婆…。本当に全部なくなってしまったんだな…。」


緑豊かな木々の茂る山、そこにすむ多様な獣、昆虫。
この山は同じ齢の友人の少なかった俺にとって、よい遊び相手であった。
林の中程に入ると大きな天然の林檎の樹が立つ場所があり、そこは俺のお気に入りの場所で。
ガキの頃の俺は毎日飽きもせずその根もとへ足を運んでいた。

林の中を走り回り、遊び疲れればその木陰に抱かれるように昼寝をしたものだ。
毎年、実りの時期にはその赤く甘い実に齧りついた。
あの甘い味は今でも鮮明に思い出せる。


('、`*川「仕方あるめえ、山火事…自然の事はどうしようもない。」

(,,゚Д゚)「すっかりハゲ山か。」

今年、乾燥した暑い暑いある日、炎は全てを灰にしてしまった。
あの林檎の樹も。ガキの時分の思い出も。


('、`*川「そうでも無いかもしれんぞ。 ほれ。」

見遣れば、すっかり黒く炭化した林檎の樹、その残骸の根もとに、青い葉をつけた枝が顔を出していた。

('、`*川「お前さんとこの童が大きくなる頃には元の姿に近づくだろうて。」


ああ…。そうか。


この追憶は、 いつか次の世代に新たな思い出を実らせるのだろう。

135名も無きAAのようです :2014/10/19(日) 21:14:08 ID:NjmfE5iI0
『第三次世界大戦がどのような戦いとなるのか、私にはわからない。しかし、第四次世界大戦は石と棒を使って行われるだろう』
かの物理学者、アルバート・アインシュタインが残した戦争への皮肉は、遥か先の未来で現実となった

核の炎によって、文字通り全てが失われた世界で、人間は新たな文明を作り上げた
散り散りになっていた人が集い、居を構え、畑を耕し、子を宿し
村、町、そして国と、新たな社会が次々と誕生した

複数の国が存在すると言う事は、主義主張もそれぞれ異なるということ
その主義主張の相違に伴い生じる『争い』は、人々の頭を悩ませた
かつてのように武器を持ち戦えば、同じ過ちを繰り返すだけ
しかし、話し合いでの決着は途方も無い時間と遺恨を残す事となる

そして、人々は『戦争』に変わる新たな決着方法を編み出した


('A`)「…」

( ^ω^)「…」


各国の代表者を一人選出し、武器を使わずどちらかが倒れるまで『素手』で殴り合う『政治』


通称、『肉弾政』

    マツリ
('A`)「『政』は初めてか?震えてるぜ、お前」

( ^ω^)「ああ、初めてだ。だからこそ『楽しみで震えちまうのさ』」


この時代では、筋肉こそ世界最強の武器


('A`)「言うねえ…それじゃあ、始めようか」

( ^ω^)「待ちわびたぜ…」


人々はいつしかこの政を、こう呼ぶようになった


『筋肉のぶつかり合い祭り』と

136名も無きAAのようです :2014/10/20(月) 23:19:02 ID:EDoIJHnQ0
呼びにくいよ…


( ^ω^) 共有1レスお題遊びスレ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/13029/1411916348/1-



コメントの投稿


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。