まぜこぜブーン

ブーン系まとめ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)


 -2- JCシイはロリコン変態鬼畜野郎にペロペロされちゃうようです

432JC@転載は禁止 :2014/07/18(金) 17:45:13.60
(*゚ー゚) そうそう。いやあ、夏は扇風機ですなあ

('A`) そうですなあ

(*゚ー゚) …今の、忘れてね

('A`) 安心しろ、とっくだ

扇風機の風と、網戸からの夜風が心地良いのか、シイは座布団枕で畳に大の字に寝転がる。
ドクオは卓袱台に頬杖をついて、小さな身体をいっぱいに伸ばしたシイの、腋チラや胸元、そしてゆるんだ顔を眺めていた。

(*゚ー゚) ねえ、どうしよう…帰りたくないや

('A`) 気が済むまで、いたら良いさ

(*゚ー゚) うん…ごめんね、見ず知らずの、私みたいな子供をさ…迷惑だよね

('A`) アホだなあ…迷惑なら、見捨てているさ

(*゚ー゚) うん、感謝してる

('A`) しかしなぁ…俺はてっきり、早く帰りたがるかと思ったんだがな


433JC@転載は禁止 :2014/07/18(金) 17:52:38.61
(*゚ー゚) だって、怖いし。勝手に出てったから、帰ったら何されるか…それに此処、すごく懐かしくてさ

('A`) こんな寂しい山の中が?

(*゚ー゚) うん。この家はボロだけど、雰囲気はおばあちゃん家にソックリ。
小さい頃に行ったきりだから、よく覚えてないけどさ…でも、似てる

('A`) ならまた、ばあちゃん家に行けば良いんじゃねえの?

(*゚ー゚) 無理だよ…無理なの

('A`) …すまん。遠いから、とかじゃないんだな?

(*゚ー゚) うん。ママの方の実家だから、パパが行かせてくれないの

('A`) 離婚か?

(*゚ー゚) いや、離婚じゃないよ。ただママも、パパも、喧嘩してばっかりでさ。家庭内別居っていうのかな…まあ、そんな感じ

('A`) その痕も、とばっちりか…

言われて、シイは咄嗟に袖を直す。
しまった、暑くても隠したいから長袖を着ていたというのに、油断し過ぎたと、シイは思う。

435JC 3@転載は禁止 :2014/07/18(金) 18:02:53.66
(*゚ー゚) 見ないでよ、恥ずかしいから

('A`) 恥ずかしがることないさ。誰にでも傷はある

(*゚ー゚) そういう問題じゃないの。デリカシーないな~

('A`) まあ…そうだな、悪かったよ

(*゚ー゚) …ドクオは、どう思う?

('A`) 傷痕か?

(*゚ー゚) うん。中学生にしてキズモノだよ?

('A`) そうだな…舐めてみたい

(*゚ー゚) …は?

('A`) 俺ぁ、一度女の子の傷痕を舐めてみたくてな…

(;゚д゚) はあ!?ちょっ、キモッ!

('A`;) おいこら走んな!逃げんな!

437JC 4@転載は禁止 :2014/07/18(金) 18:10:58.47
(*>д<) きゃーきゃー!ちょっ、くんなあぁー!

('A`;) 待たんか!余所様の家で暴れんじゃねえ!

(;^ー^) ひええぇぇぇ!!

床が抜けてしまいそうなほど激しく、家中を駆け回った2人は、やがて元いた部屋にたどり着き。

(;゚‐゚) あ゛っ

('A`;) あぶねっ!

転びそうになったシイを、咄嗟に手を伸ばしたドクオが抱き止め、ようやく落ち着きを取り戻した。
抱き合うような体勢のまま、荒い息を整えながら理由もなく見つめ合っていたが、やがてドクオが提案する。

('A`) もう、寝るか

(*゚ー゚) うん

ドクオの腕がほどかれると、シイは浴衣の乱れと汗で肌に張り付く髪を直した。

(*゚ー゚) どこで寝ればいいの?

('A`) ああ、こっちだ

シイはドクオの背中を見つめながら、今夜はなかなか寝付けそうにないだろうと確信していた。

438JC 5@転載は禁止 :2014/07/18(金) 18:14:48.25



('A`) おきてるか~…っと

翌朝、山の朝霧も落ち着き、鳥が鳴き始めた頃。
ドクオは朝食を作り終え、シイの眠る小部屋へ様子を見に来た。

障子戸を静かに、ゆっくりと開けてみれば、シイは部屋の中央に敷かれた布団の上で、右肩を下にし胎児のように丸まって熟睡している。

夜は涼しくなるからと、お腹にかけるよう言っておいた掛け布団は部屋の隅…寺のある山が見える庭側、網戸のそばにまで吹っ飛んでいた。

('A`) あーあー、派手にやっちゃって、まあ~…

そろり、そろり、足音で起こさぬよう注意しながら、シイのお腹に布団を…。



('A`*) …いかん、プニプニペロペロしたい

440JC 6@転載は禁止 :2014/07/18(金) 18:19:48.28
涎をたらし、スヤスヤ眠るシイの浴衣は乱れており、重要な部分は辛うじて見えていないものの、襟がはだけて膨らみかけた胸の半分近くが露出し、腋元すらも覗いている。

('A`*) …起きちゃうかな

帯が解け掛かっているお腹は、チラチラと生地の隙間から肌色を覗かせている。
袴も大分ずり下がり、肉付きの良い臀部の割れ目が見えている。
それは微かではあるものの、故に背徳的な魅力に溢れていた。

('A`*) …ジュルリ…

(*"~") うぅ~ん…

('A`;) ひっ!

突然の寝返りに、理性を取り戻したドクオは、自己嫌悪に陥りつつ布団をかけ直してやると、自分の寝室へ戻った。

('A`) うっ…ふう。やれやれ

442JC 7@転載は禁止 :2014/07/18(金) 18:26:42.59
やがて時計の針は8時をまわり気温も上がってきた頃、寝汗をたっぷりとかいたシイが目を擦りながら起きてきた。

(*"ー") おはよお゛~

('A`) 先に風呂入ってきな、着替え置いとくから

(*"ー") そう゛する゛う゛~

寝汗を流し、鼠色の浴衣に着替えて、ドクオの作った素麺を食べ終えた直後、家の戸を叩く音。

(*゚ー゚) あれ、宅急便?

('A`) いんや…ちょっとまってな

ドクオが慌ただしく玄関へ行き、残されたシイは食器を台所へと運んだ。
ひとまず流しに置いたところで、そこかしこが黒ずんだ壁に、大きな蜘蛛を発見。

(; ‐ ) …おぉぅ…

443JC 8@転載は禁止 :2014/07/18(金) 18:30:44.97
浅黒い手袋のようにも見えたその蜘蛛に凍り付いたが、すぐに、抱えている物に気付いた。

GOKIBURIであった。

(;゚ー゚) …任務、お疲れさまです、同志軍曹…通りで、出そうで出ないわけだ…

シイが嫌悪感をごまかすためにも、なんとなく敬礼をしていると、ドクオの呼ぶ声。

(*゚ー゚) はいはーい、なになにー?

('A`) 仲直りしたいってさ

(;゚ー゚) げっ!

('A`) こら、そんな反応するな

玄関の三和土に立っていたのは、昨日シイにからんだ、お面を被り、角を生やした2人。

|  ^o^ | おはようございます

| ^o^ | 本日は晴天なり

(;゚ー゚) ま、また食べようとする気?

444JC 9@転載は禁止 :2014/07/18(金) 18:37:50.48
|  ^o^ | 滅相も ございません

| ^o^ | とんでも ありません

|  ^o^ | 昨日は ドクオの知り合いとは 露知らず 失礼しました

| ^o^ | 赦して下さい 人間とお喋りができたものですから 鼻息が荒くなってしまいました

(;゚ー゚) えっ、荒かったの?

|  ^o^ | 少し からかってみたかった それだけなのです

| ^o^ | 私たちは 友人がいないのです

(;゚ー゚) えっドクオは?

|  ^o^ | ドクオとは兄弟です

(;゚ー゚) そうなの!?

('A`) 一応な

447JC 10@転載は禁止 :2014/07/18(金) 18:43:31.95
|  ^o^ | ですので よければ私たちと お友だちになってください

| ^o^ | 骨とか いりませんから

(*゚ー゚) …

('A`) 遊んでやってくれよ

(*゚ー゚) ドクオ…

('A`) 悪さはしない、俺が保証してやる。悪さしたら八つ裂きだ

|  ^o^ | もちろんです

| ^o^ | 誓います

('A`) …おまえも、友達少ないんだろ?

(*゚ー゚) え、なんで解ったの?

('A`) 俺も友達いないからな

(*゚ー゚) あっ…

('A`) まあ、とりあえず洗濯物干してからだけどな。よし小鬼ども、あの寺行くから一旦遊ぶ準備してきな

449JC 11@転載は禁止 :2014/07/18(金) 18:49:54.82


シイの目的地である山が見える、ドクオの家の庭に、普段よりも1人分多い洗濯物が翻る。

('A`) そっち干し終わったか?

(*゚ー゚) うん!

('A`) よし、じゃあ待機だな

2人が洗濯籠をしまい、出掛ける準備を終えてすぐ、小鬼2人がやってきた。

|  ^o^ | おまたせしました

| ^o^ | いきましょう

戸締まりを確認し、ドクオは埃を払ったクーラーボックスひとつ、シイはリュックに入れていた水筒と、ドクオの家にあった蚊取り線香を袈裟懸けに装備して靴を履いた。

(*゚ー゚) そういえば、2人は御名前なんていうの?

| ^o^ | 祐太朗です

|  ^o^ | ブームです ハイカラ でしょう?

(*゚ー゚) いや、全然

|  ^o^ | なんと

453JC 12@転載は禁止 :2014/07/18(金) 19:02:16.47
('A`) それより小鬼ども、そりゃ何だ?

ドクオは祐太朗とブームの荷物を指さした。

| ^o^ | 伝家の宝刀 つりざお です

|  ^o^ | 私が 持つは タモ網 です

| ^o^ | 背嚢には 他にも いろいろ

祐太朗がブームの背負っているリュックを軽く叩いたところで、山道へと差し掛かる。
良く晴れた午前中だというのに、細い道の先は樹木が茂って薄暗い。

にもかかわらず、シイは目を輝かせていた。
幾重にも蔦の絡まる大木や、町中では咲くことのない花、そこら中から聞こえる蝉や虫や鳥の声が新鮮なのだ。

('A`) 昨日は怖がっていたのにな

(*゚ー゚) だって独りじゃないもん

('A`) 順応はえーな、おい

(*゚ー゚) …頼るからね?

('A`*) 任せな

4人は、黒っぽい土の露出した山道を登る。
所々にある大きな石くれや草木の根、落ち葉や小枝で足を滑らせないよう、慎重に。

455JC 13@転載は禁止 :2014/07/18(金) 19:10:07.46
(;>д<) びゃっ!蜘蛛の巣がっ!

| ^o^ | |  ^o^ | ('A`) はっはっはっ

(;゚‐゚) うぅ…見えなかった…

('A`) 頭にまだついてんぞ、とってやる

(*゚ー゚) うん、えへへ…

艶やかな髪に、優しくドクオの手がふれる。
シイは、くすぐったそうに微笑み、ドクオは半勃ちになった。

しかし、周囲に感動している余裕はしばらく登るうちになくなっていった。

(;゚ー゚) ね、あと、どれ、くらい?

('A`) もうちょいだな…休むか?

(;゚ー゚) いい、のぼる

('A`) …わかった、転ぶなよ

ドクオがシイの隣、ブームと祐太朗が後ろにつき、シイの様子を気遣いながら登る。

かつて麓の人間が足繁く通っていた山道は、老人でも登れるような道のりなのだが、子供には辛い。
それでもシイは休まなかった。
汗だくになり息も荒い。

456JC 14@転載は禁止 :2014/07/18(金) 19:16:18.04
('A`) おい、倒れるぞ。ここで休む、いいな

(;゚ー゚) うん…そう、する

もう少しで寺がみえるのだが、その前に朽ちたお地蔵様の傍に皆で腰を下ろした。

シイは水筒のキンッキンに冷えた麦茶を飲み、ドクオがタッパーに入れてきた梅干しを食べる。
予想を上回るしょっぱさに悶えるシイを、3人で笑った。

('A`) 大丈夫か?

(*゚ー゚) うん

| ^o^ | では 行きますか

|  ^o^ | 寺は すぐそこです

少し登ると、苔むした数十段の石段。

459JC 15@転載は禁止 :2014/07/18(金) 19:24:17.97
('A`) ゆっくり登れ。危ないぞ

(*゚ー゚) うん…

(;゚ー゚) とぉ!?

躓いたシイをドクオが抱えるようにして支えた。

(*゚ー゚) あっ…ありがと…

('A`) いいさ

偶然、支えた時に片手で胸を触ったドクオは安堵感と罪悪感と達成感を覚えた。
シイは触られた部位に頬を赤らめ、ドクオは下半身が熱くなる。

|  ^o^ | どうかしましたか

(*゚ー゚) なんでもない…あ、何か見えてきた

|  ^o^ | さあ 着きましたよ

石段を登り終えたシイの目に飛び込んできたのは。

(;゚ー゚) ボロすぎぃっ!!

半壊した、一目では何の建物か分からない有り様の廃寺だった。

461JC 16@転載は禁止 :2014/07/18(金) 19:28:13.34
从 ゚∀从 うるせえぞ

(;゚σ゚) えっ、あっ、すみません

長い白髪をかき乱しながら、寺の中から椛柄をあしらった着物姿の女性。
ただし、小さな角が生えていた。

从 ゚∀从 随分と久し振りに人が来たと思ったら、なんだよドクオに浚われたのか

('A`) ちげーよ何で決めつけんだよ

从 ゚∀从 おったてといて、法螺吹くんじゃねーよ

慌てて、ドクオは背を向けた。

463JC 17@転載は禁止 :2014/07/18(金) 19:33:14.79
(*゚ー゚) ?

从 ゚∀从 あーあーゲスだねーカスだねー

('A`;) ちちちちげーし!マジ未遂だし!

从 ゚∀从 未遂かよ…それで、おいブーム、祐太朗

| ^o^ | はい母さん

|  ^o^ | なんでしょう

从 ゚∀从 この子が、昨日話してた女の子か?

|  ^o^ | そうです母さん シイさんです

| ^o^ | 今朝 友達になってくれました

从 -∀从 …そうか

(*゚ー゚) …あのう…

从 ゚∀从 おお、そうだ。シイちゃん

(*゚ー゚) はい

从 ゚∀从 私はハイン。こいつらの母親だ、よろしくな

(*゚ー゚) よろしくです

464JC 18@転載は禁止 :2014/07/18(金) 19:40:02.60
从 ゚∀从 シイちゃん、ドクオに変なことされなかった?大丈夫、正直に言いなさい、私が助けてあげる

(;゚ー゚) あはは…本当に何もされていませんよ

('A`) 泣くよ?ねえ俺泣いちゃうよ?泣き叫ぶよ?

从 ゚∀从 そうかい…さて、シイちゃん。家族仲悪いのかい?

(*゚ー゚) …

从 ゚∀从 わざわざ此処まで足を運んだのに、こんな事言うのも可哀想なんだけどね…多分、無いよ、御利益

(*゚ー゚) …

(*゚ー゚) …どうしてですか?

从 ゚∀从 今、君は私を視ているから。わかるでしょ?
私やブームや祐太朗、ドクオが、こんなにも平然と入り込めるんだ。この寺は見かけ通りの廃寺さ

びくりと体を強ばらせたシイは、無意識に表情をも固定した。

465JC 19@転載は禁止 :2014/07/18(金) 19:45:37.96
(*゚ー゚) …

从 ゚∀从 それに…そもそも神仏は、そんな細かい願いまでは…まあ、滅多な気紛れでもなきゃ叶えない。
し、叶えるにしても、だいたいは少しの後押しをするだけだ

ハインはシイに歩み寄ると、視線を合わせてやり、告げる。

从 ゚∀从 けれども君には、まだ縋れる物があるんだよ

(*゚ー゚) なんですか

从 ゚∀从 鬼さ。人は昔から、神も仏もダメならば鬼に縋った。君もそうすればいい

シイは迷う。
この地に来て出会った鬼という存在は、抱いていたイメージとはかなり違った。

しかしだからといって、鬼を頼るなど良い事だとは思えない。

幼い頃からのイメージ故に、人間とさして変わらない彼女の言葉も、何かの罠に思えるのだ。

467JC 20@転載は禁止 :2014/07/18(金) 19:50:18.69
从 ゚∀从 君が怪しむような罠でも何でもないさ

(;゚ー゚) …

从 ゚∀从 君は、友達になってくれたんでしょ?

誰の、と言いかけて、すぐ気付く。

从 ^∀从 感謝しているんだよ、あいつらが見える人間で、友達になってくれたのは君が初めてなんだ。嬉しいんだ、私は

(*゚ー゚) …

从 ゚∀从 私は君に恩がある。それを返すだけなんだよ

(*゚ー゚) …ねえ、ドクオ?

('A`) 良いんじゃないか?ハインは昔から人間好きだ、悪いようにはしないだろうよ

意見を求めたのを見たハインは、シイの顔を悪戯っぽくのぞき込む。

468JC 21@転載は禁止 :2014/07/18(金) 20:01:42.87
从*゚∀从 なに、なになに?随分と信頼してるじゃんよ~

(*゚ー゚) 信頼って…そんなんじゃありませんよ

从*゚∀从 ええ~そうなの~?

(*゚ー゚) だって彼、変態ですもの

| ^o^ |

|  ^o^ |

(*'A`) 罵られるのも…ゲフン!ゲフン!

从;-∀从 …ごめんね、怖かったよね、もう大丈夫だからね

高まる殺気と共に、ハインの角がみるみるうちに伸びた。

从#゚∀从 オラッ!歯食いしばれドクオッ!

(゚A゚) ひぎぃっ!?

(;゚ー゚) あはは…

469JC 22@転載は禁止 :2014/07/18(金) 20:06:16.17


その頃、シイ達の居る町を目指して列車に揺られている、年若く仲睦まじい1組の男女が、数少ない乗客の好奇心を集めていた。

ζ(゚ー゚*ζ 兄様、兄様

(´・ω・`) なんだい

ζ(゚ー゚*ζ 見て下さい、変な形の岩山です

(´・ω・`) そうだね

ζ(゚ー゚*ζ …もう、兄様ったらそっけないです

(´・ω・`) だって僕見覚えあるもの

ζ(゚ー゚*ζ それでも懐かしさを楽しむことができるじゃ、ありませんか。昔に訪れたのでしょう?

(´・ω・`) あまり思い出したくは無いのさ

ζ(゚ー゚*ζ あら

(´・ω・`) いや、良い思い出だったんだよ。今となっては寂しいだけでね

ζ(゚ー゚*ζ そうでしたの?ごめんなさい私ったら

470JC 23@転載は禁止 :2014/07/18(金) 20:11:55.62
(´・ω・`) 良いったら。まったく君というやつは、もっと自分に素直になりたまえよ、僕を気にしすぎなんだよ

ζ(゚ー゚*ζ ふふ、素直に兄様をお慕いしているのですよ。
私は兄様の為に存在しておりますもの…重荷であれば、ひと思いにお捨てになってくださいませ

(´・ω・`) はあ、まったく、君というやつは…

ため息を吐いたものの、男は女を抱きしめながら周囲からの視線など気にもせずに口付けた。

(´・ω・`) 確かに重いさ。けれど心地良い、だから背負っていたいんだ。
下ろしたって代わりに虚しさと寂しさを背負うんだ、想像するだけで薄ら寒い。あればこそ踏ん張れる幸せな重さだ、溺れたって捨てないよ

ζ(^ー^*ζ ふふふ…重いと言われることが、こんなにも嬉しいだなんて、ああ…兄様

今度は女の方から、頬に手を添え重ね合わせる。

471JC 24@転載は禁止 :2014/07/18(金) 20:17:30.37
ζ(゚ー゚*ζ ねえ、兄様。今の言葉、ミセリちゃんにも聞かせてあげて下さいね。
ミセリちゃんも自分が重すぎるのではないかと心配しているようでした

(´・ω・`) …君は本当に良い子だ。勿論さ

ζ(゚ー゚*ζ よかった。一緒に、この場に居たのなら良かったのですけれど…ミセリちゃん、とても残念そうでしたね

(´・ω・`) いくらなんでも連れては来れないもの、この仕事には

ζ(゚ー゚*ζ 兄様。この哀しみはしっかり癒してあげて。
ミセリちゃんは昨日成熟した証しを得たのですから、本当に何より今日は、兄様と共に居たかったのですよ

(´・ω・`) …え、マジで?

ζ(゚ー゚*ζ はい、マジです

472JC 25@転載は禁止 :2014/07/18(金) 20:21:25.03
(´・ω・`) マジか…通りでしおらしかったわけだ。
けど、なんだ、あいつどうして報告しなかったんだろ

ζ(゚ー゚*ζ それは恐らく、これからも避妊させないためかと

(;´゚ω゚`)

ζ(^ー^*ζ あらあら、冗談ですよ

(;´・ω・`) いや、有り得るぞ

ζ(゚ー゚*ζ 兄たるもの妹を信用せねばいけないのでしょう?

(´・ω・`) まあ言ったけども、最近なんだかミセリは焦っているように思えてな

ζ(゚ー゚*ζ ならば、なおのこと、そうですね、二人きりの旅行に誘いましょう。兄妹水入らずです

(´・ω・`) …君はどうする

474JC 26@転載は禁止 :2014/07/18(金) 20:26:06.80
ζ(゚ー゚*ζ ミセリちゃんは、お留守番が増えてしまったのですから、少しは私が代わってあげないと…ねえ兄様、気になさらないで。
私はミセリちゃんも大切なのです、あの娘の気持ちは私も痛いほど良く分かるのです

(´・ω・`) …

ζ(^ー^*ζ だから、ね?

(´-ω-`) そうだね…わかったよ







(´・ω・`) 鬼退治が終わったら、直ぐにでも誘うよ

475JC 27@転載は禁止 :2014/07/18(金) 20:30:54.03


シイ達はハインを交えて、寺の裏手にある清流で遊ぶことにした。
大小様々な、山肌から崩れたままの形をした岩は多くが苔むしており、ブームらのくれた草鞋に履き替えたシイは彼女に手を引かれながら、タモ網で魚や虫等と戯れている。

('A`) …母親なんだなぁ…

从*゚∀从 ほら!シイちゃんそこそこ!

(*゚ー゚) えいっ!

(*^ー^) …やったあ、穫れた!やったよハインさん!

从*゚∀从 おおーすごいぞシイちゃん!良く穫れたね!

('A`) …

|  ^o^ | どうかしましたか?

| ^o^ | あちらばかり見てますよ

シイとハインから少し離れた巨大な岩の上で釣り糸を垂らすブームと祐太朗は、となりで釣れた魚を腐りにくいように処理しているドクオに声をかけた。

476JC 28@転載は禁止 :2014/07/18(金) 20:34:41.90
('A`) いや、なに…俺にもあんな頃があったな、と…視姦なんてしてないぞ

|  ^o^ | シイちゃんが羨ましいのですか?

('A`) さて、な

| ^o^ | では ドクオ 嫌いなのですか 今が

('A`) そんなことは無い、無いさ

時折、ドクオらには聞こえないように何か話しているシイとハインを眺めつつ、答える。

| ^o^ | それは めでたい

|  ^o^ | よかった いや よかった

| ^o^ | けれどもドクオ

('A`) なんだ

| ^o^ | ドクオはもっと 多くの人間と遊ぶべきです

('A`) なに?

477JC 29@転載は禁止 :2014/07/18(金) 20:40:11.22
|  ^o^ | 私達は 日頃考えていました

| ^o^ | 前から伝えようとしていましたが言い出せなかったのです しかし今日 この雰囲気ならば話せます

('A`) どうしてだよ

|  ^o^ | 寂しさを楽しさに隠すことができます

| ^o^ | ドクオ どうか私達に遠慮しないでください ドクオは自由であるべきなのです

|  ^o^ | 私達と違い 人の世を行き来しても良いと思います

('A`) 何言ってやがんだか…俺は、人を辞めたんだ

|  ^o^ | そんなこと言ってるくせに 身体は正直なようですよ

('A`) 悔しいな…けど

ドクオは自身の頭を撫で回す。髪を梳くようにしても、たんこぶひとつにさえ触れない。

('A`) 事実、かもしれない

彼には、角が無いのだ。


( ^ω^)ブーン系小説シベリア図書館のようです★51
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/siberia/1391693128/432-



コメントの投稿


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。