まぜこぜブーン

ブーン系まとめ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)


 ('A`)ラストクリスマス。のようです川 ゚ -゚)

320名も無きAAのようです :2012/12/25(火) 22:04:13 ID:kPmKg8gc0
今日はクリスマスだ。
最近の日本においては、恋人たちのためだけに存在している聖なる夜。

('A`)ラストクリスマス。のようです川 ゚ -゚)


321名も無きAAのようです :2012/12/25(火) 22:05:15 ID:kPmKg8gc0
ξ*゚⊿゚)ξ(^ω^*)キャッキャウフフ
川 ゚ -゚)スタスタ
12月25日、街はクリスマス一色でそこらじゅうがきらびやか。
私の隣を歩いているカップルは、遊園地やら水族館やら、そんな場所でロマンチックにデートをするのだろうか。少しだけ羨ましい。
今日のデート先はカラオケ。
少なくとも私にとってはあんまりロマンチックな場所ではない。
ほとんど毎回そうだからたまには別の所が良い、と駄々をこねてみてもシャイボーイ(笑)なあいつは首を縦に振ってくれなかった。
けれどまあ、いいのだ。
浮かれた気分だけなら隣のカップルにだって負けない自信がある。
大好きな彼氏と二人で過ごせるなら、それだけで私は幸せなんだ。

322名も無きAAのようです :2012/12/25(火) 22:06:24 ID:kPmKg8gc0
('A`)テクテク
12月25日。街はクリスマス一色だ。
なんだか昨日は良く眠れなかった。年甲斐もない、と自分に苦笑する。
彼女と付き合い始めてどれだけの月日が経っただろうか。
付き合いたての頃からあまり関係に進展がないような気がするが、多分俺のせいだよな。
今日のデート先はカラオケ。
街往く恋人たちが向かうような場所とはちょっと毛色が違うよな、と自分でも思う。
しかし、どうも遊園地やら水族館やら、そんな場所でロマンチック(笑)にデートをするのは未だに気恥ずかしくてならない。
それに、大好きな彼女と二人で過ごせるなら、それだけで俺は幸せだから。
場所なんてどうでもいいかなと思ってしまう。

323名も無きAAのようです :2012/12/25(火) 22:07:40 ID:kPmKg8gc0
午前11時の少し前、カラオケ店の受付前は妙に混んでいた。
世の中には暇人が多いものだ。
行列の中にはリア充もいたのかもしれないが、そんなのよりも先に見慣れた黒のコートを見つけて思わず小走りになってしまった。

川 ゚ -゚)「やあ。今日は私のほうが遅くなってしまったな」
('A`)「ああ、別にいいよ。いつも待たせてるのは俺だし」
川 ゚ -゚)「そうか」
('A`)「うん」
川 ゚ -゚)「…」
('A`)「…」

駄目だ、まともに顔が見られない。
何がシャイボーイ()だ。これじゃ私だってシャイガール()じゃないか。
付き合ってもう1年は経つのに、こんな私だからあまり関係に進展がないのだろうか。
なんだか申し訳ないな…。

324名も無きAAのようです :2012/12/25(火) 22:09:20 ID:kPmKg8gc0
午前11時を過ぎた頃、カラオケの個室で曲も入れずに二人で駄弁っていた。
カラオケに来てもあんまり歌わないのは俺らの悪い癖だと思う。

(*'A`)「それでモララーまた振られてんのw」
川 ゚ー゚)「なんにも変わってないんだなあいつはw」

幼馴染とまでは言わないが古い付き合いのこいつとは、共通の知り合いの話でよく盛り上がる。
かと思うと最近好きな曲の話になったり、厨二じみた人生論を語ってみたり、話はいつも飛び飛びだ。
話題が尽きることはない。ずっとこうしていたいと思う。
それなのに。

君はまた、同じ目で俺を見るんだ。

325名も無きAAのようです :2012/12/25(火) 22:10:53 ID:kPmKg8gc0
そろそろ正午も近い。
それなのにまだ一曲も入れていないというのはどういうことだろう。
まあいつものことといえばそうだが、流石に自分たちに少し呆れてしまう。
隣の部屋からは下手くそなラブソングが聞こえてきた。

(,,゚Д゚)ラースクリィスマス、アイゲイブユーマイハッ
(*゚ー゚)キャー、ギコクーン

川 ゚ -゚)「あれ、ちょっとストーカーじみた失恋ソングだった気がするんだが」
('A`)「多分合ってる」
川 ゚ -゚)「…彼女の前で歌う曲じゃないよな」
('A`)「そうだな。よし、俺もあれ歌う」
川;゚ -゚)「どうしてそうなるんだ!?」
('A`)「やめろと言われるとやりたくなるよねキリッ」
川;゚ -゚)「口でキリッて言うなよ…とにかくやめろ、なんか嫌だからやめろ」
('A`)「さーて、らすとくりすますー、で題名合ってるっけ?」ピッ ピッ
川;゚ -゚)「人の話を聞けー!」
('∀`)ニヤニヤ

326名も無きAAのようです :2012/12/25(火) 22:12:13 ID:kPmKg8gc0
むう、また遊ばれていたのか。
どうしてそう私をからかうのが好きなのか一度聞いてみたい。

川 ゚ -゚)「どうしてそう私をからかうのが好きなのか一度聞いてみたい」
('A`)+「面白いから」キリッ
川 ゚ -゚)「今度はちゃんとキリッとしているな」
('A`)「君は素直だから反応が見てて面白い。あと、可愛い」
川 ゚ -゚)「」
('A`)「うん、可愛い」
川 ////)「」
('A`)「ま、冗談はおいておいていい加減歌おうぜ」
川;゚ -゚)「あ、ああ。って冗談だったのか!?」
('A`)「はっはっはー、んじゃ俺からな」ピピッ
川 ゚ -゚)「…おい」

結局ラストクリスマスか…。
しかし真面目くさって歌うその横顔が私はすごく好きで、そんなに歌は上手くないけどその声がすごく好きで。
それで歌い終わった後もぼーっと見ていたら、目があった。

川 ゚ー゚)「ドクオ、好きだぞ」
(;'A`)「お、おう」

やはり照れている。
こんな時間が凄く愛おしくて、出来ることならずっと一緒にいたいと思ってしまう。
それなのに。

君はまた、同じ目で私を見るんだ。

327名も無きAAのようです :2012/12/25(火) 22:13:58 ID:kPmKg8gc0
そろそろ14時だ。
出る前に少し食べてきたとはいえ、若干腹が減った。

('A`)「なんか食う?」
川 ゚ -゚)「そうだな。何がいい?」
('A`)「何でもいい」
川 ゚ -゚)「では、チョコレートパフェとストロベリーパフェで好きな方を選べ」
(;'A`)「…俺両方苦手なの知ってるよね?」
川 ゚ -゚)「勿論だ」

これは、ささやかな反撃のつもりなんだろうか。
なんとか説得し、無難にピザを頼む。
生暖かいピザが届くまでの間、また他愛無い話をする。
楽しい。凄く、楽しい。

だからその目で俺を見ないでくれ。


今は14時半くらいだろうか。
不味いというほどではないが決して美味しくはないピザを食べ終わると、どことなくゆったりとした沈黙が流れた。
沈黙すらも心地いいっていうのは、なかなか普段はない感覚だ。
そのちょっとした特別が私にとっては至高の幸せで、付き合ってよかったといつも思う。
幸せだ。とても、幸せだ。

だからその目で私を見ないでくれ。

328名も無きAAのようです :2012/12/25(火) 22:15:16 ID:kPmKg8gc0
ちらと見た時計は14時38分を俺に告げた。
いつもならずっと浸っていたいと思える沈黙が、だんだん俺に重く纏わりつく。
最近、気付いてしまったんだ。
君の目に潜む気持ちに。
いやだ、そんなのはいやだ、俺の心は君がその目で俺を見る度に喚き叫ぶ。
でも、俺は君が好きだ。だから、俺は君の願いを叶えるべきなんだ。

ああ、俺はどうすればいい?


どれだけの時間が流れただろうか。
重い重い沈黙を、私はとうとう切り裂くことにした。
最近、気付いてしまったんだ。
君の目に潜む気持ちに。
私だって、出来ることならそれは避けたい。
でも、私は君が好きだ。だから、私は君の願いを叶えるべきなんだ。

私がこうするのが、一番いいんだ。

329名も無きAAのようです :2012/12/25(火) 22:17:05 ID:kPmKg8gc0
君は自分の鞄をがさごそと漁る。
何かとてつもなく嫌な予感がして、俺は思わず沈黙を破った。
(;'A`)「おい、ク」

彼女が取り出したのは、包丁だった。
そして、
顔をあげた君と、
目が、
あった。


机の上に包丁を置いて君を見る。

ああ、やっぱり、
君は、
その目で私を見るんだね。

330名も無きAAのようです :2012/12/25(火) 22:18:07 ID:kPmKg8gc0
最近、気付いてしまったんだ。


最近、気付いてしまったんだ。


ふとした瞬間、
「私を殺して」
と俺に目で訴えてくる君に。


ふとした瞬間、
「君を殺したい」
と私に目で訴えてくる君に。


凄く辛そうだった。


酷く辛そうだった。


殺したくなんかない。


死にたくなんかない。


でも、これが君を救うなら。


でも、これが君を救うなら。

331名も無きAAのようです :2012/12/25(火) 22:20:04 ID:kPmKg8gc0
俺は静かに包丁を握った。

川 -)「ドクオ」
川 ;ー;)「愛してた」


ふわりと、抱きしめられた。
あったかいな。
愛してた、なんて嘘だ。
本当は、今だって君を愛してる。
それでもこの恋は過去にしなきゃいけないから。
君に、後悔なんてさせたくないから。
本当は泣くつもりも、なかったんだけどなあ…

暖かい君の腕の中、冷たい刃を私の中に感じた。

332名も無きAAのようです :2012/12/25(火) 22:20:54 ID:kPmKg8gc0




ずっと一緒にいたかったよ。
でも、君のためだから。
君は今、きっと幸せでいてくれるよね。


(ヽ'ω`) ブーン系鬱祭りのようです
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/13029/1352205445/320-



コメントの投稿


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。