まぜこぜブーン

ブーン系まとめ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)


 ( ^ω^)とξ゚⊿゚)ξのようです

254名も無きAAのようです :2012/12/24(月) 16:50:01 ID:XsWFxXvE0

むかしむかし
あるところに、びんぼうなきこりのかぞくがいました

( ^ω^)「こら! ツン! お兄ちゃんのパンかえすお!」

ξ゚⊿゚)ξ「やーだよー!」

( ФωФ)「楽しそうであるな」

ζ(゚ー゚*ζ「そうね」

びんぼうでも、かぞくぜんいんしあわせでした
しかし

( ФωФ)「……今年は冷夏で、畑の作物が全て枯れてしまった。このままでは、家族全員共倒れになってしまう」

( ФωФ)「もう、子どもたちを手放すしかないんだ……!」

ζ(゚―゚*ζ「わかってる。そんなこと、わかってるからっ!!」ダンッ!

( ФωФ)「……少し静かにしなさい。子どもたちに聞こえてしまう」

ζ(゚―゚*ζ「でも、そんなこと、私には決められない」

ζ(゚―゚*ζ「私は、あの子たちの母よ? あの子たちが死ぬような決断なんて、できないわ」

ζ(゚―゚*ζ「……あなたにまかせます。あなたが決めたことならば……ね」


255名も無きAAのようです :2012/12/24(月) 16:51:06 ID:XsWFxXvE0

さて、このはなしをきいていたのは、おなかがすいてねむれないこどもたち

ξ;⊿;)ξ「どうしようお兄ちゃん! 私たち、捨てられるの? 死んじゃうの?」

( ^ω^)「……大丈夫だお。ツン。お兄ちゃんが、何とかしてあげるから」

( ^ω^)「いいことを思いついたから、ちょっと外へいってくるお」

そういうと、ブーンはまどからそとへでていきました



つぎのひ

ζ(゚―゚*ζ「今日は、森へ行くわよ」

( ФωФ)「お弁当として、パンをあげよう。大事に食べるのだぞ」

かぞくは、なかよくもりへいきました
そのとちゅう、こっそりブーンは、きのうのよるにひろったしろいこいしをいっこずつおとしていきます
そうして、かぞくはもくてきのばしょへつきました

( ФωФ)「お父さんとお母さんは木を切っているから、おまえたちはそこにいるんだぞ」

( ^ω^)ξ゚⊿゚)ξ「はーい」

ζ(゚―゚*ζ「じゃあ、いってくるわね」

256名も無きAAのようです :2012/12/24(月) 16:52:00 ID:XsWFxXvE0

こどもたちはまちました
おひるになり、パンをたべました
よるになってもおとうさんとおかあさんはかえってきません
( ^ω^)「おとーさーん!」

ξ゚⊿゚)ξ「おかーさーん!」

しずかなもりに、ふたりのこえだけがひびきます
そして、もうおとうさんとおかあさんがかえってしまったことをしると、ついにツンはなきだしてしまいました

ξ;⊿;)ξ「やだよぅ……。おとぉさんおかぁさん……」

( ^ω^)「ツン、落ち着くお」

ξ;⊿;)ξ「やだやだぁ。おどうざんおがあざんおいでがないでえええええ!」

( ^ω^)「大丈夫だお。ちゃんと、家に帰れるお。お兄ちゃんを信じるお」

しばらくして、つきがでてきました
つきは、ブーンのおいたしろいこいしをてらします

( ^ω^)「こっちだお!」タッタッ

( ^ω^)「こっちこっち!」タッタッ

( ^ω^)「あしもとにきをつけるお! いえまでもうすぐだお!」タタタタッ

257名も無きAAのようです :2012/12/24(月) 16:53:01 ID:XsWFxXvE0

( ^ω^)「ただいまだお!」ガチャ

( ФωФ)ζ(;―;*ζ「!」

( ФωФ)「すまなかった……!」

ζ(;―;*ζ「ブーン! ツン!」

おとうさんとおかあさんは、こどもたちをだきしめました
しかし、たべものがないことはかわらないのです



すうじつご

ζ(゚―゚*ζ「今日も、木を切りにいくわよ」

また、かぞくはもりへいきました
しかし

( ^ω^)(やばいお。小石なんて持ってないお)

こまったブーンは、かわりにとしろいパンをちぎっておいていきました
しかし、これはしっぱいでした
いざふたりがかえろうとしたとき、パンはもうひとかけらもなくなっていたのです
こどもたちはもりをさまよいました
しかし、もりからでるどころか、どんどんとおくのほうへとはいりこんでしまっていたのです

258名も無きAAのようです :2012/12/24(月) 16:54:00 ID:XsWFxXvE0

ξ゚⊿゚)ξ「もう、あるけないよ……」

( ^ω^)「じゃあ、ツンはここで休んでてだお。ちょっと、家みたいなものがみえたから、見てくるお」

ξ゚⊿゚)ξ「! それ、ほんと? 私も行く!」

こどもたちはあるいていきました
そして、あったのは、たくさんのおかしでつくられた『ような』いえでした
――しかし

( ^ω^)「おかしの家だお!」

ξ゚⊿゚)ξ「このクッキー、おいしい!」

おなかがすきすぎて、もうこどもたちには、それはおかしのいえにしかみえませんでした

( ^ω^)「おいしいお!」

ξ゚⊿゚)ξ「おかしなんてひさしぶりー!」

ふたりはばりばりと、いえをたべていきます
それはおかしににた、ただのきだとはきづかずに
やがて、いえのぬしがきづきます

('A`)「おいッ! おまえら、なにくってんだよっ」

( ゚ω゚)ξ゚⊿゚)ξ「ぎゃー!

259名も無きAAのようです :2012/12/24(月) 16:55:04 ID:XsWFxXvE0

ふたりはおどろいてにげだそうとします

('A`)「家なんか食うほどおなかすいてたのか……。捨てられたのか?」

こどもたちのかたがびくっとうごきます

('A`)「入れよ。あったかいご飯、食いたいだろ?」

こどもたちは、かおをみあわせると、いえのなかへとはいっていきました



('A`)「ほら、食えよ。いっぱいあるからな」

('A`)(やせて、かわいそうに……)

こどもたちはほんとうにやせていました
とくに、ブーンは、よくツンにごはんをあげていたため、ガリガリにやせこけていました。

( ^ω^)「おいしいおいしい!」パクパク

ξ゚⊿゚)ξ「おかわりもっと!」

260名も無きAAのようです :2012/12/24(月) 16:56:10 ID:XsWFxXvE0

つぎのひ

('A`)「そろそろおきろよー」

( ^ω^)「……! あ、そうだったお……」

ξ゚⊿゚)ξ「おとうさんおかあさん……」

('A`)「……さて、今から料理をするんだが、誰か手伝ってくれないか?」

ξ゚⊿゚)ξ「あ、手伝うー」

( ^ω^)「ブーンはちょっと料理はできないから……」

('A`)「そうか。じゃあ、ちょっとそこでまっていてくれるか? また、なんかてつだってもらうよ」

( ^ω^)「はーい」



('A`)「できたぞー!」

( ^ω^)「ありがとうだお」

('A`)「よし、じゃあたべるか。いただきまーす!」

そして、ドクオだけがしょくじをはじめます
こどもたちは、ドクオをじっとみつめていました

261名も無きAAのようです :2012/12/24(月) 16:58:04 ID:XsWFxXvE0

('A`)「? どうしたんだ?」

じつは、こどもたちは、ドクオのことをこどもをたべるまほうつかいだとおもっています
それは、きのうのこんなかいわのせいです

( ^ω^)「えっと……」

('A`)「ドクオだ」

( ^ω^)「ドクオさんは、なんでこんなところに住んでるんだお?」

('A`)「人が苦手でな」

ξ゚⊿゚)ξ「なんでおかしの家にしたの?」

('A`)「ん? 夢があっていいだろ? ほら、おれ、魔法使いだしな」

( ^ω^)「……こどもたべるのかお?」

('A`)「さ~な」

ドクオにとってはちょっとふざけただけでした
でも、それをこどもたちはまにうけてしまったのです

( ^ω^)『大丈夫みたいだお』

ξ゚⊿゚)ξ『じゃあ、食べようかお兄ちゃん』

262名も無きAAのようです :2012/12/24(月) 17:00:03 ID:XsWFxXvE0

ひそひそとはなし、しょくじをはじめるふたり
ドクオは、そんなこどもたちをふしぎそうにみていました



それからとおかほどたったころ

('A`)「今日は、パンを焼こうと思う」

ドクオは、なかなかこどもたちとなかよくなれないと、こまっていました、
そこで、いっしょにパンをつくったらなかよくなれるのでは、とおもったのです
ドクオは、けいかいするこどもたちといっしょにパンのきじをつくりはじめました



('A`)「さあ、後は焼くだけだぞー」

( ^ω^)「…………」

ξ゚⊿゚)ξ「…………」

そして、ドクオがかまどにパンをいれようとしたとき
いましかない
こどもたちは、ドクオをうしろからおもいっきりつきとばしました。

('A`)「え?」

('A`)「うわああああああああああああああああああああ!」

263名も無きAAのようです :2012/12/24(月) 17:01:06 ID:XsWFxXvE0

( ^ω^)「やったお! やったお! わるい魔法使いは倒したお!」

ξ゚⊿゚)ξ「やった! やった! やった!」

('A`)(ああ)

ドクオは、むかしからひとりぼっちでした
かぞくからもきらわれ、こんなもりのなかへおいやられてしまいました
ひさしぶりにあったこども

('A`)(ともだちに、なろうとしただけなのにな)

ないても、なみだはすぐにじょうはつしてしまいました

('A`)(やっぱり、むりなのかな。ああ、熱い――)



( ゙ω゙)「もえたもえたー」

ξ゙⊿゙)ξ「わるい魔法使いは燃え死んだー」

こどもたちのめには、ただ、わるいまほうつかいのしたいにしかみえていませんでした
こどくなおとこのなきがらになんて、まったくみえていません
くるくると、こどもたちはおどりはじめました
くるくる、くるくると
それはそれは、とてもたのしそうでした

264名も無きAAのようです :2012/12/24(月) 17:02:02 ID:XsWFxXvE0

こどもたちは、いえにあるかねめのものをすべてうばっていきました
そして、なんにちもかかりながら、やっといえにたどりつきました

( ^ω^)「ただいまだお!」ガチャ

ξ゚⊿゚)ξ「やっとついたー」

おとうさんとおかあさんは、ふたりのもっているものをみてすべてをさっしました
もりのおくに、かねもちがすんでいるということはきいたことがありました
おとうさんとおかあさんは、なにもいわずにこどもたちをだきしめました

( ^ω^)「おとうさん! ブーン、わるい魔法使いをやっつけたんだお!」

ξ゚⊿゚)ξ「おかあさん! 私もお兄ちゃんと一緒にやっつけたの!」

こどもたちは、すこしおおげさに、じぶんのみたことをはなします。
そう、これが、あのどうわの、ヘンゼルとグレーテルです。

そのごきこりのかぞくは、おかしのいえからもってかえってきたたからものでしあわせにくらしましたとさ。


( ^ω^)とξ゚⊿゚)ξのようです


 END


 ※ 『ヘンゼルとグレーテル』を元ネタに書かれたそうです
(ヽ'ω`) ブーン系鬱祭りのようです
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/13029/1352205445/254-

 ※ ドクオの顔は差し替えました (‘A`) → ('A`)


コメントの投稿


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。