まぜこぜブーン

ブーン系まとめ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)


 ('A`)百物語、のようです 廃村ツアー

144名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 20:21:04 ID:p/orKOsg0


――百物語は続いている。


ミルナの爺様の家を借りて、軽い気持ちではじめた百物語。
部屋は暗く、二間先に用意した蝋燭の光もほとんど届かない。
時計もろくに見えない闇の中では、どのくらいの時間がたっているのかもわからなかった。


(    )「……次は僕の番かな」


暗闇の中で声が上がった。
言葉を切り出すタイミングをうかがっていたかのような声。
少しだけ高い声は、語尾が消えかかっている。

この声は、ショボン……だろうか?



.


145名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 20:22:17 ID:p/orKOsg0

( ゚д゚ )「頼む」


誰が。いや、そもそも何人いるかさえもわからない部屋の中。
見えるものといったら、すぐそばにいるミルナの姿くらい。
俺には、同じ部屋にいるはずの声の持ち主すらわからない。


(    )「そうだね……」

('A`)「どうした? 話が思いつかないのか?」

(    )「そうじゃなくて……
      これって体験談でもいいのかな?」


ショボンはためらうように沈黙した後、やっとそう口にした。
体験談。ショボンは幽霊か何かを見たことがあるとでもいうのだろうか?
本当に? 偶然そう見えただけじゃないのか?


(    )「んー、何でもよかったんじゃないかお?」

川   )「私の話もほぼ体験談だったしな。問題ない」

ξ   )ξ「クーのは体験談とは少し違うような……。
       でも、ショボンの体験談にはちょっと興味あるわ」

(    )「いいから、さっさと話してほしいんだからな」


.

146名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 20:23:05 ID:p/orKOsg0


考えこんでいる俺を無視して、話は進んでいく。
あの一番はしゃいでいる声は……ツンだろうな、やっぱり。
そして、誰かが上げた声で、部屋は静かになる。


(´ ω `)「じゃあ、あの話にしようかな……」


そして、ショボンは語りだす。


(´・ω・`)「これは去年の話なんだけど……」



部屋に横たわる闇の中で、ショボンの顔がふと見えたような気がした。


.

147名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 20:24:44 ID:p/orKOsg0




              ('A`)百物語、のようです


                   廃村ツアー


                      .,、
                     (i,)
                      |_|



.

148名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 20:25:54 ID:p/orKOsg0

-----------------------------------
----------------------------
----------------------
--------------


僕ってさ、実はサークルをいくつか掛け持ちをしてるんだ。

いろんなサークルに興味があるっていうと嘘になるかな、実際のところは名前を貸してるだけだし。
そう。人数あわせってやつ。学校公認の部活もあるけど、同好会がほとんどかな。

でさ、その中の一つに元写真部ってのがあるんだ。
何が元かって?
そうだね、元はちゃんと活動していたんだけど、真面目な部員が卒業して、今はちゃんと活動してないって言えばわかるかな。
え、それで何をしてるかって?

……部長に振り回される会かな?



ああ、部長のこと?
きっちゃん先輩――、狐娘って言うんだけど知ってる?
狐娘。……狐娘 木津子先輩。
学部でも変人ってことで有名らしいんだけど……。
あ、これ本人が自分から言ってることだから、悪口ってわけじゃないよ。


.

149名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 20:27:29 ID:p/orKOsg0

-----------------------------------
----------------------------
----------------------
--------------


(;´ ω `)「……ごめん。僕が先輩を変人って言ったこと、やっぱ誰にも言わないで」


話し始めてすぐに、ショボンは言葉を切った。
時計がないからはっきりしないが、下手したら1分もたっていないだろう。
その先輩がどれだけ怖いのかは知らないが、いくらなんでも情けなさすぎじゃないか。


(;'A`)「訂正するぐらいなら、最初から言わなきゃいいだろ」

川  - )「そういじめてやるな、ドクオ。
     ショボンの中ではおそらく複雑な葛藤があったのだろう」

(;´ ω `)「……ごめん、みんな本当に忘れて。
      考えなしだった僕が悪いから、この話はもう忘れよう? ね?」


思わず出た不満は、おそらくクーの声によってなだめられた。
俺としてはいじめたつもりなどなかったのだが、どうやらショボンの地雷だかトラウマだかを踏んでしまっていたらしい。
とりあえず「すまん」と謝ると、ショボンに続きを話すように頼むことにした。


.

150名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 20:30:05 ID:p/orKOsg0


('A`)「それより続きを」

(;´ ω `)「あ、ああ。そうだね」


ξ   )ξ「きつねむすめ……きつ……あ!」


――のだが、ショボンの声は途中から言葉にならなくなった。
ショボンの声を遮るように。突然、女――ツンが声を上げたからだ。
ツンは長いこと唸っていたが、何か思いついたのかぽんと手を叩いた。


( ゚д゚ )「知っているのか?」

ξ   )ξ「もしかして社会学部の人?
      前にキレイな先輩が、学校にテント張ってるのを見たことあるわ」

.

151名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 20:32:25 ID:p/orKOsg0


ツンは一人納得しているが、俺は話についていけない。
どうやら他の奴らも同じらしい。
しばらくツンの何だか分からない説明を聞いていたが、とうとうブーンらしき声が助けに入った。


(    )「テントって学祭か何かの準備かお?
      ツンもよくそれで、ショボンの先輩ってわかったおね」

ξ;   )ξ「そうじゃなくて、キャンプしてたの、キャンプ! しかも学校で!
       なんだろうって思ってずっと見てたんだけど、駆けつけてきた警備員に連れてかれちゃったの!!」


が、……意味がわからない。

.

152名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 20:34:15 ID:p/orKOsg0

ツンの言いたいこと自体はかろうじて分かったが、今度はその先輩らしき人が何を考えているのかわからない。
なんだ、その奇行。確かにそれが本当なら相当な変人だろうが、本当にそんなやついるのか?
そう思って他の奴らの様子を伺ってみたが、どいつもこいつも何も言わない。
……まさか、本当なのか?


(´ ω `)「…それ、間違いなく先輩だと思う。
      前に、キャンプしてたら学生課に怒られたって言ってたから……」

(;'A`)「……」

ξ;   )ξ「あ、本当にそうなんだ」

(;'A`)「とんでもねーヤツだな、その部長ってのは」


そう言葉を返すと、ショボンがいた辺りから大きなため息が聞こえた。
どうやらその先輩とやらは想像以上に、困った人物らしい。


(´ ω `)「きっちゃん先輩はさ、そういう人なんだ」


.

153名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 20:37:52 ID:p/orKOsg0


(´ ω `)「そんなきっちゃん先輩が部長になったらどうなるか……想像つくでしょ」


想像はつくが、深くは考えたくない。
少なくとも、まともに写真をとってないことだけは確かだろう。
全然知らない部ではあるが、空中分解してないことを祈るだけだ。


(;´ ω `)「も、もちろんちゃんと写真を撮ろうとして入部した人もいるんだよ。
      でも、残った部員は不真面目なやつがかなり多くて……」

('A`)「それで、部長に振り回される会か」

(´ ω `)「……うん」

(    )「おーん。なんかすごそうだお」


暗闇の向こうで、力ない笑い声が上がる。
ショボンの声か、それとも話を聞いている誰かのものなのか。闇の中では、はっきりとしなかった。


(´ ω `)「それでね……」


.

154名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 20:40:33 ID:p/orKOsg0
-----------------------------------
----------------------------
----------------------
--------------


部活だけど、活動自体は楽しかったよ。

とにかくきっちゃん先輩が、活動的でね。みんなで集まってはいろんなことをしてた。
夜の学校を探検したり、インチキ降霊術をしてみたり、お化けの被り物でよそのサークルの部室に突撃してみたりね。
古いビデオを引っ張り出してきて、昔の心霊番組や映画を見るなんてしょっちゅうだった。
学校のそばにある廃墟に潜り込んだ時は、ものすごく盛り上がったよ。

……なんていうか、ほぼオカルト研究会だよね。
今年、新入生が何人か入ったんだけど、みんなびっくりしてた。
逃げた新入生がいなかったのが、一種の奇跡だったね。


……話がそれてるね、ゴメン。
僕はもともと上の先輩たちが引退した後、人数合わせのために引っ張り込まれたんだ。
そういった経緯で入った部だけど、それでもきっちゃん先輩たちとバカをやるのは楽しかった。

だからなのか、思い返せば参加率はけっこうよかったような気がする。
結局の所、掛け持ちしている部の中でも元写真部にはかなり思い入れがあったんだね。

写真部とは名ばかりの変な部だったけど、僕以外の部員もみんな楽しくやっていたみたいだった。
まあ、中には先輩狙いのやつも何人かいたみたいだけど、モメることも特になかったよ。

.

155名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 20:42:12 ID:p/orKOsg0

それで、僕がこれからする話なんだけど。
全てのはじまりは、きっちゃん先輩の思いつきだったらしい。
試験もレポートも大体終わり、いざ夏休みというその日、先輩は突然言い出したそうだ。


イ从゚ ー゚ノi、「夏なんだから、合宿しよ!」

(-@∀@)「え?」


残念ながら僕はその場にいなかったんだけど、それはもう大騒ぎだったらしい。


<_プー゚)フ「いいじゃん! いつやるんだ?」

イ从゚Д゚ノi、「今」


.

156名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 20:44:28 ID:p/orKOsg0


从´ヮ`;从ト「わわ。え? えっ?」

(;@∀@)「よ、世の中にはいろいろと段取りというものがあってですな。
      というか、いくらなんでも無理でござる!!! ご慈悲を!
      そもそも、きっちゃん氏はどこへ行くつもりでありますか?」

イ从゚ ー゚ノi、「そんなの今から決めるに決まってるじゃん」

(;@∀@)「きっちゃん氏ぃ。ご乱心にも程があるであります。
      ちょっと、引きずらないで! きっちゃん、きっちゃん氏ぃぃぃ!!!」

从´ヮ`;从ト「きっちゃぁーん」


きっちゃん先輩が思いつきで行動するのはいつものことだ。だけど、いくらなんでも急すぎる。
そう思ったみんなは必死で先輩を説得した。
部員総出で「後日にやろう」と訴えた結果、その日は何とか事なきを得た……らしい。

.

157名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 20:46:36 ID:p/orKOsg0
-----------------------------------



――そして、それから数日後。



イ从゚ ー゚ノi、「ついにきたわ! エクスト、車っ!」

<_プー゚)フ「まかせろっ! 見ろよー、このピカピカな新車を!」


僕は学校に呼び出されていた。
ご丁寧にも、軍手や懐中電灯といった持ち物の指定付き。
一体、何をするつもりなんだろうと思った僕を出迎えたのは、元写真部のメンバーだった。


(*@∀@)「おお、ショボン氏。来ていただけましたか。
      拙者、感謝感激雨あられでござる!!!」


きっちゃん先輩こと狐娘木津子と、同じ学部のエクスト・プラスマン。
……そして、学部は違うけど学年は同じ、朝日アサピーがそこには来ていた。


.

158名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 20:48:25 ID:p/orKOsg0


(*@∀@)「今日の計画でありますが……」


――計画を担当した朝日によると、僕たちは日帰りで設楽場温泉に出かけることになっているらしかった。

合宿をするにはどうしても準備に時間がかかる。
でもそれじゃあ、待ちきれなくなった先輩が何を言い出すかわかったものじゃない。
大変なことになる前に、とりあえず遠出だけでもして、先輩の機嫌を取ろうということらしかった。


        (iii@∀@)】「ショボン氏っ! どうしても来てほしいであります!
              拙者1人で、きっちゃん氏とエクスト氏の相手は無理でござる! 無理でござるよぉぉ!!」


……それで僕が呼び出されたわけだった。
連絡をくれた朝日の必死な姿を思い出す。
集まったのが4人だけなのが残念だったけど、あの急な呼び出しでよく4人も集めたものだと僕は感心したよ。


.

159名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 20:50:14 ID:p/orKOsg0

-----------------------------------


僕たちの行き先は設楽場温泉ということだったけど、その目的は温泉じゃなかった。
……軍手や懐中電灯が持ち物にある時点で、なんとなく普通ではない気がしていたけどね。


イ从*゚ ー゚ノi、「オカ研と言ったら、やっぱオカルトっぽい所よ!」

(-@∀@)「いやいや、きっちゃん氏。写真部でござるよ」

<_プー゚)フ「オカルトって言ったら、心霊スポットか?
        やべー、呪いのトンネルとか通るのか? なぁ、なぁ?!」

(-@∀@)「……写真部」


普通の場所は嫌だという先輩と、朝日の間でいろいろとあったらしい。
僕は詳しく知らないけど、その結果、廃墟を探すということで話がまとまったらしい。

廃鉱山とか廃工場は、下調べに時間がかかる。
だけど、きっちゃん先輩が待ってくれるとは思えない。
朝日は手軽に行けそうな、ホテルやドライブインの廃墟を探してみることにしたそうだ。

.

160名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 20:52:23 ID:p/orKOsg0

廃墟の中でも、廃ホテルっていうのは定番だ。
ものの本によると廃墟っていうのは基本的には人のいたところにしかないらしい。
じゃあ、その廃ホテルがどこにあるかっていうと、それは主に町か観光地となる。
だけど、大きい街や人気がある土地だと、潰れたホテルはすぐに更地か、新しい建物になってしまう。

となると、目指すは寂れかけた観光地ってわけになるわけさ。


イ从*゚ ー゚ノi、「やっぱこれぞ青春って感じよね。廃墟っ、廃墟っ!」

(-@∀@)「きっちゃん氏、過度な期待は禁物ですぞ。
      拙者、全力を尽くす次第ではありますが、上手くいくとは限らないのが世の中でござる」

<_プー゚)フ「っていうか、温泉行こうぜ、おんせんー」

(´・ω・`)「……なんていうか、みんな元気だよね。朝から」


――それで、思いついたのが隣の県の設楽場温泉ってわけ。

温泉街ならきっと、寂れて廃墟になったホテルの一軒や二軒あるだろう。
それに、あのあたりは山だからね、道中にもめぼしいものがあるかもしれない。
もし何も見つからなかったとしても、最低でも温泉があるからね。
風呂にでも入っておけば、きっちゃん先輩やエクストをごまかせるだろうとなったわけさ。


イ从*゚ ー゚ノi、「お風呂セットも準備ばっちし!」

<_プ∀゚)フ「待ってろよ、温泉まんじゅう!!」

.

161名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 20:53:22 ID:p/orKOsg0


……ドクオ?

さっきからどうしたのさ。そんなにブツブツ呟いて……
え、温泉?
ああ、日帰り温泉くらいあるだろうって話。


.

162名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 20:55:20 ID:p/orKOsg0

-----------------------------------
----------------------------
----------------------
--------------


(    )「そういえば、設楽場温泉には、混浴で有名な旅館があるおね」


誰が言ったかわからんが、あまりにも素敵でミラクルな言葉が聞こえたような気がする。
こんよく? 混浴だとっ。


(#゚A゚)「なぁんだと!! けしからんっ、けしからんっ!!!」

(;´ ω `)「ど、どうしたの急に」


気づけば俺は、ショボンの声をさえぎって叫んでいた。


(#゚A゚)「年上のお姉さんと旅行で温泉とか羨ましすぎだろ!!」


.

163名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 20:57:38 ID:p/orKOsg0

百物語とか正直どうでもいい。今は、こいつをとっちめ――


(;-д- )「……祖父たちに聞こえるから、声を抑えてくれないか」

川  - )「ミルナもこう言っている。
     羨ましいのはよくわかったから、続きを聞くことにしよう」


――ようとした動きは、闇の向こうから聞こえてきた声に止められた。
蝋燭の明かりの中で、めったに表情を変えないミルナが困ったように眉を寄せるのが見えた。
もう一つ聞こえてきたのは、クーの声だろうか。


(;'A`)「あ、ああ。スマン」


……人の家でとんでもない失態を晒してしまった。
そう思うと、恥ずかしくて、今すぐにでもこの場から頭を抱えて逃げ出したくなる。
無意味に、ペットボトルからジュースを飲んでみたが気まずさは消えない。


(;´・ω・`)「……えっと、じゃあ続きを話すね」


そんな俺を気遣うように、ショボンは恐る恐る続きを話し始めた――。

.

164名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:00:00 ID:p/orKOsg0

-----------------------------------
----------------------------
----------------------
--------------


設楽場温泉についたのは、ちょうど昼くらいだった。
それで、軽く回ってみたんだけど、残念ながらそれっぽい廃墟は見当たらなかった。
設楽場温泉自体は確かにさびれているにはいたんだけど、それでも夏休みだからか観光客も多かった。


(-@∀@)「ちょっとメジャーすぎましたかねぇ」

<_プ∀゚)フ「うぉぉぉ、温泉卵食いてぇぇぇ!!!」

(´・ω・`)「あるの? 温泉卵」


それでもひと通り散策してみようってことになって、僕たちは温泉街を巡った。
大通りからはなるべく外れて、それらしき廃墟がないか見て回る。

.

165名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:02:17 ID:p/orKOsg0

イ从*゚ ー゚ノi、「ふふーん。地酒ゼリーだってー!」

(;@∀@)「きっちゃん氏ぃぃぃ。
      それ食べたら運転できないではござらぬかぁぁぁ!!!」

イ从*>~<ノi、「おいしぃぃ!!!」

<_プД゚)フ「きっちゃん部長ずりぃ、オレもオレも!」


途中で店をひやかしながら歩きまわったけど、なかなかいい建物は見つからなかった。
いい感じにボロい建物はいくつかあったんだけど、まだ現役だったり、人通りがそこそこあって入るのは無理そうだった。


(-@∀@)「不覚っ。場所の選択を完全に見誤ったでござる」

(´・ω・`)「まぁ、こればっかりは詳しく調べてみないとね」


もっとマイナーでブームも過ぎ去った観光地を探すんだった。
朝日が後悔していたけど、時すでに遅しさ。
正直、僕も廃墟が探索できると期待していたから、残念といえば残念だったかな。


.

166名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:04:16 ID:p/orKOsg0

イ从#゚ ー゚ノi、「ねー、どうしてさっきのとこ入らなかったの?」

(-@∀@)「無理でござる。向かいのおみやげ屋さんがスナイパーの目で見張っていたでござる。
      見つかったら、間違いなく公権力によるタイーホフラグ」

イ从#゚ 3゚ノi、「やだやだー」

<_プー゚)フ「なーなー、酒屋行ってもいいだろ? 地酒飲みたい地酒ー!!!」


辛抱できなくなった先輩と、あっちこっちにフラフラするエクストを丸め込みながら、僕らは進んだ。
とはいえ、このまま町を歩くのも不毛だから、方針を変えることにした。
それで僕らは当初の目的を果たすため、車で町外れを目指すことになった。
温泉街の中心部から離れれば、人目がなくて条件のいい廃墟が見つかるかもしれないからね。


イ从゚ワ゚ノi、「あっちの山のほう、なんか見えない?」

<_プー゚)フ「えー、ドレドレ? ドレよ」

(-@∀@)「……建物で、ござろうか?」


みんな行ったことあるかもしれないけど、設楽場温泉って山の中にあるんだよね。
だから、車でちょこっといくだけですぐに山だ。
人気のない山の中にきっちゃん先輩は、建物らしき影を見つけた。

……コンクリートの建物だろうか。
山の中に団地や会社があるとは思えないから、おそらくはホテルか、工場の一部。
温泉地からは結構遠い場所にあるから、ひょっとしたらひょっとするかもしれない。

目的のものも見つからず、迷走していた僕らは迷うこと無く山への道に入った。

.

167名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:06:58 ID:p/orKOsg0

-----------------------------------


山道も最初のうちは順調だった。
だけど、どんどん道が細くなっていく。
コンクリートの建物の方にハンドルを切ったせいか、途中でカーナビに道が表示されなくなってしまった。
今思えば、ここで引き返せばよかったけどね。
それでも、もったいないからと道を無理に走ったのが悪かったらしい。


(;@∀@)「む。う、ハンドルが」

(;´・ω・`)「大丈夫、朝日?」


……気づけばUターンもできない細い一本道を、僕らは走っていた。


(ii@∀@)「きっちゃん氏。この道はもう無理でござる!!」

<_;フ-)フ


.

168名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:08:57 ID:p/orKOsg0

イ从゚ ー゚ノi、「しかたないわねー。引き返すことを許可する!」

(;´・ω・`)「引き返すのはいいけど、これUターンできるの?」

イ从*゚ ー゚ノi、「じゃあ、バックで引き返したら?」

(;´・ω・`)「そんなことしたら谷底に向かって真っ逆さまだよ」


このままじゃ立ち往生するぞと思っても、道が狭すぎて引き返すこともできない。
道はどんどん悪くなり、そうこうしているうちに舗装がなくなり、砂利道に入った。
これはヤバイと思ったけど、どうしようもない。最終的に車は、草だか道なんだかよくわからないところを走るハメになっていた。


<_;フ-)フ「むり」


あまりの道の酷さに、エクストが途中でゲロゲロと吐き出した。
それにつられて、僕も朝日がもらいゲロしそうになってさ大変だったよ。


<_;フー)フ「死ぬ」

(;@∀@)「エクスト氏ぃぃぃぃ」

(;´・ω・`)「袋っ! 吐くなら袋っ!! 先輩っ、そっちの窓開けて!!」

.

169名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:10:23 ID:p/orKOsg0


え? 先輩?


イ从゚ぺノi、「どれだけ軟弱なのよ、もー」


先輩は平然としてたよ。
なんかもう、「ちょっと男子~、クサイからやめてよね~」とかそんな感じだった。
……僕は乗り物には強い方だと思ってたから、あの先輩を見た時は軽くショックだったよ。

.

170名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:12:49 ID:p/orKOsg0

……それから、どのくらい車を走らせたかな。
エクストのヤツが半泣きから本気で泣き出したところで、きっちゃん先輩が窓へとピタリと張り付いた。


イ从゚ ー゚ノi、「あ」


先輩は食い入るように、外を見つめている。
一体どうしたんだろうと思った所で、先輩は「家だ」と叫んだ。


(´・ω・`)「……今、何て」

イ从*゚ワ゚ノi、「家だぁぁぁっっ!!」


目に痛いほどの緑の中、木とは違う色が見えた。
なんだろうと目を凝らしてみて、僕もようやく気づいた。

家がある。
それも、一軒だけじゃない。
立ち並ぶ木のカーテンの向こうに、家が立ち並んでいるのが見えた。

.

171名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:13:50 ID:p/orKOsg0

-----------------------------------
----------------------------
----------------------
--------------



(´・ω・`)「――そう、」





(´・ω・`)「僕らは、村を見つけたんだ」


.

172名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:15:58 ID:p/orKOsg0
-----------------------------------
----------------------------
----------------------
--------------


ひどい山道を通って、たどり着いたのは村だった。
村とは言ったけど、実際はそれほど大したものじゃない。小さな集落と言った方がいいかもしれないシロモノだった。
それでも、僕らはなんとか人のいそうな場所に着いたんだ。


(´・ω・`)「建物だ」

(*@∀@)「本当でござるか? これは僥倖!!」


見える家の数はそう多くない。
それでも休憩ができるかもしれないと、車を走らせる。すると、道端に花が供えられたお地蔵さんが見えた。
どうやら道はそこで終わりみたいで、そこから先は急に道幅が狭くなり、車じゃ入れない細さになっていた。


(´・ω・`)「行き止まり……みたいだね」

<_フ;ー;)フ「外にだして……死ぬ……」

イ从゚Д゚ノi、「もー、気合が足りないからよー」


僕は窓から周りを見回した。
路肩を使えばなんとか車の切り返しもできそうだ。

.

173名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:18:36 ID:p/orKOsg0

一時はどうなることかと思ったが、最悪でもこれで引き返すことができる。
山道から解放され、僕はようやくほっとした気持ちになっていた。


(-@∀@)「うーむ、ここはどこでござろう。
      ナビは完全に死んでるし、地図はどうであります?」

(´・ω・`)「うーん、さっぱりだね。
      それらしき道がそもそも見当たらないし」

イ从゚ぺノi、「そんなの人に聞けばいいじゃん」


そう言って、まずきっちゃん先輩が外に飛び出した。
それから、エクストが体をフラフラさせながら車から出た。


<_フ;ー;)フ「外だァァァァァ!!」


朝日と相談した結果、僕たちは休憩がてら、人を捕まえて道を聞くことになった。
朝日はしばらく渋っていたけど、最後には納得してくれたよ。
ここがどの辺りかもわからないし、あのひどい道をもう一度通るのはできれば避けたかったからね。
道に迷った辺りから廃墟探索は完全に諦めていたから、その時の僕らは設楽場温泉に帰るつもりだった。

.

174名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:20:37 ID:p/orKOsg0


(´・ω・`)「帰り道が見つけるといいんだけど」

(-@∀@)「まあ、こればっかりは運を天に任せるしか無いでありますな」


で、先に行った先輩たちを追って歩き出したわけだけど。
その村には、本当に人がいなかった。

田舎に行ったことがある人ならわかるだろうけどさ、昼間って意外と人がいないもんだよね。
大体は、昼食後の昼寝とか、仕事とか、畑や山を見に行ってるとかなんだろうけど。
だけど、それを差し引いても、あまりにも人がいないんだ。
そもそも人の気配がしないんだと、僕はしばらく歩いてから気づいた。


(´・ω・`)「誰もいない」


――どうしてだろうと、思った時にふとその理由がわかった。

どこの家も、窓が開いてないんだよね。
設楽場温泉のある山はとても涼しい。だけど、どこの家の窓も開いてないなんて流石に不自然だ。
それから妙に草が多いのも気になった。不自然にぽかりと開いた土地には、茂った雑草が藪と化している。


(´・ω・`)「……庭にしては不自然なような気が」

(-@∀@)「畑か田んぼでしょうな。手入れをしなくなって相当たってる感が」

.

175名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:23:23 ID:p/orKOsg0

ひょっとしたら、ここには誰も人がいないんじゃないかという不安は最初からあった。
僕らの入ってきたあの道じゃ、いくら車でもあまり通る気になれない。
それにこの荒れよう。人が住んでるなら、もう少し手入れをするもんじゃないだろうか。


<_フ;∀;)フ「空気ウマイ! すずしい! ガタガタクネクネしない!!」


先を行くエクストが、草をかきわけて建物へと近づいていたのに気づく。
……だけど、途中でエクストは首をひねりながら別の家へ向かって走りだした。
どうしてだろう?と、エクストが最初に向かった家を眺めてみれば、玄関や勝手口らしき場所に雑草が生い茂っている。
そして、玄関の戸は、はめ込まれたガラスが割れていた。

なるほど、空き家だったのか。僕はそう思ったよ。


イ从#゚ ー゚ノi、「エクストー、先に行かないでよ!」

<_プー゚)フ「へへーん。最初はハズレだったが、一番乗りはオレサマだっ!」


エクストの後を、きっちゃん先輩が走りながら追いかけていく。
僕と朝日はため息を付きながら、二人の後をついて行った。


(-@∀@)「……これはひょっとしたらひょっとするかもですな」

(´・ω・`)「だね」


ひょっとしたら、僕たちは大変なものを発見してしまったのかもしれない。
これまで見かけた家。――いや、それだけじゃない。
この辺りにある家は全て空き家なのかもしれないという可能性が、頭をよぎる。
そうであるならば、僕たちがいるこの場所は……。

.

176名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:24:15 ID:p/orKOsg0

-----------------------------------


僕たちはざっとその村を一周りした。

落ちている木の枝を踏み越え、雑草をかき分け、なんとか進めるところを進む。
荒れていたのは、最初に見かけた家や畑だけじゃなかった。
改めて見て回ると家は何軒もあるのに、その周りの道や畑は何年もの間放置されていたとしか思えないほど荒れていた。

その頃には僕は。いや、僕たちはここが廃村だと確信していた。


<_フ; ー )フ「疲れた、もうムリ」

イ从;-Д-ノi、「誰もいないー。つまんないー」


どこにも人の姿はなかった。
人の姿どころか手入れをされている気配すらない。
ここまで来ると、なんで建物があるのかさえ謎だ。


(-@∀@)「これはすごいですな」


朝日がカメラのシャッターを切りながらゆっくりと進む。
一枚、二枚……それだけじゃ物足りないのか、デジカメを取り出して撮影を始める。
僕は遅れがちな朝日に付き添いながら、辺りを見回して息をついた。

.

177名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:26:21 ID:p/orKOsg0

360度どこを見てもあるのは木の緑と、幹の茶色。
山をうめつくすように茂る緑は、目に痛いくらいに鮮やかだ。
緑の隙間を通るようにして見える家や、小屋らしき建物は沈黙し続けている。

人の声も、鳥の声さえもしなかった。
聞こえるのは、どこか遠くから聞こえてくるカナカナという蝉の声だけ。


(-@∀@)「ショボン氏。あちらをみてください」

(´・ω・`)「え?」


不意に声をかけられて、僕は現実へと引き戻された。
朝日がカメラを掲げながら、ある一点を指さしている。


(-@∀@)「あそこの。木の合間……あっちに、他とはすこし違う色が見えるでしょう。
      崩れてかけて危なっかしいこと限りないが、ありゃぁ、きっと石段か何かでござろう」

(´・ω・`)「石段? 何で?」

(-@∀@)「立地的に……寺か、神社か。
      きっちゃん氏に声をかけてみましょう。きっと面白いものが見えるでござるよ、旦那」


止める暇もなかった。
甲高い笑い声を上げながら、朝日は階段へと足を向ける。
旧式のカメラと、最新式のデジカメ。一人だけ大量の荷物を持ちながらも、朝日の足は軽やかだ。


(-@∀@)「この村が本当に生きているのか、それとも死んでいるのか。
      きっと、ここを登ればわかるはずでござる」

.

178名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:28:22 ID:p/orKOsg0
-----------------------------------


イ从*゚ ー゚ノi、「なっ、にっ、がっ、あーるーかーなーっ」

(´・ω・`)「朝日の話だと、寺か神社って話だけど」


僕は先輩たちに慌てて声をかけると、朝日の後を追いかけはじめた。
朝日は一足先に階段を登り始めていたから、それを追いかけるのは大変だった。
きっちゃん先輩はまだ乗り気だったけど、エクストは階段を見た途端に嫌そうな顔をした。
嫌がるエクストの背を僕ときっちゃん先輩が無理やり押し、僕らは石段を登った。


<_;フー )フ「……っ」


石段は思ったよりも長くって、段差がキツかった。
それでも普通に階段があるところはまだよかったけど、崩れている場所はもう大変だった。
むき出しの地面をよじ登り、何かの拍子に階段が崩れないか心配しながら僕らは進んだ。


(*@∀@)「みんなも来てくれたでありますか」

(;´・ω・`)「行かなきゃよかったって、後悔しているところだよ……エクストが」

<_;フー )フ「……ムリぃ」


朝日と合流し、石段を登る。
「もうカンベンしてくれ」と泣きつくエクストを引きずって、僕らは頂上へとたどり着いた。

.

179名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:31:20 ID:p/orKOsg0

イ从* >∀<ノi、「とーちゃぁぁぁぁく!!!」


――その先に広がっていたのは、完全に潰れた建物だった。
屋根は落ち、柱や壁に至っては原形すらとどめていない。

そこにあったのは、どうやら神社だったらしい。
階段を登ってすぐのところにある、倒れた鳥居がかろうじてその名残を残していた。


(-@∀@)「まあ、こうなりますか」

イ从;゚ ー゚ノi、「うわー、なにこれ腐ってるぅぅ」

(*@∀@)「いやいや、きっちゃん氏。これは上等な方でござるよ」


カメラを取り出して撮影しながら、朝日は笑った。
社殿だったと思われる建物は、どこも無事なところがない。
賽銭箱に入っていたものらしい、錆びた小銭がいくつか、地面に転がっているのが見えた。


<_;フー )フ「なんも、ねーのかよ」

イ从゚ぺノi、「もー、なさけないなぁ。運動しなさいよね、運動」


ゼイゼイと息をあげたエクストは、その場にぺたりと座り込んで動かなくなった。
とりあえず、エクストはきっちゃん先輩に任せて、僕は朝日を引き連れて辺りを見物することにした。

.

180名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:32:19 ID:p/orKOsg0


(´・ω・`)「見事にボロボロだね。誰もいないのかな」

(-@∀@)「その可能性が高いでござるな。
      ……しかれども、まったく手入れがされていないわけではなさそうですぞ」


朝日に言われてみると、確かに神社のあたりはそれほど荒れてはいなかった。
原形を留めてない本殿のひどさに気を取られていたけど、よくみればゴミを集めたり、木の手入れをした跡がある。
それでも落ちた枝葉が散らばっているが、他に比べるとまだ少しは整えられていた。


(-@∀@)「あちら側になにかありそうですな。
      他に比べて、足元も整備されているみたいでござる」

(´・ω・`)「あっち?」


朝日の言う方角には、社殿の脇を抜けて更に奥に続く道があった。
木々の間を抜ける道は、人が何度も通ったのか足元がしっかりと固められていた。


(-@∀@)「きっちゃん先輩ではないが、ワクワクするでござるな」

(;´・ω・`)「え、二人で行くの?」

(*@∀@)「エクスト氏が動けない今、拙者たちが動かなくてどうするでござる。
      きっちゃん氏が帰るぞと言い出さないうちに、行くであります!」

.

181名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:35:53 ID:p/orKOsg0

途中でなくなるのではと恐れたが、道はちゃんと奥の小さな広場まで続いていた。
思いの外整えられたそこにあったのは、小さな祠だった。

社殿とは違って、祠は意外なほどしっかりしていた。
屋根もちゃんと付いているし、古びてはいるけれどもどこも壊れていない。
そして、その前にはいつのものかわからない酒瓶と、造花らしい花が飾られていた。


(´・ω・`)「ほこら、かな。花……か。いつ供えたんだろう」

(-@∀@)「生花ならともかく造花じゃ、わからんでござるな
      それほど汚れてないから古くはないと思うのでありますが……」


パシャリと、朝日がカメラのシャッターを切る。
朝日が黙りこんでしまえばもう、辺りは蝉の声とカメラの立てる音しかしない。


(-@∀@)「でもまあ、ここには今でもちゃんと人の手が入っているようですな。
       他の建物と違って寺社仏閣と墓場は、人がいなくなっても手入れすることが多い所でござるから」


朝日の言葉を聞きながら、僕は少し驚いた。
この誰もいないような村でも、神社の手入れをするような人がいる。
……その人は、何を思って誰もいない寂しい村でゴミを拾い、花を供えたのだろう。


(´・ω・`)「わからない、か」


カナカナとセミは鳴く。
僕は祈るわけでなく――ただ、ぼんやりとそこに立っていた。

.

182名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:36:41 ID:p/orKOsg0

-----------------------------------


イ从゚ ー゚ノi、「よしっ、どこかの家に入ろう」


戻ってきた僕らを迎えたのは、きっちゃん先輩のそんな一言だった。
朝日と行った祠の話はしたのだけれども、どうやらきっちゃん先輩のお気に召さなかったらしい。


(;´・ω・`)「はい?」

イ从゚ ー゚ノi、「みんな、ここがどこだと思う? 廃墟よ、廃墟っ!!
       廃墟ときたら探索でしょーが。これオカルト研究会の鉄則!」

(;@∀@)「オカルト研究会じゃなくて、写真部ですぞ……」


きっちゃん先輩は腕を振るうと、探索するべきだと熱弁をふるい出した。朝日や僕の声はもちろん無視している。
いろいろ言っていたけど、そのほとんどが散歩と山登りは飽きたという内容だった。
しばらくその場で、ごちゃごちゃ話していたけど、先輩の暴走は止まらない。


ミoイ从*>ー<ノi、o彡「せっかくそれっぽい建物いっぱいあるんだから入りたいー」

(;´・ω・`)「……先輩、かわいこぶってもダメです」

イ从゚ 3゚ノi、「ケチー」

<_プ3゚)フ「ズルイぞー、しょぼくれー」

.

183名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:38:25 ID:p/orKOsg0

僕や朝日は説得したけど、きっちゃん先輩は主張を曲げなかった。
それどころか、体力が回復したエクストまできっちゃん先輩の主張にノッてきたからもう手に負えない。
先輩は元々、言い出したら聞かない人だ。だから、こんな状態になったら説得も効果がない。


イ从*゚ ー゚ノi、「ふっふーん。わかればいいのよ。わかれば」


僕たちは結局、先輩の言葉に従うことになった。
村の建物を探索するという一大イベントに先輩の顔はとたんに生き生きとしはじめる。


イ从 ゚∀゚ノi、「こういう怪しげな村には、謎のクリーチャーが出るのが鉄則なのよ!
       屍人とか、ゾンビとか、幽霊とか。んー、ワクワクするっ!!」

<_プ∀゚)フ「よっしゃ、ゾンビっ!
        ゲームで鍛えたオレサマの腕前、見せてやるぜ!」

(;´・ω・`)「は、はは。いるといいね、クリーチャー」

(-@∀@)「いや、クリーチャーはいないでござろう」

イ从゚ ー゚ノi、「じゃあ、行くわよ!」


きっちゃん先輩とエクストはごきげんな調子で進んでいく。
僕と朝日はため息をつきながらそれを追いかけた――。

.

184名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:40:38 ID:p/orKOsg0

-----------------------------------
----------------------------
----------------------
--------------



( ゚д゚ )「それは、犯罪ではないのか?」


ショボンの話を遮って言ったのは、珍しいことにミルナだった。
不法侵入だと言いたいのだろうか。
真面目で堅物なミルナはどうやら、他人の家に上がり込むことが気になったみたいだ。


('A`)「……これまで散々、廃墟の話をしておいて今更じゃないか」

( ゚д゚ )「そうだが。人がいないと言っても、家なのだろう? 勝手に入るのはよくない」

(    )「細かいこと気にするやつだな、お前」


言われてみればそうかもしれないが、そこで話を止められても困る。
そんなこと言い出したら、最初に言ってた廃墟に行った話とか、肝試し全般がアウトになってしまう。
おいおい、どうするんだよと俺は言いかけて、

.

185名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:43:23 ID:p/orKOsg0


(;´ ω `)「そうだね。やっぱりそうなるよね。僕は止めたんだけど……」


ショボンがいつもの語尾が消えかける弱々しい口調で呟いた。
何度か口ごもりながらショボンは言いかけて、その言葉を途中で切ってしまった。


(´ ω `)「……そうだね。
       きっちゃん先輩やエクストばっかりに責任を押し付けるってのも、卑怯だよね」

(    )「ショボン……」


暗闇の中、暗く光る瞳が見えたような気がした。
ショボンは相変わらずの弱々しい口調で、それでもはっきりと本当のことを口にした。


(´ ω `)「ミルナの言うとおり、本当は犯罪だよね。
      だけどさ、僕たちはどうしても好奇心を抑えきれなかったんだ」

.

186名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:44:49 ID:p/orKOsg0

-----------------------------------
----------------------------
----------------------
--------------


……念願の廃墟を見つけて、僕のテンションはかなり上がっていた。


廃村なんて滅多に見れるものじゃない。
それも有名どころじゃない場所となれば、余計にそうだ。
これを逃したら、いつ行けるかわからない。
それに、人の住まなくなった家は長持ちしないからいつ倒壊するかわからないしね。
有名ドコロの廃墟みたいに解体される恐れだってあった。

だから、僕たちはこのチャンスを逃すつもりはなかった。


さっきは止めたって言ったけど。
本当のことを言うと、その時の僕はかなり積極的だった。
まあ……ね。

うん、わかってるよ。
廃墟探索っていうのはさ、元々そういう趣味なんだ。
廃墟関係のHPや本を見れば、そういう警告はいくらでもしてある。
でもさ、僕たちは元々廃墟を探しに来てたんだ。
それっぽい物件があるというのならば、多少の危険を犯しても見たくなるのは当然だよね。


そういうわけだったから、僕らは喜んで廃屋探索へと向かったんだ。

.

187名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:46:46 ID:p/orKOsg0

-----------------------------------


神社の階段を下ると、先輩とエクストは真っ先に手近な家へと向かった。
エクストなんかは、神社で倒れかけていたのとは別人みたいな動きだった。
きっちゃん先輩とエクストは、家の前で立ち止まると僕と朝日を呼んだ。


<_プー゚)フ「しょぼくれー、あさぴー来いよ! すげーぜ!!!」

イ从゚ ー゚ノi、「こっちからだと中、見えるよ!」


そこにあった家は、何ていうかもう家じゃなかった。
遠くから見た時はまだまともな建物に見えたけど、近づいてみるとその家には壁がなかった。
正確には、先輩が指さしている一面にあたる壁が外れて、野ざらしになっていた。

板張りの小屋ってあるだろ?
木の板だけを打ち付けて作ったような、古いやつ。
そういうのって、古くなると釘が外れたりして木が外れちゃうんだ。あの家もちょうどそんな感じだった。


イ从゚ ー゚ノi、「見てよ、すっごいボロボロ!」

(;@∀@)「あー、きっちゃん氏。それ以上入ると危ないですぞ」

イ从゚ 3゚ノi、「え~~」

.

188名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:49:17 ID:p/orKOsg0


<_フ*^∀^)フ

(´・ω・`)「エクストもダメだからね」

<_フ;゚ー゚)フ「そ、そそ、そんなこと思ってねーし!!」


中に入り込もうとする先輩たちを止めながら、最初にカメラを構えた朝日が。
それから少し遅れて僕が、崩れ落ちた家の中をのぞき込んだ。


――長年放置されていたということは、ひと目でわかった。


最初に目についたのは、建物の中を斜めに走るいくつもの板だった。
これは何だろうと考えた後に、天井の板が外れかかっているのだと気づく。

.

189名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:50:51 ID:p/orKOsg0


イ从゚ ー゚ノi、「アタシも入るぅぅー!!」

<_;フ>∀<)フ「いーれーろぉぉぉ!!!」


(#´・ω・`)「ダメだって!!」


建物は大きく歪み、奥の方の天井は完全に落ちてしまっている。
目を凝らしてみれば、床があったと思われる部分は地面がむき出しになっていて、草が生えていた。
タンスや戸棚みたいなものも見えたけど、上から落ちかかってる天井の板や、草に隠れてよく見えなかった。


(-@∀@)「素晴らしいですが、こりゃあいつ崩れてもおかしくないですな」

<_;プー゚)フ「マジ?」


考えるまでもなく、危険だった。
このまま入り込んだら、あの神社みたいにいつ天井が崩れるかわかったもんじゃない。
名残惜しかったけど、この家は危険だし、村には他にも家がある。
朝日が写真を撮り終わるのを待ってから、僕らは別の民家へと向かった。

.

190名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:52:22 ID:p/orKOsg0

-----------------------------------


次に向かったのは、そのすぐ近くにある民家だった。
例によって家の周りは草だらけで、窓は締め切られ、人の気配はどこにもなかった。


イ从゚ ー゚ノi、「入っていい? 入っていい?」

(-@∀@)「そうでござるな……」


家を見上げ、朝日は考えこんでいた。
入っていいものか、入るならどこから入るのか悩んでいるんだろう。
僕は入れそうな入り口がないか歩こうとして、エクストの声を聞いた。


<_プー゚)フ「こっち! こっち! 鍵かかってねーぜ!!!」

(´・ω・`)「!?」


気づくと、エクストが拾った木の枝を振り回しながら家の角の方に立っていた。
エクストのいる方に向かうと、勝手口らしき場所に木の枝を向ける。
そちらに駆け寄って見てみれば、エクストの指す扉は中の様子が見えるくらい開いていた。


(´・ω・`)「誰も、いない……?」

<_プー゚)フ「だろー。スゴイだろ!」


.

191名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:54:30 ID:p/orKOsg0

覗いてみた室内は暗く、奥のほうははっきりと見えない。
しかし、玄関にはホコリや木の葉が降り積もっていて、長年誰も使っていないのはすぐにわかった。


イ从゚∀゚ノi、「よくやった、エクスト!」

<_プ∀゚)フ「やったぜ、きっちゃん部長っ!」

イ从> ー<ノi、「開けるぞドーンっ!!!」


これなら中が、探索できるかもしれない。
そう思いだした瞬間、きっちゃん先輩がエクストに突進して扉に手をかけた。
止めるよりもはるかに先輩の動きは早かった。
途中で何かにひっかかったのだろう、先輩は何度か押したり引いたりしていたが、すぐに扉は開いた。


イ从#゚ ー゚ノi、「アタシにかかればざっと、こんなもんよ!」

<_プー゚)フ「きっちゃん部長すげぇぇ!!!」


イ从゚∀゚ノi、「野郎ども探検よ!!!」

(;@∀@)「あ、足元にはくれぐれも気をつけるでござるよ」


呆然とする僕の横で、朝日が鞄から懐中電灯を差し出した。
きっちゃん先輩はそれを受け取ると、家の中へと踏み込んでいった。

.

192名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:56:15 ID:p/orKOsg0

-----------------------------------


中に入ってみると、ホコリとカビの入り混じったような匂いが鼻についた。
空気はよどみ、肌にべたりと絡みついてくるみたいだった。


<_プー゚)フ「ボロボロだな」

(-@∀@)「いやいや、かなりよい方かと」


それでも、家の中は、朝日の言うとおりかなりいい状態だった。
……まあ、所詮は廃墟だからね。人が住んでいる家とはそりゃあ違うよ。
天井には黒いカビのような物が生えていたし、床には得体のしれない赤黒いシミがポツポツとあった。
だけど、床も気をつけて歩けばしっかりしていたし、さっきの家と違って天井もまだ持ちそうだった。


(;@∀@)「エクスト氏。そこ腐ってるから気をつけて」

<_;プー゚)フ「うぉっ、マジ?!」


.

193名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 21:59:31 ID:p/orKOsg0

懐中電灯の光を向けながら、土足で進んでいく。
昼間でも床が腐っていたり、釘やガラスが飛び出していることがあるから、素足というわけにはいかない。
慎重に足元を探りながら進んだ先で、きっちゃん先輩に声をかけられた。


イ从゚ ー゚ノi、「ショボンー、エクストー、こっちこっち!」

(;´・ω・`)「先輩、危ないから一人で進まないで」


先輩の声につられて言ってみると、そこには初めて見る光景が広がっていた。
一言で言うと――そこは宝の山だった。
民家だったらしいその建物には、ひと通りの家具がそろっていた。

台所らしき場所には割れた茶碗や、ホコリをふけばまだ使えそうなお椀が転がっていた。
足元に転がった木箱が邪魔であまり踏み込めなかったけど、転がっていた空き缶の表示は見たこともない古いものだった。
懐中電灯の光を向けてみた先には、色の剥げかけた仏壇が残っていた。
それだけでも驚いたけど、その中に位牌を見つけた時はさすがにぞっとしたね。

……そうだ。今日は持ってないけど、家や部室にはその時の写真がたくさんあるから今度見せるよ。
本当にすごかったんだから。


イ从゚ ー゚ノi、「すごいわね、これ」

(-@∀@)「拙者も、ここまで残留物の多い廃墟は初めてでござる」

.

194名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:01:55 ID:p/orKOsg0


(*´・ω・`)「いいね、いいね!
      こんなに物があるなんて珍しいんじゃないの!?」

(*@∀@)「ああ、この打ち捨てられた感じがなんとも物悲しくてキュンと」

(*´>ω<`)「キュンとかwww」

イ从*゚ ー゚ノi、「何それ」


特に、居間らしい部屋はすごかった。
ところどころ腐った畳の上に、ちゃぶ台がしっかりとした状態で置かれている。
壊れかけたタンスの中には、使われていたらしい服がそのまま残っていた。


<_フ*^∀^)フ「なーな―これ見ろよ!」


<_フ*^∀^)フ「ぱんつ!」

(-@∀@)「……どうしました、プラズマンくん」

(´・ω・`)「正気にかえりなよ、エクスト・プラズマン」

<_フ;゚Д゚)フ「お前ら、何で急に冷静になっちゃってるの?
         呼び方違うし、キモっ!!!」

.

195名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:04:44 ID:p/orKOsg0

イ从゚ ー゚ノi、b「ナイスぱんつ!」

<_ブ∀T)フ「うぉー、きっちゃん部長!! オレっち一生ついていきます!」

イ从*゚ ー゚ノi、「ふっふ。よきにはからっちゃいなさい!」


探索は楽しかった。
この村で初めて入る建物だったし、遺留品の多い廃墟に入るのも初めてだったからね。
懐中電灯を向けた先に、錆びついた時計があった時は、息が止まるほど興奮した。
朝日なんかは興奮して、カメラのフィルムを1本使いきっていたよ。
僕もカメラは朝日に任せるつもりだったけど、気づけばかなりの写真をとっていた。


<_プー゚)フ「なーな、これ昔のカネだろ? 記念に持って帰ろうぜ!」


ただ、エクストが戸棚の中から現金を見つけた時は流石に真っ青になったね。
いくらここが人のいない廃墟だからって、やっていいことと悪いことはある。
廃墟に入り込んでいる身で言えることじゃないけど、それでも最低限の礼儀っていうものがあるからね。


(;´゚ω゚`)「それだけはやめて!」

(iii@∀@)「エクスト氏ぃぃ!!! それはいくらなんでも犯罪でござるぅぅ!!
       そんなんじゃ、いつか本当にお縄につきますぞ」

<_フ^ー^)フ「ダイジョーブだって、誰も見てねーし!」


.

196名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:05:35 ID:p/orKOsg0


(iii´゚ω゚`)「窃盗はやばい! だめだよ、絶対!」

<_プ 3゚)フ「お前らケチだなー。ねー、きっちゃん部長」

イ从゚ ー゚ノi、「泥棒はないわー」

<_;プー゚)フ「え、部長?! あ、なんかゴメン」


これ以上ここにいたら、またエクストがまた何かを持ち帰ると言い出しかねない。
そう思った僕らは、エクストを引き連れてさっさと家からでることにした。

……ようやく外に出た時には、日の光の眩しさと木の緑で、別の世界にいるみたいだった。


イ从゚ ー゚ノi、「あー、空気がウマイっ。クリーチャーはいなかったけど、なかなか楽しかったね」

(´・ω・`)「……それにしても、何でお金が」

(-@∀@)「引っ越すなら普通、置いたままにはしていきませぬな」

<_プー゚)フ「えー、忘れたんじゃね?
        うちのグランマやママンは、よくヘソクリなくしたって言ってるぜ」


少し気になることはあったけど、家の探索は十分すぎるほどに満足できるものだった。
山独特の涼しい空気に身を任せながら、僕は大きく息をついた。

.

197名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:07:22 ID:p/orKOsg0
-----------------------------------


しばらく休憩してから、僕らは別の家を探索した。

ツタに絡まれたその家は、外観こそ荒れていたけれど、中の状態はとてもよかった。
家には前に住んでいた住人が残したらしい家具や、道具がそのままになっていた。
ホコリや建物の傷みにさえ目をつぶってしまえば、今でも誰かが住んでいるといっても信じてしまいそうだったよ。


<_プ∀゚)フ「水筒見つけたー!!」

イ从゚Д゚ノi、「お茶碗ビームをくらぇぇぇぇ!!!」

(#@∀@)「人の家の物で遊ぶとは何たる狼藉! 流石の拙者もプンプンですぞ!」

(;´・ω・`)「……楽しそうだね、みんな」


前の家と同じく、この家もいわゆるアタリ物件だった。
保存状態がよくて、残留物がここまで残っている廃墟なんて珍しいのに、それが二軒連続。
最初に覗いた家だって、しっかり中が見えたのだからアタリと言えなくもない。

.

198名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:09:22 ID:p/orKOsg0


――今日はついてる。


そう信じこむ程度には、僕たちのテンションは上がっていた。
この機会を逃したら、こんないい廃村なんて見ることはできない。
できることならずっと、この廃村を回っていたかった。


(-@∀@)「ふむ。そろそろ3時を回りますな」


……とはいえ、時間もそろそろ遅いし、こんなところで日没を迎えるのはマズイ。
僕たちは相談した末、最後にもう一軒だけ探索して帰ろうと決めた。


.

199名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:11:19 ID:p/orKOsg0


――え、夜のほうが探検にはいいんじゃないかって?


ダメだよ。


廃墟ってのは昼間でも、足元や周りの様子が見えづらいんだ。
そんな場所を視界の悪くなる夜に探索するなんて、それこそ自殺行為だ。

考えてみなよ。あの廃村で、崩れてきた天井に押し潰されたとするよ。
そうなったら、あの道の悪さじゃ、救急車どころか救助の人だって来られないんだから。
大怪我ですめばいいけど、ヘタしたら命を落とすことにもなるかもね。

だから、夜の探索はダメなんだ。


.

200名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:13:33 ID:p/orKOsg0

-----------------------------------
----------------------------
----------------------
--------------



('A`)「……なんというか、正直スマンカッタ」


軽く聞いた言葉に、真剣に答えを返されて俺は黙り込んだ。
ショボンのやつ、廃墟にはそれほど興味ないって顔をしておきながら結構、詳しい。
オカ研の件と言い、百物語にわりとノリ気で参加してきたことといい、大人しいくせにこういうことが好きなのかもしれない。

……目の前の相手の顔が見えない程度で、ビビっている俺とは大違いだ。


(*´ ω `)「本当は、エラそうなこと言えないんだけどね。僕も夜の廃墟で肝試しやったことあるし」

( ゚д゚ )「やったのか」

ξ;  )ξ「アンタって意外と度胸あるわね」


.

201名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:15:22 ID:p/orKOsg0


ツンの声にショボンは、「そんなことないんだけどなぁ」と返した。
暗闇の一角が動いているような気がするのは、きっと首でもひねっているのだろう。
ショボンのやつ。この感じだと、こういう感じのスポットには何度も行ってるんだろうな。
……この後のこいつの話が怖い。


(;´ ω `)「……ああ、そうだ。
      ドクオじゃないけど、「夜に探検したら」っていうのは、エクストやきっちゃん先輩も言ってたよ。
      もちろん。僕と朝日が全力で止めたけど、正直笑えない……」


ハハハと乾いた笑い声を上げたショボンが、言葉を切る。
しばらく飲み物を飲むような音が響いた後、ショボンは再び声を上げた。


(´ ω `)「じゃあ、続きと行こうか。
      ――エクストときっちゃん先輩を説得した僕らは、最後の家へと向かった」


.

202名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:17:59 ID:p/orKOsg0

-----------------------------------
----------------------------
----------------------
--------------



僕たちが最後の探索場所に選んだのは、集落のなかでも特に立派な家だった。
家というよりは屋敷かな。
村長か何か。きっと、村でも有力者の家だったんだろうね。
家のすぐ脇には倉があって、いかにも金持ちの家って感じだった。


イ从゚ぺノi、「これで最後とかつまらないー」

<_プ∀゚)フ「そーだそーだ、もっと回ろうぜぃ!」

(-@∀@)「エクスト氏はあのひどい道を夜間運転する自信がおありで?
      揺れますぞ、危ないですぞ、気持ち悪くなりますぞ」

<_フ;゚ー゚)フ「あれれー、オレ早く帰って温泉に行きたくなって」

イ从#゚ ー゚ノi、「この裏切りものー!!!」


きっちゃん先輩は最後まで納得してなかったみたいだけど、それでも最後には折れてくれた。
朝日の説得がきいたのか、それとも単に飽きたのかはわからないけどね。

.

203名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:19:21 ID:p/orKOsg0


(´・ω・`)「大きな家だね」


屋敷はこれまで見た建物の中で、一番状態がよかった。
元々、頑丈な作りだったんだろうね。
柱は太くてしっかりしていたし、ふすまの上にある鴨居……だったかな? には、キレイな細工がされていた。
床の間にはホコリを被った掛け軸がそのまま残されていた。


イ从*゚ ー゚ノi、「すっごーい」


この家は残留物もすごかった。
例えば、ある部屋には小さな戸棚と人形がいくつか飾られていた。
遊びの途中だったのか、ままごとの道具らしいおもちゃが転がっていて、そこに人形が一つちょこんと置かれていた。


<_;プー゚)フ「ひぃぃぃぃぃ!!!」


エクストはよほど人形に驚いたのか、半泣きになっていたっけ。
他にも、広げられたままの新聞とか、積み重ねられた本がそのまま残っていた。
ちょっと外出しただけ。本当にそんな感じだった。
だけど、残されている新聞は黄色く変色して触ったら崩れそうだったし、本だって見たことのないような古いものだった。


(-@∀@)「日付は……かなり前ですな。
       数十年も前のものでござったとは」

.

204名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:21:25 ID:p/orKOsg0


屋敷は広くて、いろいろな部屋があった。
どの部屋にも物が残されていて、僕らはそのたびに息を呑んだ。
子供部屋、客間らしき部屋、仏間。この家の人がどんな生活をしていたか、目に浮かぶみたいだった。


(´・ω・`).。oO(……あ)


そして、僕は見つけたんだ。
なんとなく触ってみた、戸棚の中にそれはあった。
昔のお金が入った、がま口の財布。
真剣に探せば通帳とか、ハンコみたいなものも見つかったかもしれないね。
でも、僕はそれどころでなかった。


(;´・ω・`).。oO(……何で、また)


背中が、ぞわりとした。
お金を見つけるのは、二回目だ。
最初の家でみつけたときは、エクストの行動を止める方に気を取られてそれほど意識してなかった。
だけど、ここでも見つけたとなるとやっぱりおかしい。

.

205名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:23:31 ID:p/orKOsg0


(´・ω・`)「ねぇ、朝日」


エクストやきっちゃん先輩には黙っていたよ。
エクストはいいやつだけどバカだから、そんなこと行ったらさっきみたいに持って帰ろうと言いかねない。
きっちゃん先輩は……、うん。まぁ、こっちも考えなしの人だからね。


(´・ω・`)「ここ、やばいかも」

(-@∀@)「……」


だから、僕は朝日にだけこっそりと話した。
朝日はさ。口調はいろいろとアレだけど、僕ら4人の中では一番慎重でいろいろなことに詳しい。
だからなのか、僕が言いたいことを全て理解してくれた。


(-@∀@)「……早めに帰ったほうがいいかもしれませんな」


どうやら朝日も薄々、感じていたらしい。
ここの廃屋たちは残留物が多いんじゃない。多すぎるんだ。
人の生活の気配が残りすぎている。


(-@∀@)「夜逃げでピンチ程度ならよいのでありますが、そうはいかないでしょうなぁ」


.

206名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:25:20 ID:p/orKOsg0


それまでは深く考えてはいなかったけど、やっぱりこの村はおかしい。
仮に過疎や生活難で移住したとしても、残されているものが多すぎるんだ。

よほど切羽詰まった理由がない限り、人は現金や財布を残したまま出て行かない。
朝日の言うとおり夜逃げなら、なおさら。
それに、位牌が残っているのもおかしい。
仮に、自然災害か何かでやむを得ず出て行ったとしても、現金や位牌があるなら間違いなく取りに戻るはずだ。



でも、それがない。


どう考えたって普通じゃない。
生活の気配が残りすぎた村。
それはまるで何かの理由で人だけが失われてしまったようだった……。


イ从゚ ー゚ノi、「んー、どしたん?」

(;´・ω・`)「い、いやなんでも」


胸の中に何か冷たいものがたまっている。
これから嫌なことがあるとわかっているのに、何もできなくてただ待っている時と同じ気分だ。
何かがおかしい。それはわかっているのに、僕はどうすればいいのかさえもわからなかった。

.

207名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:27:18 ID:p/orKOsg0


<_;プ∀゚)フ「ああ゙ぁーっ!!」


――その時、エクストが大げさな声を上げた。


(;@∀@)「どうしたでありますか、エクスト氏」

<_ブ∀T)フ「タタミに足がぐじゅって、気持ちわるっ!」


腐った畳を踏み抜いて大騒ぎをするエクストに目を向けると、途中に奇妙なものがあることに気づいた。
……あ、エクストは特に怪我してなかったから安心して。
下手をしたら大惨事だったけど、エクストは本当に運がいいよね。


イ从;゚ ー゚ノi、「あーあ、床抜けてるじゃな……あれ?」


そこで、きっちゃん先輩はあるものに気づいた。

……それは、黒いシミ。
シミは一つじゃなくて、ぽつり、ぽつりと、一定の間隔をおいてついていた。
こういう汚れはそう珍しいものじゃない。現に、これまで入った家にもいくつか見つけた。
だけど、先輩はそうは思わなかったみたいだ。

.

208名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:29:42 ID:p/orKOsg0


イ从゚ ー゚ノi、「これさ、もしかしたら血だったりしてね」

<_プー゚)フ「血? 別に赤くないぞ」

(-@∀@)「血というのはしばらくすると黒く変色するのですよ、エクスト氏」

<_;プー゚)フ「マジで?!」


ぽつり、ぽつりと続くシミは奥のふすまへと向かって進んでいた。
おそらくまだ進んでいない部屋へと続くふすまを前に、僕らは足を止めた。


イ从゚ ー゚ノi、「ホラーっぽくてドキドキしない?」

<_;プー゚)フ「怖いからヤメロってー」

イ从 ゚∀゚ノi、「これを開けたら、お化けがギャァって~」

<_;フ>ー<)フ「ヤメロよってー」


ふすまは、まだ何とか動きそうだった。
びびるエクストや、それから我先へと飛び出して行きそうな先輩。
それを押しとどめて、僕は腐りかけたふすまへ手をかけた。

.

209名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:31:49 ID:p/orKOsg0



――ガタン、と大きな音をたててふすまが開く。



その向こうは真っ黒だった。
先輩の手にした懐中電灯が、闇の中を照らす。

じれったいくらいに狭い範囲しか照らさないオレンジ色の光のなかで、僕は――僕たちは見た。





.

210名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:33:51 ID:p/orKOsg0


……そうだ。
ちょうど、ここみたいな感じの部屋だった。

ふすまの向こうはこんな感じの和室で、タンスと……布団らしきものが見えた。


タンスはボロボロだった。
それこそ刀か何かで切りつけたように、不自然な傷が一面についていた。


イ从 ー ノi、「なに、これ?」


明かりを向けた布団は、茶色く変色していて。
そこから、畳、タンス、そして天井へと向かう黒い……何か、が見えた。



それは、


.

211名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:35:28 ID:p/orKOsg0





              (´・ω・`)「――血だったと、思う」






.

212名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:37:41 ID:p/orKOsg0


最初、それが現実だと思えなかった。

どこかで見た映画や、ゲームの光景だろうと思った。
ああ、僕は疲れてるんだな。
そう思ってしまうくらいに、現実感のない光景だった。


<_プー゚)フ「どうした、しょぼくれー」

イ从゚Д゚ノi、「早く行ってよ、見えないーっ!!」


そして、エクストたちの声で、僕はようやくそれが現実だということを理解した。
不自然なくらいにボロボロなタンス、そこに飛び散る黒いシミ。
布団を汚して床からタンス、天井へと続くこの黒いものは――


――壁に飛び散った、血しぶきの跡。


(ii´・ω・`)「あ」

.

213名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:39:58 ID:p/orKOsg0


<_プー゚)フ「よっしゃ、二番乗りっ!」

イ从゚ぺノi、「なにそれ、シミ? 汚いわねぇ」


僕を押しのけて、部屋の中に入ったエクストと先輩が、わけのわからないことを言っている。
どうして、わからないんだ。
先輩が、汚いと言っているそれはきっと、シミなんかじゃない。


(ii´・ω・`)「違うよね。これ違うよね」


前の部屋で見た、黒いシミが浮かぶ。
ひょっとしたらと笑った、ポツポツと落ちたシミ。
それから、あれと似た得体のしれないシミを見たのを思い出す。

最初の家。
それから、次の家にもあった。

残された家具、生活用具、位牌、現金――これまで、この村で見た光景が次々と脳裏に浮かぶ。

.

214名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:42:27 ID:p/orKOsg0


(iii@∀@)「ショボン、先輩連れて外っ!」

イ从*゚ ー゚ノi、「どうしたのよ、アサピー。まさか怖いのっ?!」


朝日が叫んだ。いつものフザケてるのとは違う、低い真面目な声だった。
だけど、僕は動けない。
どうしていいのか、どう動いていいのかさえもわからなかった。

――ヤバイかもとは思っていた。
だけど、現実にそれらしい痕跡を見つけてしまうと、もうダメだった。


<_プ∀゚)フ「なー、なー!! これって剣じゃね? かっけー!!!」

イ从*゚ ー゚ノi、「日本刀……? ボロボロだけど」


エクストが細長いものを拾い上げた。
闇の中に浮かぶそれは、先輩の言うとおり刀で。
先輩が懐中電灯で照らした、その刀身は――黒く、こびりつくものがあって。

.

215名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:43:29 ID:p/orKOsg0

ホラー映画で見た、安っぽい光景がいくつも目に浮かぶ。
振り上げられた日本刀。振り回されるそれは、タンスを切りつけ、そして布団に居る人へ向け振り下ろされて……。
首から吹き出る血と、悲鳴までもが脳内でリアルに再生される。


(ii´・ω・`)「ひっ」

イ从゚ぺノi、「もう、さっきからどうしたのよ。二人して情けない」


(iii@∀@)「血だよ、血っ!! この量じゃ助からな」


朝日がこらえきれずに大声を上げた瞬間、――何かが、落ちてきた。
それから、少し遅れてドサリという、重い音。


<_;フー )フ「う――ぁぁぁぁぁぁっ」

イ从;゚ ー゚ノi、「――っ」


.

216名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:45:32 ID:p/orKOsg0

なんだろうと、考えている余裕はなかった。

視線を横へと向けて、僕は見たような気がする。
暗闇の中に横たわる、何か大きな影。
1メートルかそれ以上の、大きさのしっかりとした重さを持ったそれ。


(iii@∀@)「外っ、警察っ、早くっ!!!」

(ii´・ω・`)「あ――」


僕は見た。
確かに見たんだ。それは、


――それは、確かに人間のカタチをしていた




                           気が……

.

217名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:47:36 ID:p/orKOsg0


(ii´ ω `)「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!」


気づいたら僕は走っていた。
それは、僕だけじゃなくてみんなも同じで。
僕らは屋敷から出て、村の中を走り抜けて、車へと向かっていた。

どこかで引っ掛けて作った、傷が痛かった。
それでも止まってる余裕なんかなくて、転びかけたエクストを二人がかりで引っ張りながら走った。


(iii´・ω・`)「車っ――」

<_;フー )フ「……ひっ、ぁ、あ」


そして、ようやく車へとたどり着いた。
息をつく暇を惜しんで、エクストを車へと押しこむ。


(;@∀@)「先輩も早くっ!」

イ从;゚ ー゚ノi、「うんっ」


そして、車は走りだした。

――道端のお地蔵さんに供えられた花。
そのしなびかけた白と黄の色だけが今でも目に焼き付いている。

.

218名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:49:50 ID:p/orKOsg0

-----------------------------------
----------------------------
----------------------
--------------



(´ ω `)「血だったと、思う」


そう、ショボンが言った時、とてもじゃないが実体験だとは思えなかった。
その声は落ち着いていて、臨場感のかけらもなかったから。
だって、そうだろう。
つくり話だったとしたって、普通はもっと上手くやるもんだろう。

だけど、そうじゃなかった。


(;'A`)「……」


話が進むほどに、ショボンの声にははっきりとした熱がこもりだした。
落ち着いた話し方と、それとは裏腹の声の熱さ。そのチグハグさに、頭がくらりとした。

.

220名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:51:44 ID:p/orKOsg0


('A`).。oO(血の跡に、人らしきもの……死体?)


ショボンの語った話は、本当なのだろうか。
天井から降ってきた何か。それが人間のカタチをしていたなんて……いくらなんでも見間違いだろう。


('A`;).。oO(見間違いだ、絶対)


それこそ、天井の破片か、動物か何か。
それがタイミングよく落ちてきたものだから、驚いたのだろう。
暗い廃墟の中なのだ、誰だって驚くに決まってる。


('A`ii).。oO(そうだ。死体なんて、あるはずがない)


そうに決まっている。
そんな怖いこと、実際に起こるはずがない。
そう自分を納得させようとした俺の脳裏に、引っかかるものがあった。
落ちてきたものは、きっと動物か天井か何かだろう。


だけど――、血はどうだろうか。

.

221名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:53:50 ID:p/orKOsg0

俺はおそるおそる顔を上げた。
奥の部屋から漏れる蝋燭の光で、ぼんやりとしか見えない部屋に目を凝らす。
そこに脳内でタンスをおいて、布団を敷いてみる。


――そして、脳裏に血を描いてみる。


布団、タンス、それに天井。
下から上へ。噴水が水を噴き上げるように、真っ赤な血を思い描く。
吹き上がった血は天井を染め、布団と畳へと染みこんでいく。


血の持ち主を、想像してみる。


首から真っ赤な血を吹き出す誰か。
噴き上がる血はやがて収まり、そして倒れこむ。
ショボンの話に出ていた朝日は、助からないと言っていた。きっと、生きてはいないだろう。


( A iii).。oO(気持ち、悪い)


喉元に何かがせり上がってくる。
想像した血の赤さとむせ返る匂いに、吐き気がした。

.

222名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:55:20 ID:p/orKOsg0

……そんなこと、あるはずがない。理性ではわかっている。
だけど、ショボンが語ったことが本当だったとすれば――、


何度も切りつけたような跡のあるタンス。
転がっていた日本刀。こびりついた血らしき形跡。
天井へと届きそうな、黒い跡。

――そこで起こったのは、殺人ではないのだろうか。


川   )「……本当に、見たのか?」


俺の考えを遮るように、クーの声がした。

俺は息を呑んで、ショボンのいる辺りを見据える。
今すぐに、ショボンの答えが聞きたかった。
俺はこれ以上、ショボンの見た光景を、それが意味する事態を考えたくなかったのかもしれない。

.

223名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:58:09 ID:p/orKOsg0

作り話だと言ってくれれば、笑ってそれできっとおしまいだ。
俺は安心して、次の話を聞くことができる。
だけど、


(´ ω `)「わからないよ。
      だって、僕の頭はもう真っ白になっていたからね」


ショボンは、ひどくあっさりと言い放っていた。


(´ ω `)「本当は変色した雨漏りかカビか何かだったのかもしれない。
      上から落ちてきた何かも、単に天井が崩れて落ちてきただけかもしれない。
      ――だけどさ、僕は。いや、確かに僕たちは見たんだ。それだけは本当だよ」


声が暗い部屋に響く。

――ショボンの言葉は、これまでの話を決して否定しない。
もしあの部屋で、ショボンが考えた通りのことが起こっていたとしたら、
天井から降ってきたものは、本当に死体だったのではないかと、ふと思ってしまう。
……そんなはず、ないのに。


(´-ω-`)「さてと、その後の話と行こうかな。
      といっても、そこから先はもうオマケみたいなもんだけどね」

.

224名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 22:59:46 ID:p/orKOsg0

-----------------------------------
----------------------------
----------------------
--------------



僕たちは必死で、あの廃村から逃げた。

どうやって帰ったのかは、殆ど覚えてない。
あんなひどい道、よく無事に帰れたよなと自分でも思う。
途中で谷にでも落ちていたらと思うと、ゾッとする。

誰が運転したのかもあやふやだ。
覚えているのは、息が止まるかと思うくらい時間が長く感じたことだけ。
カーナビに道の表示が出た時、僕はやっと生き返った気がした。


(´・ω・`)「……町だ」


それから何とか、設楽場温泉にたどり着いて、最初に目についた交番に駆け込んだ。
そこにいたお巡りさんに、廃村で見たことをありのままに話した。


.

225名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 23:01:28 ID:p/orKOsg0


(´・_・`)「夢でも見たんじゃない?」


イ从#゚ ー゚ノi、「ホントなんだって! あれはどうみたって事件があった感じだった!」

<_;プー゚)フ「さつじんじけんだって。絶対、ヤバイってこれ!!」

(´・_・`)「あのあたりに村なんてないって、何度も言ってるでしょ。
     廃村も、現役の村も君たちの言う場所にはない。つまり君たちが言っていることは嘘ってこと」

イ从#゚Д゚ノi、「ちょっとは信じろー! 見に行くくらいしてくれたっていいじゃん!」


あの廃村はおかしかった。そうでなくても最後の屋敷の血の跡はただ事ではない。
それに最後に見かけたのが死体だったのなら、警察に知らせなくてはいけない。
僕らは必死だった。……だけど、僕らの言うことなんて、全然信じてもらえなかった。


(´・_・`)「君たち観光の人でしょ。困るんだよねぇ、目立ちたいからって。
    それに君たちのいうことが本当だったとしたら不法侵入だよ。わかってる?」

イ从#゚-゚ノi、「ぐっ」

(;@∀@)「きっちゃん氏、落ち着くであります」


どれだけ説明しても話は通じず。
結局、僕たちは不法侵入に対するありがたいお説教を受けただけだった。

.

226名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 23:03:46 ID:p/orKOsg0


流石にそれ以上粘る気にはなれなくて、僕たちは設楽場温泉を後にした。
体は汚れていたけど、あんなもの見た後でのん気に温泉に入るほどの度胸もなかったしね。
――それに、誰も口にしなかったけど、僕たちは気づいてしまったから。



                   『あのあたりに村なんてない』


                『廃村も、現役の村も君たちの言う場所にはない。』



あの警官がいうことが本当だったとしたら。

僕らのいた村はいったい『どこ』だったんだろう――、って。


.

227名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 23:07:23 ID:p/orKOsg0

-----------------------------------
----------------------------
----------------------
--------------


(;'A`)「……一体、どういうことなんだ?」

(´ ω `)「さあね」


ショボンの声は落ち着いていた。
もしかしたら、この話を何度かしているのかもしれない。
だからこそ、ショボンはこんなにも落ち着いているのだろう。


(´ ω `)「僕には……いいや、僕たちにはさ。あの村が何だったのかわからないんだよ」

ξ   )ξ「調べなかったの?」


(´ ω `)「もちろん調べたよ。
       あそこで本当に事件が起こっていたなら、新聞記事になってなきゃおかしいからね。
       きっちゃん先輩の号令で部員総出で、昔の新聞記事を探した」


でも、なかったというのか。
事件は記事にならなかったのか、それとも地元だけで小さく取り扱われたのか。
そもそも事件なんて起こっていなかったのかもしれないし、それとも山奥のことだから気付かれなかったのかもしれない。

.

228名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 23:10:51 ID:p/orKOsg0


(´ ω `)「地図だって調べたし、昔の地図を出してもらって、そっちも見た。
      ネットでも調べてみたけど、そっちも空振りだった。
       朝日なんかはかなりしつこく調べていて、よその図書館の資料を取り寄せたりしてたんだよ」

('A`)「それでもなかったのか」

(´ ω `)「残念ながら」


長い溜息が聞こえた。
だけど、ショボンの声の調子は、いつもと変わらない。
見たと思ったものが幻だった。気のせいだという失望はどこにも感じられない。


(´ ω `)「でも、確かにあの村はあって、人がいたはずなんだ。
       写真だって残ってるし。それに、僕は気づいてしまったんだから」

(    )「何にだお? 他に見た人がいたのかお」


その問いかけに、「そうじゃない」とショボンは答えた。
ショボンの声には、少し前にも感じた熱のようなものが微かにちらついていた。


(´ ω `)「朝日が、祠で『今でもちゃんと人の手が入っている』って言っていただろう?」

.

229名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 23:13:50 ID:p/orKOsg0


思い出す。
確かに朝日というやつは、人の手が入っていると言っていた。


(´ ω `)「それに、僕たちがあの廃村の入り口で見た、花。
       お地蔵さんに供えられたあの花束ってさ、造花じゃなくて切り花だったんだ」

川   )「……花」

('A`)「花がどうしたんだ?」

(´ ω `)「花ってさ、長持ちしないものだよね」


その言葉に、俺は息を止めた。
ショボンの話の中で何度か出たそれ。
これまで全く意識していなかったそれが、急に嫌な色を帯びたような気がした。


(´ ω `)「だったらさ、それって僕達があの廃村につくすぐ前に、あの村に行った誰がいたってことだよね。
       地図にも新聞にも載っていない廃屋だらけの村に、今も通っている誰かが。ついさっきまでいたんだ」


.

230名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 23:15:58 ID:p/orKOsg0

-----------------------------------
----------------------------
----------------------
--------------



ああ、そうだこれも言っておかないと。


僕たちがあの廃村にたどり着いてから、数週間後のことだけど。
エクスト、あの廃村にまた行ったらしいんだ。

友達を何人か連れて、今度は地図とかいろいろ持って行ったらしい。



<_フ;ー )フ「   っ」



だけどさ、


どれだけ探しても、あの廃村は見つからなかったんだって。


.

231名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 23:17:19 ID:p/orKOsg0



ねえ、みんなどう思う?


僕たちが行ったのは何処だったのかな。
あれは全部、幻で僕たちは夢を見ているだけだったのかな。


それとも――、


.

232名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 23:19:29 ID:p/orKOsg0

-----------------------------------
----------------------------
----------------------
--------------


('A`)「……」


ショボンの声に、俺は息を呑んだ。
気づけば周りはシンと静まり返り、誰も言葉を口にしなかった。

――なにか、最後にものすごい爆弾を放り込まれたような気がする。

ショボンの話ではエクストってやつは、いわゆる馬鹿っぽいヤツだった。
話を盛り上げるために嘘を付いているという可能性もないとは言えない。むしろ、そっちの可能性のほうが高いだろう。
だけど……、これまでの話を聞いていると、とても嘘だと思えなかった。


(´ ω `)「杉沢村って知ってる? 有名な都市伝説でさ。
      昔、東北で『一人の村人が突然発狂し、村民全員を殺して自らも命を絶つ』って事件が起きたと言われてる村なんだ。
      まあ、あくまでも都市伝説だから、そんな村は実際に存在しないらしいんだけどね」


シンと静まり返った部屋の中で、ショボンはポツリと声を上げた。
杉沢村という言葉は聞いたことがないけど、昔そんな事件があったとテレビで見たような気がする。
だけど、どうしてそんな話をショボンはするのだろう。

.

234名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 23:21:21 ID:p/orKOsg0


川  - )「ふむ。その話なら聞いたことがあるな。
      時空の歪みの中にあって、現われたり消えたりするとかなんとか」

(;゚д゚ )「なんだそれは?」

ξ;   )ξ「時空の歪みって言うと、一気に胡散臭くなるわね」


いつの間にかその場の空気は明るくなっていた。
俺の疑問など気づかないように、みんなは楽しそうに話を続けている。


(´ ω `)「まあ、所詮はうわさ。胡散臭い都市伝説だけどね。
      でもさ、僕たちがたどり着いた廃村もそこと同じだと思うと面白くない?」


そんな中で聞こえた、ショボンの声は変わっていた。
語尾がかすかに消える気弱そうな声でも、落ち着いた声とも違っていた。

.

235名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 23:23:28 ID:p/orKOsg0


(*´ ω `)「あの廃村でさ、頭のおかしくなった誰かが村人を殺して回ったんだ。
       そいつは村で暴れまわって、いろんな家を襲った挙句に、あの屋敷で誰かを殺したんだ」

('A`)「……」

(*´ ω `)「だからあの村には人がいない。
       殺人鬼から逃げるために全てを置いて逃げたのかな。だって、そうじゃなきゃ家にお金なんて残さないよね」


ショボンは語り続ける。
熱に浮かされたように、血なまぐさい話を口にする。


(*´ ω `)「――それとも」


――その声は、場違いなほど嬉しそうで。


(*´^ω^)「みんな死んじゃったから、あの村は歴史から消されちゃったのかな?
     それで生き残りか、親戚がたまに花を添えるために通ってるんだ。
     ――ねえ、みんなはどう思う?」



俺は、思わず耳をふさぎたくなった。

.

236名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 23:25:14 ID:p/orKOsg0


(*´ ω `)「ああ、あの村についてなにか知ってることがあったら教えてよ。
      僕はそれが知りたいってのもあって、この話をしたんだから」


誰も何も言わない。
ショボンの声だけが、暗い部屋に響き渡っている。
その言葉は、楽しくてたまらないと言っているようにも聞こえた。


(´ ω `)「僕の話はこれで終わり」



――そして、ショボンは満足そうに語り終えると、腰を上げた。

蝋燭を消しに行くのだろう。ならば、この話は本当におしまいだ。
ショボンの姿が暗がりの中へと消えていく。俺はその足音をじっと聞いていた。

.

237名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 23:27:17 ID:p/orKOsg0

いつのまにか、首を汗が伝っていた。
空気はどろりと淀んでいて、水槽の中にいるようだった。
だけど、頭の一部だけが凍りついたように固まっている。


ショボンの声が、頭から消えない。


……ショボンは、どうしてあんなに楽しそうだったのだろう。
人が殺されたかもしれないと言ったショボン、楽しそうだったショボン。
自分の見たかもしれない事件を、死体を、心の底から嬉しそうに語ったショボン。


              (*´^ω^)



暗がりの中ではっきりと見えた笑顔が、頭のなかに焼き付いている。
よく知ったはずの笑顔が、今はどうしようもなく気持ち悪かった。


.

238名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 23:29:27 ID:p/orKOsg0


(    )「……終わりかお」

( ゚д゚ )「そうだな」


ささやくようなその声に、ふと我に返る。


(;'A`)「……っ」


――百物語は続いている。
それは、俺一人が耳をふさいだところで何も変わらない。

.

239名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 23:31:15 ID:p/orKOsg0



(    )「次は誰の番?」



顔も見えない誰かの声。
その声に導かれるように、俺は声を上げた。


('A`)「――次は、」



――そして、暗闇の中、次の話がはじまる。


.

240名も無きAAのようです :2014/08/16(土) 23:32:02 ID:p/orKOsg0




              ('A`)百物語、のようです


                廃村ツアー  了


                     (
                      )
                     i  フッ
                     |_|


.


 ※ 百物語2014参加作品 (リンク先:ブンツンドー 様)
 蛇の話(リンク先:短い( ^ω^)様) - おまじないのはなし - 廃村ツアー - 奇妙な偶然 - 幻の馬。
('A`)百物語、のようです
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/13029/1376666020/144-



コメントの投稿


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。