まぜこぜブーン

ブーン系まとめ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)


 (・∀ ・) Chocolate Sweet Memory のようです l从・∀・ノ!リ人

2名も無きAAのようです :2015/02/14(土) 23:43:55 ID:Oqc4reLs0


(・∀ ・)「おい妹者。しってるか。今日はばれんたいんなんだぞ」

l从・∀・ノ!リ人「ばれんたいんなのじゃ?ばれんたいんってなんなのじゃー!?」

(・∀ ・)「なんかなー男が女の子からチョコもらえる日なんだって」

l从・∀・ノ!リ人「チョコ!?やったぁ、チョコ大好きなのじゃ!!」

(・∀ ・)「妹者は女の子だからもらえないんだぞー。あげる方だぞー」

l从・∀・ノ!リ人「そうなのじゃー?・・・・・・」

l从・∀・ノ!リ人 !

l从・∀・ノ!リ人「妹者はほんとは男の子なのじゃ!!」

(・∀ ・)「絶対ウソだぞー」

.


3名も無きAAのようです :2015/02/14(土) 23:44:59 ID:Oqc4reLs0





    (・∀ ・) Chocolate Sweet Memory のようです l从・∀・ノ!リ人




.

4名も無きAAのようです :2015/02/14(土) 23:46:00 ID:Oqc4reLs0

(・∀ ・)「あ、あとなー。あげるには条件があるんだぞ」

(・∀ ・)「チョコをあげるには、あ、あいての事が好きじゃなきゃダメなんだって」

l从・∀・ノ!リ人「そうなのじゃー」

(・∀ ・)「お、おれはそういうの全然いらないけどなー」

l从・∀・ノ!リ人「妹者はほしいのじゃ!チョコ大好きなのじゃ!」

(・∀ ・)「だ、だから妹者はあげるほうだから・・・まぁいいや」

l从・∀・ノ!リ人「またんきはチョコ好きじゃないのじゃ?信じられないのじゃ」

(・∀ ・)「いや、甘いものは好きなんだけど・・・」

l从・∀・ノ!リ人「・・・じゃあいっしょに買いにいくのじゃ!」

.

5名も無きAAのようです :2015/02/14(土) 23:47:03 ID:Oqc4reLs0

(・∀ ・)「えっ」

l从・∀・ノ!リ人「母者にもらったおこづかいがあるのじゃ!」


[財布] ミ ⑳


(・∀ ・)「これじゃチロルチョコしか2個しか買えないぞー」

l从・∀・ノ!リ人「いいのじゃ!妹者の分と、またんきの分でいっこずつなのじゃ!」

(・∀ ・)「う、うん。でもそしたら、俺にくれるってことだよな?」

(・∀ ・)、「それってつまり・・・・・・」

 三l从・∀・ノ!リ人「はやくいくのじゃー!」

(・∀ ・)「あ、ま、まてってば」

.

6名も無きAAのようです :2015/02/14(土) 23:48:45 ID:Oqc4reLs0

l从・∀・ノ!リ人「母者とか兄者と一緒じゃなくてお買いものしたの、はじめてなのじゃ!」

(・∀ ・)「おれも」

l从・∀・ノ!リ人「またんきは妹者よりいっこ上なのに、ひとりで買い物したことないのじゃ?」

(・∀ ・)「うち貧乏だからなー。母さんからお金もらったことないんだ」

l从・∀・ノ!リ人「そうなのじゃ。じゃあ今度妹者がおこづかいあげるのじゃ!」

(・∀ ・)「いらねーっての」

l从・∀・ノ!リ人「それより、はいなのじゃ!これ」

(・∀ ・)「あっ・・・」

l从・∀・ノ!リ人「チョコなのじゃ!!」

(・∀ ・)、「お、おう」

.

7名も無きAAのようです :2015/02/14(土) 23:49:34 ID:Oqc4reLs0


小さな包装紙をあける。
開いた瞬間、ほんのりとした甘い香り。

それを口に入れた。
とろけるような甘さに、ミルクのような風味が口の中でふわり。
優しく溶けて、それは幸福をとかしたようなもので。

けれどどこか甘酸っぱいような感覚は、口の中の味わいなのか、
胸の奥から込み上げる何かなのか。

わからないまま、ただその特別な甘さに陶然となった。


.

8名も無きAAのようです :2015/02/14(土) 23:50:38 ID:Oqc4reLs0

l从・∀・ノ!リ人「おいしいのじゃ?」

(・∀ ・)「う、うん」

(・∀ ・)「おいしい・・・」

l从・∀・ノ!リ人「よかったのじゃ!」

(・∀ ・)「うん。妹者もたべろよ」

l从・∀・ノ!リ人「なのじゃー!・・・」

(・∀ ・)「? どうした?」

l从・∀・ノ!リ人「やっぱり妹者はいらないのじゃ。またんきにあげるのじゃ!」

(・∀ ・)「えっなんでだよ。チョコ好きなんだろ?」

l从・∀・ノ!リ人「そうなのじゃ。でも・・・」

.

9名も無きAAのようです :2015/02/14(土) 23:52:15 ID:Oqc4reLs0

l从・∀・ノ!リ人「ばれんたいんのチョコは好きな人にあげるのじゃ?」

(・∀ ・)「う、うん」

l从・∀・ノ!リ人「だったら、またんきにもう一個あげるのじゃ!」

l从・∀・ノ!リ人「妹者はまたんきが好きなのじゃー。二個も三個も、五個も六個も十個も好きなのじゃ!」

(・∀ ・)「・・・・・・」

l从・∀・ノ!リ人「どうしたのじゃ?」

(・∀ ・)「ば、ばーかばーか!!俺は妹者なんか五個も六個もは好きじゃないんだからなー」

(・∀ ・)「でも、チョコは好きなだからもらっといてやるよー」

l从・∀・ノ!リ人「なにをじゃー!!そんなこと言うなら、もうあげないのじゃ!!」

(・∀ ・)「あーまてよ!よこせよコノー!」

l从・∀・ノ!リ人「やめるのじゃー。きゃっ、きゃっ!!」

.

10名も無きAAのようです :2015/02/14(土) 23:54:03 ID:Oqc4reLs0


ぽーん・・・


l从・∀・ノ!リ人「あっ・・・チョコが・・・」

(・∀ ・)「や、やべ。何やってんだよ妹者!ばーかばーか、飛んでっちゃったじゃん」


 三l从・∀・ノ!リ人「・・・とってくるのじゃ!!」


(・∀ ・)「あっおい・・・急に道路に飛び出したら危な


.

11名も無きAAのようです :2015/02/14(土) 23:55:08 ID:Oqc4reLs0
















.

13名も無きAAのようです :2015/02/14(土) 23:56:40 ID:Oqc4reLs0
――――――――――――――――――――
――――――――――――――――
――――――――――――
――――――………
―――……




(゚、゚トソン「斉藤センパイ。これ、義理ですけど。チョコです」


(・∀ ・)「ん。ああ、ありがとう」

.

14名も無きAAのようです :2015/02/14(土) 23:58:13 ID:Oqc4reLs0

(゚、゚トソン「あのー、今日特に予定な人同士で飲みに行こうって話があるんですけど」

(゚、゚トソン「先輩も良かったら来ませんか?BARなんですけど、バレンタインっいてことで甘いカクテルでも」

(゚、゚トソン「他にもナベちゃんとか、ミセリとか伊陽先輩とか来るんですけど」

(゚、゚トソン「お勧めのBARがあるんですよ。お店じゃなくて、個人が趣味でやってるBAR的な雰囲気のとこで・・・」

(・∀ ・)「あー・・・すまんな。俺は遠慮しとく」

(゚、゚トソン「あ・・・そうですか。他にご予定が?」

(・∀ ・)「まぁな」

(゚、゚トソン「まさか・・・・・・女性ですか!!?」

(・∀ ・)「なんでンな驚愕してんだよ・・・」

(・∀ ・)「まぁ・・・そんなようなトコだ」

.

15名も無きAAのようです :2015/02/14(土) 23:59:43 ID:Oqc4reLs0

(゚、゚トソン「えーガチの奴じゃないですかー。斉藤先輩にもそんな人いたんですねー」

(・∀ ・)「いや、別にそういうわけじゃねーけどな」

(゚、゚トソン「?」


ミセ*゚ー゚)リ「ちょっとトソン。いいのよ、今日はまたんきさんは」

(゚、゚トソン「えっ。何々、事情知ってる系?」

ミセ*゚ー゚)リ「まぁね・・・」


(・∀ ・)「まぁ、とりあえず先あがるわ。オツカレさん。都村、チョコさんきゅな」

(゚、゚トソン「アッハイお疲れ様です・・・」

.

16名も無きAAのようです :2015/02/15(日) 00:04:48 ID:Ad9O6w.A0



[市立奏咲総合病院]




(・∀ ・)



.

17名も無きAAのようです :2015/02/15(日) 00:05:37 ID:Ad9O6w.A0

(・∀ ・)「すいません、308号室の流石に面会なんですが」

(゚A゚* )「あら、斉藤さん。いつもごくろーさんやね。はい面会許可証ね」

(・∀ ・)「どもッス」


308


コンコン ガチャ


(・∀ ・)「妹者ー、きたぞー」


.

18名も無きAAのようです :2015/02/15(日) 00:07:41 ID:Ad9O6w.A0

(´<_` )「お・・・・・・」

(・∀ ・)「あっ・・・こんにちは。どうも」

(´<_` )「やぁまたんき君。いつもすまnl从・∀・ノ!リ人「またんきー!きたのかじゃー!」

l从・∀・ノ!リ人「こっちきて、こっち!すわってすわって!!」

(´<_` )「妹者。またんき君仕事でつかれてるんだから。あまり長居させるなよ」

(・∀ ・)「いえいえ、お気になさらずw」

l从・∀・ノ!リ人「いいのじゃ!またんきだから大丈夫なのじゃ!」

(´<_` )「こらこら。じゃあ、また後で兄者と母者も来るっていうから、またな」

(´<_` )「あ、じゃあまたんき君。俺は入れ違いで帰るけど。妹者少しだけ相手してやってね」

(´<_` )「いつもありがとうな」

(・∀ ・)「いえいえとんでもないです」

(´<_` )「じゃ、俺はこれで」

(・∀ ・)「ええ、さようなら。また・・・」

.

19名も無きAAのようです :2015/02/15(日) 00:08:47 ID:Ad9O6w.A0

l从・∀・ノ!リ人「またんきー。今日はお絵かきしたのじゃ!みてみてー」

(・∀ ・)「なにこれ。ビオランテと牛?」

l从・∀・ノ!リ人「ちがうのじゃ!ねこさんとぞうさんなのじゃ!」

(・∀ ・)「全然似てねえwwばーかばーか!」

l从・∀・ノ!リ人「うるさいのじゃ、今日はうまくかけたのじゃ!」

l从・∀・ノ!リ人「あとこれも!」

(・∀ ・)「これは何、人?」

l从・∀・ノ!リ人「またんきなのじゃ!!」

(・∀ ・)「俺かよ。もうちょっとイケメンに描いてくれよなー」

l从・∀・ノ!リ人「似てるのじゃ!!」

.

20名も無きAAのようです :2015/02/15(日) 00:10:43 ID:Ad9O6w.A0




l从・∀・ノ!リ人


20年前のあの日。妹者の時は止まってしまった。


(・∀ ・)



.

22名も無きAAのようです :2015/02/15(日) 00:12:10 ID:Ad9O6w.A0


いきなり車道に飛び出した妹者。
カーブを切りきれず突っ込んでくる乗用車。
宙に舞う妹者。その瞬間だけがスローに見えた。


幸い、妹者は一命を取りとめた。

その代わり、下半身の付随、そして成長を失った。
脳に障害が残り、大人になることを許されなくなってしまった彼女は、
いつまでも子供のまま。

肉体だけは成長する。
心は幼いままでも、20代後半になる彼女の体つきは幼くはない。
ただ振る舞いも、言葉づかいも。自分に見せる屈託のない笑顔も。


20年前のそれと、なんら変わりはしない。


.

23名も無きAAのようです :2015/02/15(日) 00:13:21 ID:Ad9O6w.A0


俺のために、チョコを取りに行ったばかりに。


(・∀ ・) 


俺がチョコなんか欲しいといってしまったばかりに。


l从・∀・ノ!リ人


そうでなければ、きっと彼女の時間をとめることはなかったのだろう。


.

24名も無きAAのようです :2015/02/15(日) 00:15:16 ID:Ad9O6w.A0


すべて自分の責任だなどというヒロイックな気分に浸りたい訳ではない。
ただ後悔はある。後悔と、そして寂寥がある。

あの日から、甘いものを口にしなくなった。
残酷な記憶が蘇るの恐れて。

妹者が病院生活になってからも、彼女の病室に通い詰めた。
おそらく、妹者の家族よりも頻繁に。
何が俺をそうさせるのか、自分でもわからない。


(・∀ ・) 


そうすることで。俺は妹者に会うことで、何かに許されようとしているのだろうか。
わからない。


.

25名も無きAAのようです :2015/02/15(日) 00:17:20 ID:Ad9O6w.A0

从・∀・ノ!リ人「・・・でね、今日のごはんはハンバーグだったのじゃ。おいしかったのじゃ!」

(・∀ ・)「よかったな。妹者ハンバーグすきだもんな」



l从・∀・ノ!リ人「あ、あと。これ、またんき!」

(・∀ ・)「ん、なんだ、これ?」

l从・∀・ノ!リ人「あけてみて!」

(・∀ ・)「ん・・・・・・」


まさか。

.

26名も無きAAのようです :2015/02/15(日) 00:25:21 ID:Ad9O6w.A0

ラッピングされたハート形の包み。
それからほのかに香るカカオの匂い。


(・∀ ・)「チョコレート・・・」

l从・∀・ノ!リ人「なのじゃ!妹者の手作りなのじゃ!」

(・∀ ・)「手作り・・・? どうやって・・・」

l从・∀・ノ!リ人「看護師さんに台所まで運んでいれてもらったのじゃ!」

l从・∀・ノ!リ人「チョコねりねりしたのじゃー」

(・∀ ・)「お前・・・・・・」

.

27名も無きAAのようです :2015/02/15(日) 00:57:44 ID:Ad9O6w.A0

l从・∀・ノ!リ人「たべて、たべてなのじゃ!」

(・∀ ・)「・・・・・・」


包装紙を破り、チョコを砕く。
甘味が、口いっぱいに広がった。
ふうわりとした香りが鼻腔をぬけてゆく。


(・∀ ・)


それは、20年前のあの時の味わいと、同じ気がした。
甘やかで、幸福な感触で。
いつぶりだろう。甘いものを口にしたのは。

.

28名も無きAAのようです :2015/02/15(日) 01:06:45 ID:Ad9O6w.A0

l从・∀・ノ!リ人「バレンタインだから、がんばってつくったのじゃ」

l从・∀・ノ!リ人「どうなのじゃ?」

(・∀ ・)「ああ・・・・・・」

(・∀ ・)「うまい。うまいよ、妹者」

l从・∀・ノ!リ人「よかったのじゃ!!」


妹者は、笑って見せた。
眩しいくらいの、何の穢れも抱かない天使のような笑顔で。

あのときのことを思い出して、チョコレートを食べながらも
苦虫を噛み潰したような顔になっている俺とは、対称的に。


l从・∀・ノ!リ人


妹者は、笑った。


.

29名も無きAAのようです :2015/02/15(日) 01:13:24 ID:Ad9O6w.A0

l从・∀・ノ!リ人「ねぇねぇ、またんき・・・」

(・∀ ・)「ん・・・?」

l从・∀・ノ!リ人「最近、思うのじゃ。妹者は、母者とか姉者、兄者がすきなのじゃ」

(・∀ ・)「・・・」

l从・∀・ノ!リ人「看護師のデレさんも好きなのじゃ。あらまき先生も、ホマさんもすきなのじゃ」

(・∀ ・)「・・・」


l从・∀・ノ!リ人「でも・・・でも・・・  一番好きなのは、またんきなのじゃ」

(・∀ ・)


.

30名も無きAAのようです :2015/02/15(日) 01:18:12 ID:Ad9O6w.A0

l从・∀・ノ!リ人「ほかの人のすきと、またんきの好きは違うのじゃ」

l从・∀・ノ!リ人「妹者もよくわかんなくて・・・」

l从・∀・ノ!リ人「またんきにくっついたり、抱っこしてもらったりしてほしいのじゃ」


l从・∀・ノ!リ人「よくわかんないけど・・・ わからないけど」

l从・∀・ノ!リ人「わたしは、またんきと、ずっと一緒にいたいのじゃ」


(・∀ ・)

(・∀ ・)「妹者」


.

31名も無きAAのようです :2015/02/15(日) 01:29:58 ID:Ad9O6w.A0


20年前のあの日の【好き】と。

今の妹者の【好き】は。

きっとその正体は、違うものなのだろう。
俺にはわかる。俺にだからこそ解かる。



20年前に、いや、俺が今の今までずっと言えずに抱えていたことを。
彼女は、はっきりと解放してしまった。
臆病な俺よりも、よほど強い心をもっていたんだ。


l从・∀・ノ!リ人


そして気付いた。
彼女の時間は、決して止まってなどいなかった。
ゆっくりと、ゆっくりと。

少しずつでも、確かに成長していたのだ。
恋心というものを、理解するまで、
想いを告げられず、時をとめていたのは、彼女ではなく俺自身だった。


(・∀ ・)

.

32名も無きAAのようです :2015/02/15(日) 01:36:41 ID:Ad9O6w.A0

(・∀ ・)「妹者。おれも」

(・∀ ・)「俺も、妹者が好きなんだ」

(・∀ ・)「おれの好きは、妹者の好きと」

(・∀ ・)「きっと一緒だ」

l从・∀・ノ!リ人「ほんとなのじゃ!!」

(・∀ ・)「ああ、本当だ」

l从・∀・ノ!リ人「なんだか、嬉しいのじゃ・・・ポカポカするのじゃ!」

(・∀ ・)「妹者。その好きっていうのはな」

(・∀ ・)「 愛してる ってことなんだ」

l从・∀・ノ!リ人「あいしてる!」

.

33名も無きAAのようです :2015/02/15(日) 01:43:03 ID:Ad9O6w.A0

l从・∀・ノ!リ人「しってる!それって・・・・・・」

(・∀ ・)「ああ、妹者」

(・∀ ・)「結婚しよう」

l从・∀・ノ!リ人「・・・・・・うん!」

l从・∀・ノ!リ人「けっこんする!またんきの、およめさんになる!!」

从・∀;ノ!リ人「あ、あれ・・・?なに・・・・・・」


妹者の目に、涙が溜まった。
流れる落ちるそれを、拭ってやる。


(・∀ ・)「馬鹿だな・・・泣くやつがあるか。 ww・・・ばーかばーか!!」

l从;∀;ノ!リ人「うるさい、うるさいのじゃ!!」

.

34名も無きAAのようです :2015/02/15(日) 01:49:07 ID:Ad9O6w.A0

l从;∀;ノ!リ人「チョコ返せのじゃ!!妹者もたべるのじゃ」

(・∀ ・)「ほらよ」

l从・∀・ノ!リ人「あっ。あま~」

(・∀ ・)「チョコ食って泣きやんでやんの。ほんとちょろいなww」

l从・∀・ノ!リ人「にぎゃーー!!」

(・∀ ・)「いて、いてて。やめろ、やめろってー」
 

l从・∀・ノ!リ人「・・・・・・・・・またんき!!」

(・∀ ・)「ん?」

l从・∀・ノ!リ人「ちゅーーするのじゃ!!」

(・∀ ・)「ああ・・・」


.

35名も無きAAのようです :2015/02/15(日) 01:58:47 ID:Ad9O6w.A0


l从*-∀-ノ!リ人


身を起し、妹者に近づく。
そして、唇を重ねた。

それは甘い、甘い。とろけるようなチョコレートの味の。
幼いころの、恋心の確かな実りの。
進みだした、二人の時間。


ハッピーハッピー、ハッピーバレンタイン。
  



(・∀ ・) Chocolate Sweet Memory のようです l从・∀・ノ!リ人


           ―――了―――


.


(・∀ ・) Chocolate Sweet Memory のようです l从・∀・ノ!リ人
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/13029/1423924967/2-



コメントの投稿


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。