まぜこぜブーン

ブーン系まとめ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)


 ある罪人の話

118名も無きAAのようです :2012/12/20(木) 22:51:24 ID:YKjpQ.SI0
がたごと。がとごと。馬車は揺れる。

がたごと。がとごと。罪人を乗せて、馬車は進む。

共に乗るのは小柄な衛兵。罪人を見張る、そのための衛兵。

がたごと。がとごと。馬車は揺れる。

がたごと。がとごと。山道を進む。

ここに語られるのは、ある罪人の話。

嘘か真かは、知るはずも無い。

がたごと。がとごと。馬車は揺れる。



川 ゚ -゚) うーん。ようやく半分来たってところだな、少し肌寒くなってきた。

(  ´_ゝ ……。

川 ゚ -゚) おい、寒くないか?

( ´_ゝ`) ……いや、そうでもない。

川 ゚ -゚) そうか。一応シベリア用の防寒着も渡されてるから、寒くなったら言ってくれ。

( ´_ゝ`)) ……。コクリ

川 ゚ -゚) シベリアはいい所だぞ?いい人ばかりだし、店も多くて町も発展してる。

川 ゚ー゚)b その上、酒がウマい!

( ´_ゝ`) それはよかった。

川 ゚ -゚) 流刑地じゃなければ私が住みたいぐらいだよ。めっちゃ寒いけどな。

川 ゚ -゚) ……。

川 ゚ -゚) なあ、罪人さんよ。

( ´_ゝ`) ……なんだ?

川 ゚ -゚) お前は、一体何のために罪を犯した?

川 ゚ -゚) 私には、お前が罪を犯すようなやつには感じられないのだよ。

(  ´_ゝ ……。


119名も無きAAのようです :2012/12/20(木) 22:52:11 ID:YKjpQ.SI0
( ´_ゝ`) ……話すほどのことでもないさ。ドロボウだよ。ただのドロボウ。

( ´_ゝ`) 金に困って忍び込んだ屋敷で見つかって、あっさり捕まっただけさ。

川 ゚ -゚) フーン、本当か?

( ´_ゝ`) 疑うほどの余地がある話でもないと思うが。

川 ゚ -゚) いや、今回の仕事はな。何かおかしいんだ。

川 ゚ -゚) こういう仕事では罪人のことは教えてもらうんだが、お前のことは何も知らされてない。

川 ゚ -゚) だけど、今回の罪人にはできるだけ注意をしろ、目を離すなと言われている。

川 ゚ -゚) おかしいだろ?ただのドロボウにこんな扱い。

( ´_ゝ`) ……そういうところに突っ込んだ話をするのもどうかと思うが。

川 ゚ -゚) いいんだ、こんな国なんだから。他所の国を勝手に流刑地にして、罪人を押し付けるような国だ。

川 ゚ー゚) こんな風にならないと、この国の衛兵なんて、やってられないのさ。

( ´_ゝ`) 歪んでるな。

川 ゚ -゚) ごもっとも。

(  ´_ゝ ……。

( ´_ゝ`) ……じゃあ、こんな話はどうだ?。

( ´_ゝ`) ある男から聞かされた、出所のわからないおとぎ話だ。

( ´_ゝ`) 本当か嘘かなんて、この話を作ったやつしか知らない。

川 ゚ -゚) そうか。

( ´_ゝ`) そうだ。

( ´_ゝ`) しかも、後味が最高に悪くて、暗い話だ。聞きたくないだろう?

川 ゚ -゚) 後味が悪くても、どんなに暗くても、面白い話は面白いものだ。ぜひ聞かせてくれ。

( ´_ゝ`) ……。

( ´_ゝ`) ……わかった。話してやるよ。

121名も無きAAのようです :2012/12/20(木) 22:52:54 ID:YKjpQ.SI0
( ´_ゝ`) あるところにとても仲の良い、二人の兄弟がいた。

( ´_ゝ`) 他の家族をずっと昔に亡くしていて、家族と呼べるのはお互いだけだった。

( ´_ゝ`) 生活は貧しく、その日を過ごすのが精一杯な暮らしをしていた。

川 ゚ -゚) ……まぁ、よくある話だな。

( ´_ゝ`) そうだな、特に珍しくもない話だろう。

( ´_ゝ`) 続けるぞ? ……兄弟はお互いに補い合いながら、なんとか暮らしていた。

( ´_ゝ`) 貧しくても、兄がいれば、弟がいれば、仲良く、幸せに暮らせていた。

( ´_ゝ`) しかし、そんな中、弟が流行りの病にかかり、寝込んでしまう。

川 ゚ -゚) ……。

( ´_ゝ`) 医者にかかる金などあるはずもなく、弟の容体は悪くなるばかり。

(  ´_ゝ そのまま弟は、兄を残して死んでしまう。

(  ´_ゝ 残された兄は悲しんだ。そして、途方に暮れた。

(  ´_ゝ 今までずっと二人で生きてきた。何をするにも、一人じゃなかった。

(  ´_ゝ 二人で回っていた生活は一人になって回らなくなった。

( ´_ゝ`) このままでは、近いうちに兄も弟の後を追って、死んでしまうだろう。

( ´_ゝ`) ……そこで、兄は、ある噂を耳にする。

( ´_ゝ`) 人を生き返らせる魔術があるらしい、と。

川;゚ -゚) !

123名も無きAAのようです :2012/12/20(木) 22:54:45 ID:YKjpQ.SI0
( ´_ゝ`) 何を思ったのか、兄はその魔術に手をだした。

( ´_ゝ`) その術は魔学を知らずとも使えてしまう程、簡単なものであったらしい。

川;゚ -゚) それで……弟が生き返ったのか?

( ´_ゝ`) 生き返った……と、言っていいものだろうか。

( ´_ゝ`) その術で、確かに、弟は再び目を覚ました。兄と話もした。

( ´_ゝ`) 兄弟は喜んだ。また共に暮らしていける、と。

(  _ゝ ) しかし、弟の体は日に日に崩れ、腐っていった。

川;゚ -゚) な……。

(  ´_ゝ 兄が使った魔術は確かに、弟を再びこの大地に呼び寄せた。

(   _ゝ だが、その体は死んだままだった。

(   _ゝ 手足は動いても、体に血は巡らず、食事を摂ることもできない。

(  ´_ゝ その魔術は、死者を呼び寄せはするもの、生き返らせるものではなかったんだ。

川;゚ -゚) ……。

( ´_ゝ`) これでは、またすぐに弟はこの世のものではなくなってしまうだろう。

( ´_ゝ`) 兄は、探し求めた。どうにかして、弟を完全に生き返らせる方法はないものかと。

( ´_ゝ`) ありとあらゆる場所を、兄は探していった。

( ´_ゝ`) 小さな図書館から、王宮魔術師の屋敷にまで、手段を選ばずに。

( ´_ゝ`) そして、兄は、ある魔術を見つける。

川;゚ -゚) 死者を蘇らせる魔術をか?

(  ´_ゝ いや、残念ながら、違う。

(  ´_ゝ ……。

(  ´_ゝ 兄は……。

(  ´_ゝ 兄は、精神を入れ替える魔術を見つけたんだ。

124名も無きAAのようです :2012/12/20(木) 22:55:30 ID:YKjpQ.SI0
川 ゚ -゚) 精神を?その魔術で、死者を蘇らせることができるのか?

( ´_ゝ`) 言うまでもない。その魔術で死者を蘇らせることなんて、不可能だ。

( ´_ゝ`) 兄は、弟と体を入れ替え、弟の代わりに死のうとしたんだ。

川;゚ -゚) な……っ!?

(  ´_ゝ ……兄は、その術を使った。

(  ´_ゝ それは、とても難しい術で、魔具や術式も大量に必要とする術だった。

(   _ゝ その術を使うために、大小様々な罪を重ねた。

(   _ゝ 侵入、詐欺、窃盗、恐喝……。

(  ´_ゝ ……彼は罪を重ねすぎた。国に見つかり、北の土地に流刑となった。

(  ´_ゝ 彼の家からは、多くの盗品と、わずかな食料。

(   _ゝ そして、腐り果てた死体が見つかったという。

(   _ゝ 彼は、狂ってしまったのだろうか?

(  ´_ゝ それとも、ずっと昔から狂っていたのだろうか?

(  ´_ゝ その後の彼の行方は、誰も、知らない。

( ´_ゝ`) ……。

( ´_ゝ`) ……これで、終わりだ。面白くなかっただろう?

川;゚ -゚) ……あ。

川 ゚ -゚) ……。

川 ゚ -゚) いや、ありがとう。中々興味深い話だったよ。

( ´_ゝ`) そうか?

川 ゚ -゚) そうだ。

(  ´_ゝ そう……か。

125名も無きAAのようです :2012/12/20(木) 22:56:13 ID:YKjpQ.SI0
川 ゚ -゚) ああ、ただ、少し気になるところがあったな。

( ´_ゝ`) 気になるところ?

川 ゚ -゚) 最後に、兄が、入れ替わりの魔術を使っただろ?

川 ゚ -゚) その術は結局……成功したのか?

( ´_ゝ`) ……。

(  ´_ゝ さあな……。俺も、そこは知らないんだ。

( ´_ゝ`) そういうものだろう?物語というのは。

川 ゚ -゚) そういうものなのか。

( ´_ゝ`) そういうものさ。

川 ゚ -゚) そうか。

川 ゚ -゚) それと……。

川 ゚ -゚) 兄は、狂っていなかった。と、私は思うよ。

( ´_ゝ`) ……へぇ、何故だ?

川;゚ -゚) 私は兄弟姉妹がいないから、ちょっとわからないのだが……。

川 ゚ -゚) そういうもの、だと思うんだ。家族というのは。

川 ゚ -゚) 我が身を犠牲にしてでも、生かしてやりたいって。しかも、たった一人の家族なら、そうだと思う。

( ´_ゝ`) わかるのか?

川 ゚ -゚) さぁ?でも、私の家族も母しかいないからな。

川 ゚ー゚) これで違うって言うんなら、私も狂ってるってことなのかもな。

( ´_ゝ`) ……あんたは、狂ってなんかないさ。

川 ゚ -゚) なんでだ?

( ´_ゝ`) 勘。

川 ゚ -゚) 勘かよ……。

126名も無きAAのようです :2012/12/20(木) 23:00:04 ID:YKjpQ.SI0
がたごと。がとごと。

::川 ゚ -゚):: ブルッ

川 ゚ -゚) ああ、もうこんなに来たのか……。流石に寒くなってきたな……。

川 ゚ -゚) 防寒着、防寒着……。ゴソゴソ

川 ゚ -゚) ……ほら、お前の分。

( ´_ゝ`) ありがとう。

川 ゚ -゚) ああ、それと……。

川 - -) 私、いっつもこの辺りまで来て防寒着を着ると、眠くなっちゃうんだよなー。

川 ゚ -゚) 罪人を見張ることが目的なんだけどなー。これじゃ、罪人が泣こうが喚こうが見張れないなー。

川 ゚ -゚) 鎖で繋いでるから逃げられはしないだろうけどなー。あーあ、段々眠く……。

川 - -) な っ て き た … … zzz……。

( ´_ゝ`) ……ああ。

(  _ゝ ) ……すまない、ありがとう、な。

(  _ゝ ) ……。

::( ∩_ゝ ):: ……。


――やめろ、兄者!俺は、もう、死んでるんだ!そんなこと、俺は、望んでない!

――いいんだ、もう、決めたんだ。弟者に体をくれてやるって。こんなことになったのは、俺のせいだからな。

――あ、に……じゃ……俺は……。

――じゃあな、弟者。俺の残りの人生をやるんだ。たっぷり謳歌しろよ?

――やめろ!兄者!嫌だ!なんでだよ!なんで……。兄者の、馬鹿、野郎……っ!!


::( ∩_ゝ;):: なん、で……。なんで……なんだよ……ぉ!

川 - -)

川 - ゚)

川 - -) ……。

127名も無きAAのようです :2012/12/20(木) 23:00:50 ID:YKjpQ.SI0
がたごと。がとごと。


川 - ゚) んん……あー。

ヽ川 ゚ -゚)ノ ふぁ~あっ……。

川 ゚ -゚) ふぅ、もうじき、シベリアの町につくな。

川 ゚ -゚) お前、私が寝ている隙に、逃げようとしたりしなかっただろうな。

(  ´_ゝ ……いや。

川 ゚ -゚) そうか、なら、いい。

川 ゚ -゚) シベリアに着いたら、まず役場に行け。話はしてあるから、仕事は貰えるはずだ。

( ´_ゝ`) なんと、仕事を貰えるのか。

川 ゚ -゚) まぁ多分肉体労働だけどな。あとうどん工場とハンバーグ工場には絶対行くな。

( ´_ゝ`) なんでだ?

川 ゚ -゚) ……聞くな。何があってもその二つはイカン。

( ´_ゝ`) ……よくわからんが把握した。

128名も無きAAのようです :2012/12/20(木) 23:01:37 ID:YKjpQ.SI0
がたごと。がとごと。


川 ゚ -゚) ほら、あれがシベリアの町だ。

( ´_ゝ`) でかいな。

川 ゚ -゚) でかいぞ。……さて、もうじきお別れだ。

( ´_ゝ`) ああ、世話になったな。

川 ゚ -゚) そうだな……。最後に、お前の名前を教えてくれないか?

( ´_ゝ`) 名前?聞いてどうするんだ?

川 ゚ -゚) ああ、私は、いずれシベリアに移り住もうと思っていてな。知り合いがいたほうがいいんだ。

川 ゚ー゚) 私の名前は、クールという。お前の名前は、何だ?

( ´_ゝ`) ……。

( ´_ゝ`) 俺の、名前は……。


がたごと。がとごと。馬車は揺れる。

がたごと。がとごと。罪人を乗せて、馬車は進む。

共に乗るのは小柄な衛兵。罪人を見張る、そのための衛兵。

がたごと。がとごと。馬車は揺れる。

がたごと。がとごと。雪道を進む。

ここに語られたのは、ある罪人の話。

嘘か真かは、知るはずも無い。

がたごと。がとごと。馬車は揺れる。

129名も無きAAのようです :2012/12/20(木) 23:02:21 ID:YKjpQ.SI0

     ある罪人の話 
                    -終-


(ヽ'ω`) ブーン系鬱祭りのようです
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/13029/1352205445/118-129



コメントの投稿


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。