まぜこぜブーン

ブーン系まとめ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)


 みせいねんのしゅちょうのようです


1名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 01:54:35 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「……」

( ><)「僕の名前はビロード」

( ><)「十五歳の、中学三年生です!」 

( ><)「つい最近公立高校からの合格通知が来ました!」

( ><)「これで僕も立派な高校生になるというわけです!」

( ><)「でも、だからこそ、僕は今ここで」

( ><)「今まで一度も足を踏み入れたことのなかった中学校舎の屋上で、主張したいことがあるんです」

( ><)「誰でもいいです、聴いてください!」

( ><)「どうか、僕の言葉を聴いてください!」




2名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 01:58:26 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「僕はごく普通の家庭に生まれた方だと思います」

( ><)「収入は世間でいうところの中の下」

( ><)「人並みにお年玉とかに文句を言いたくなることもありましたが」

( ><)「もっと根本的な……つまり生活面で苦労したことはありませんでした!」

( ><)「父と母の仲もよく、つまり僕は普通すぎる人生を歩んできたわけです」

( ><)「だからどうしてこうなったのか分かりませんが、僕は小さいころからすごく怖がりだったそうです」

( ><)「父が買ってきた、お風呂で遊ぶ動く玩具に泣き喚いたこともあったそうです!」

( ><)「その頃のことは何も憶えていませんが、今の自分を省みると」

( ><)「そんな過去があっても不思議ではないと思います!」

( ><)「そんな臆病者だった僕はいつからかゲームが趣味になっていました!」

( ><)「ゲームセンターではなくテレビゲームの方です!」

( ><)「一人っ子だった僕には一緒に遊んでくれる人がなかなかいませんでしたが」

( ><)「たまには父や母や、祖母が勝手も分からないのに僕の相手をしてくれることがありました!」


3名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:00:42 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「殺し合いのゲームとかが好きだったわけでもないし」

( ><)「今でも興味があるわけじゃないのでよくわかんないんですが」

( ><)「ゲーム脳という説はたぶん嘘っぱちだと思います」

( ><)「僕がコントロールしていた画面の中の主人公はいつも勇敢に敵と戦っていましたが」

( ><)「僕にはそんな冒険心がこれっぽちも存在していません」

( ><)「だから、ゲームで人が変わるなんてことはないんじゃないかなって思います!」

( ><)「けれど、時々僕にも魔法が使えたらいいなって思うこともありました」

( ><)「というか、今でも割と本気で炎とか出せたらいいなって思います!」

( ><)「別に何に使うというわけでもないんですが、僕にしか使えない特別な能力が存在して」

( ><)「都合よくそれでしか倒せないような大きい敵が現れて」

( ><)「絶妙のタイミングで登場した僕が華麗にそいつをやっつけるとか、そういう夢をたまに見ます!」

( ><)「夢が高じて最近ではそんな自分を投影した小説を書くようになってしまいました!」


4名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:02:34 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「でも実際にはそんな魔法が使えるわけもなくて」

( ><)「僕はごく普通の一般人なわけですから」

( ><)「日常生活では教室の隅の机に頬杖をついて過ごしています!」

( ><)「時々雑巾が飛んできます!」

( ><)「振り向くと、名前も定かでないような」

( ><)「ちょっとかっこいい感じの同級生が僕を見て笑っています!」


6名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:04:46 ID:BYyKs4Jk0
( ><)ゲームのせいではないと思いますが」

( ><)「僕は臆病者だったので小学校に入るとたちまちいじめられっ子になりました!」

( ><)「最初は何で自分がこんな目に遭わなければならないのかまったく分からずに」

( ><)「泣き喚いたりもしたものですが」

( ><)「それが無意味だと分かると、僕は子供ながらに諦めるということを覚えました!」

( ><)「何をされても無視するような毎日が続きました!」

( ><)「僕はそれから九年たった今でもいじめられっ子のままですが」

( ><)「最近ではいじめの威力も弱くなってきました」

( ><)「それには二つの原因があると思うのですが、その話はあとに回します!」


7名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:06:39 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「小学生、特に低学年は限度というものを知りません」

( ><)「僕をいじめていたグループは二つあって、一つは斉藤君という人を中心とした男子グループ」

( ><)「そしてもう一つは都村さんという人を中心とした女子グループでした!」

( ><)「斉藤君のやり口は何というか単純なもので、力任せに僕をジャングルジムから突き落したり」

( ><)「わざとブランコの前に立たせて全力でこいでいるブランコを顔面にぶつけるというような具合でした!」

( ><)「それらに対しては反応しやすく」

( ><)「僕はただ痛みに任せて号泣していれば済みました!」

( ><)「斉藤君は力は強くとも頭の悪い子だったので」

( ><)「時々先生に見つかってこっぴどく叱られていたようでした!」

( ><)「そうやってたまったフラストレーションを」

( ><)「彼は一輪車で僕をぶん殴ったりして晴らしていたようでした!」


8名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:08:52 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「僕が困ったのはどっちかというと都村さんを中心にした女子グループです!」

( ><)「彼女はそもそも斉藤君のいじめを目撃し」

( ><)「なんだか楽しそうだからという理由で僕を攻撃し始めたそうですが」

( ><)「彼女は斉藤君よりも遥かに知恵者で、しかも手口が陰湿でした!」

( ><)「彼女は休み時間の間に僕のノートをザリガニのいるため池に放り込んだり」

( ><)「僕が図書室から借りたズッコケ三人組の本を一ページずつ」

( ><)「丁寧に牛乳をぶちまけたりするのでした!」

( ><)「下校の時、靴の奥に生きたムカデがそのまま入っていた時には」

( ><)「流石の僕も発狂しそうになったのですが、それもまた彼女たちの仕業に違いありません」


9名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:11:41 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「斉藤君と違って、都村さんは成績もよく、スポーツ万能でかわいい女の子でした」

( ><)「性格も、傍から見れば温和そのものといえたでしょう!」

( ><)「そんな彼女が何故僕にあんなことをしなければならないほどストレスを溜め込んでいたのか」

( ><)「今もってさっぱり分かりません!」

( ><)「彼女は先生から見ればおそらく優等生でしたでしょうし、友達もたくさんいました」

( ><)「周りの男子の注目の的でもありましたし」

( ><)「もはやその時点で彼女は人生の勝ち組であるといっても良いかもしれません!」

( ><)「ああ、もしかしたら彼女が僕をいじめていたのは、勝ち組であるが故なのでしょうか!」


10名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:13:19 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「僕が受けてきたいじめは、一つ一つ抽出すると」

( ><)「随分陰惨なものであるようにきこえるかもしれませんが」

( ><)「現実として僕はいじめに耐えられず自殺するような真似を起こさずに済みました!」

( ><)「何故なら僕には仲間がいたからです!」

( ><)「当時いじめられるのは僕みたいな臆病者に加えてアトピー持ちや太っている子」

( ><)「ギリギリ発達障害じゃない子などがいましたが」

( ><)「僕はそういった人たちと仲良くなり」

( ><)「結託することによってそれぞれの痛みを分かち合い、傷を舐めあうことができました!」

( ><)「大抵そういう人はゲームとか漫画とか、インドア系の趣味を持っていたので」

( ><)「簡単に仲良くなれました!」


11名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:14:43 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「僕は、体育はちょっとだけ苦手でしたが」

( ><)「それ以外の成績は、少なくとも母に怒られない程度には『まあまあ』でした!」

( ><)「周りのいじめられっ子は、いじめられっ子であるせいなのか分かりませんが」

( ><)「体育も成績も底の方を這いずり回っていたようです!」

( ><)「だから僕はいつしか」

( ><)「いじめられっ子グループの中でのリーダー的な存在になってしまっていました!」

( ><)「リーダーだからと言って何をするわけでもありません」

( ><)「ただいじめられっ子が集まっているときに率先して狙われるだけの存在です!」

( ><)「でも、別に辛くはありませんでした!」

( ><)「僕にはただ、いつも通りにいじめられているように感じられましたから!」


12名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:16:26 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「そうやってのらりくらりと数年間過ごしましたが、小学五年生の最初に事件が起きてしまいました!」

( ><)「いじめられっ子の中に中嶋君という、普段は物静かですが癇癪持ちの男の子がいました!」

( ><)「怒ると手が付けられなくなる彼は」

( ><)「低学年の頃はそのゲーム売り場で駄々を捏ねているような癇癪の起こし方がウケて」

( ><)「よくいじめられていたのですが、成長に伴い力がついてくると」

( ><)「誰も彼に手出しをしなくなっていました」

( ><)「彼自身の癇癪も、その頃小康状態にあったと言えるでしょう!」

( ><)「ただ、彼の母が当時病に臥せっていたらしく」

( ><)「中嶋君の心にはあまり余裕が無かったように思います!」

( ><)「僕は五年生の時、中嶋君と同じクラスでした!」


13名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:18:46 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「その日は図画工作の授業で、美術室で版画を習っていました」

( ><)「僕の記憶する限り特別な兆候は無かったように思います」

( ><)「中嶋君は版画に熱中していたようですし」

( ><)「また彼の少し前方にいた女の子も淡々としているように思えました」

( ><)「しかしそれはあまりにも大きな間違いでした!」

( ><)「その女の子は矢庭に中嶋君の方を振り向くと」

( ><)「右手に持っていた彫刻刀を思い切りぶん投げたのです!」


14名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:20:46 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「幸いにも刃は中嶋君の頬を少しかすめただけで」

( ><)「その傷は随分と浅いものでした!」

( ><)「しかし中嶋君は一瞬自分の持っている彫刻刀と床に転がった彫刻刀を見比べ」

( ><)「文字通り震えながら立ち上がると」

( ><)「敢然と女の子の方に歩み寄り」

( ><)「その無防備な頬を」

( ><)「全力で殴り飛ばしたのです!」


15名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:21:46 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「女の子は、間違いなく三メートルほど吹き飛び、入り口のドアにぶつかりました」

( ><)「この時ようやく先生が事の次第を把握し」

( ><)「なおも彼女へ突っかかろうとする中嶋君を押しとどめました」

( ><)「突っ伏して泣いている女の子を女子たちが取り囲み」

( ><)「男子たちは何が起こったのかも分からずにただヘラヘラと笑っていました」

( ><)「久々に中嶋君の癇癪芸が見れてよかったとでも思っていたのでしょう」

( ><)「先生は僕たちに自習を言い渡し、中嶋君を激高する職員室の方へ連れて行き」

( ><)「女の子は保健委員とともに保健室へと向かいました」


16名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:23:26 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「その後にどのような処分が下ったのか」

( ><)「まだ子どもだった僕たちに分かる筈もありません!」

( ><)「ただ一つ確かなのは翌日から中嶋君が不登校になり」

( ><)「女の子の方も周りから敬遠されて独りぼっちになってしまったということだけです!」


17名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:26:03 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「今思うに、女の子には女の子なりの事情があったのではないでしょうか」

( ><)「もしかしたら彼女も何らかのいじめを受けていて」

( ><)「中嶋君に彫刻刀を投げつけるというのも」

( ><)「誰かの指図によるものだったのかもしれません!」

( ><)「しかし実際にそれを実行してしまった彼女は」

( ><)「不幸にも周りからドン引きされる羽目となってしまったのです!」

( ><)「彼女は、僕と同じぐらい臆病者で、基本的にはクラスでも目立てない子でした!」

( ><)「彼女は都村さんの従者のような存在でした!」

( ><)「いつもどこか怯えた様子で、都村さんの機嫌を伺っていました!」

( ><)「もしかしたら」

( ><)「もしかしたら、首謀者は都村さんだったのかもしれません!」


19名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:28:51 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「しかしそんな事情はさておいて、僕は立場としても心情としても中嶋君を擁護せざるをえません!」

( ><)「小学五年生といえば、そろそろ男女関係が気になる時期でもありました」

( ><)「女子とは隔絶された存在である僕たちいじめられっ子グループも同様です!」

( ><)「クラスの誰それが可愛いとか、そういう話題を密かに共有することがありました!」

( ><)「そして事件の前日、中嶋君は件の女の子の名前を呟き」

( ><)「『可愛いよな』と言っていたところだったのです!」

( ><)「自分に彫刻刀を投げつけた相手がその女の子であったと直感した時」

( ><)「彼はどんな心持だったでしょうか!」

( ><)「まだ幼い子どもが整理できるような心理状態だったのでしょうか!」


20名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:30:29 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「中嶋君はその後一切登校することなく」

( ><)「二学期の終わりにどこかへと転校してしまいました!」

( ><)「誰かが、中嶋君の母親が亡くなってしまったというようなことを言っていましたが」

( ><)「本当かどうかはわかんないです!」


21名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:32:35 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「中嶋君がいなくなっても、僕たちへの攻撃は相変わらず続いていました!」

( ><)「女子なんかは、もういじめるなんて幼稚なことはやめてしまおうなんて考えていたようですが」

( ><)「時々思い出したかのように給食のスープにダンゴ虫を混ぜたりしていました!」

( ><)「斉藤君は殴ったらまずい部分などを本能的に学習したようで」

( ><)「僕を目立たぬように攻撃し、弄んでいました!」


22名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:33:44 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「僕の小学生時代は、結局いじめられるだけで終わってしまいました!」

( ><)「けれどそれが特段に不幸だとは思いません!」

( ><)「どんな場所にもそういう役目を担う人間は一定数いるでしょうし」

( ><)「僕の受けた責苦などその中ではまだマシな方だと思っているからです!」

( ><)「卒業文集に僕はこう書きました!」

( ><)「将来は宇宙飛行士になりたい。そのためにもっともっと勉強を頑張りたい、と!」


23名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:35:13 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「そして僕はこの中学校へ入学しました!」

( ><)「言ってしまえばなんですが、ごくごく普通の公立中学です!」

( ><)「学区の煽りを受け、僕の友達だったいじめられっ子の殆どが別の中学に進んでしまいました」

( ><)「あの頃はまだ携帯電話もありませんでしたから、連絡を取り合うこともできません!」

( ><)「そしてまた、何の因果か斉藤君と都村さんとは同じ中学になってしまいました!」

( ><)「彼らの口伝によって僕の小学校の頃の生き様が」

( ><)「あっという間に知れ渡ったのは言うまでもありません!」

( ><)「中学に入学した一週間後には、僕は再びいじめられっ子の地位に転落してしまいました!」


24名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:36:34 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「しかし、都村さんの方はもはや僕に向かって直接的な攻撃を仕掛けることはなくなりました!」

( ><)「彼女はそれよりも新しい人間グループの形成に忙しかったようですし」

( ><)「何より僕をいじめることが今や彼女の人生にとって」

( ><)「マイナス要素となってしまうからです」

( ><)「代わりに彼女は」

( ><)「僕に関するあることないことを陰で話し合い、楽しんでいるようでした!」


25名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:38:08 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「斉藤君は相変わらず僕に暴力をふるったり」

( ><)「時には金銭的な要求をしてきたのですが」

( ><)「中学には僕よりも彼の興味を引くものがありました!」

( ><)「野球部の存在です!」

( ><)「彼は野球部に入部し、試合に出られるように必死に努力をしていました!」

( ><)「元々身体能力は高い人でしたから」

( ><)「もしかしたら周りが思うほどには苦労していなかったのかもしれません」

( ><)「しかし坊主頭にして先輩に付き従う彼は誰がどう見ても未熟な野球少年でした!」


27名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:41:14 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「ああいった部活の上下関係についてはよくわかんないですが」

( ><)「厳しいことには違いなかったのでしょう!」

( ><)「彼は僕を愉悦のために、というよりかは」

( ><)「あくまでもストレス発散のためのサンドバッグとして使うようになりました!」

( ><)「ただ、どれだけ僕を攻撃しても大した満足感は得られていなかったようです」

( ><)「彼は久々に僕を鼻血が出るほどに殴りつけた後にいいました」

( ><)「『気持ちよくもなんともねえ』と!」


29名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:44:32 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「さて、僕はというと数少ない小学校からの友達に加え」

( ><)「中学校で出会った体臭がキツかったり、ネット廃人だったり」

( ><)「コミュニケーションに難があったりする人たちと友達になりました」

( ><)「結局僕はまた、いじめられっ子の一員として存在し続けなければならなかったのです!」

( ><)「その日々は小学校の頃と何ら変わりなく」

( ><)「だからこそ安寧にも思えたのですが」

( ><)「僕自身に何一つ成長の兆しが見えないということの証明でもありました!」


30名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:46:53 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「中学生になると、小学生の頃よりも遙かに」

( ><)「自分の脳内での女子の存在が大きくなったのですが」

( ><)「周りにいるのは所謂メンヘラっぽい」

( ><)「どっちかというと美人ではない女の子ばかりでした!」

( ><)「高望みをしていた僕には恋人が一人として出来ることはなく」

( ><)「それは今でも変わりありません!」

( ><)「僕はどっちかというと都村さんのような女性が好みでした!」

( ><)「けれど僕は終ぞ都村さんのような女性とは出会えませんでした!」

( ><)「何故なら、恐らく都村さんのような女性は都村さんと同じような人生を送るからです!」

( ><)「僕の人生とは、そもそも接点が存在しないのです!」


31名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:48:48 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「中学二年生になって」

( ><)「斉藤君は持ち前の才能と努力によって野球部の中心に立つことが出来たようでした!」

( ><)「彼は何故か僕に対して、暴力を振るいながら自慢するのです!」

( ><)「それはまるで今までに溜め込んでいた何かをぶちまけるように」

( ><)「自分の成績を披露するのです!」

( ><)「僕は殴られ蹴られしつつも、どこかで安堵感を覚えていました!」

( ><)「もしかしたらこれで、僕はもうすぐ不条理な暴威に怖れずに済むのではないかと!」


32名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:50:16 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「けれど、この頃になると問題は斉藤君本人では無く、むしろ周りを囲んでいる連中でした!」

( ><)「彼らは斉藤君ほど努力も何もしていませんが」

( ><)「斉藤君と同じように僕たちをいじめるのです!」

( ><)「彼らは斉藤君のように活躍もしていませんから、余計に不満が溜まってしまっているのでしょう」

( ><)「斉藤君のいないところで、僕は斉藤君から受けるよりも酷い暴力に晒されました!」


33名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:51:45 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「ようやくとでも言うべきでしょうか、僕の中にちょっとした反発心が芽生えました!」

( ><)「けれど僕は相変わらず体育の成績が悪い臆病者でしかなく」

( ><)「腕っ節では歯が立ちません!」

( ><)「だから僕は、僕以外の誰か、よく分からないけれど強そうな存在に頼ろうとしました!」

( ><)「それは神様だとか魔法使いのような類で、僕は毎日のように彼らに願っていました!」

( ><)「いつかのお正月にお賽銭を投げました!」

( ><)「今年の願い事は、他に何も要らないから僕がいじめられなくなりますように、と!」

( ><)「 冬休み明け、早速お年玉目当てのいじめっ子に有り金を没収されたことは言うまでもありません!」


34名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:53:28 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「最早都村さんは遠い遠い存在でした!」

( ><)「まるで僕をいじめていたことなど忘れてしまっているかのようでした!」

( ><)「彼女は相変わらず可愛い女の子で、クラスの人気者でした!」

( ><)「成績の方も順調であるらしく、時々学期試験で首位を獲っていたようでした!」

( ><)「そんな彼女は殆ど全方位に笑顔を向けながら」

( ><)「僕の方だけ華麗に無視して」

( ><)「自分の人生を順調に歩んでいるようでした!」

( ><)「ああ、この屈辱に、僕の勇気が少しでも加われば、彼女の人生を粉々に破壊できたのでしょうか!」


35名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:55:45 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「けれど僕は畢竟都村さんにも、斉藤君にも何もせぬままここまで来てしまいました!」

( ><)「相変わらずいじめられっ子としての地位に身を堕とし、それが悔しいとさえ思いません!」

( ><)「いじめられっ子の殆どがそうなのではないでしょうか!」

( ><)「復讐心とか、そういう攻撃的な精神を持ち得たのなら」

( ><)「僕たちは到底まともに生きていけなかったでしょう!」

( ><)「そういったものを爆発させていたら」

( ><)「いつかの中嶋君のように、破滅的な道を歩まねばならなかったかも知れません!」


36名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:57:05 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「都村さんは恋をしていました!」

( ><)「その対象は、なんと斉藤君でした!」

( ><)「昨今野球部で活躍し人気者になった斉藤君と、クラス一の才女である都村さん!」

( ><)「誰が見ても漫画のような二人です!」

( ><)「どちらにとっても分不相応だと思う人はいないでしょう!」

( ><)「中学二年生の最後の方で、都村さんは斉藤君に告白し、斉藤君はそれに首肯したそうです!」

( ><)「その日を境に、斉藤君から暴力を受けることはなくなりました!」

( ><)「彼はストレスを発散させる場所の代わりに、支えとなる存在を獲得したのです!」


37名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 02:58:46 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「でも、僕にとって大した変化はありませんでした!」

( ><)「そもそも斉藤君は野球部に多忙で殆ど僕をいじめませんでしたし」

( ><)「相変わらず彼の取り巻きが僕をいじめ続けていたからです!」

( ><)「僕たちは、時として集団で彼らに攻撃され続けました」

( ><)「けれど、僕はもう既にその程度のいじめごときには何も感じないほど成長していました」

( ><)「いちいち反抗することもなく、僕はただ時折非科学的な力に祈りながら生きていました!」

( ><)「そして次に叫ぶのが最後の事件です! これが僕の、中学時代最後の思い出なんです!」


38名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:00:23 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「中学三年生になった直後、斉藤君の目標は既に決まっていました!」

( ><)「野球部の地区大会優勝です!」

( ><)「元々僕たちの中学は野球に強い中学ではありませんでしたから」

( ><)「地区予選を勝ち抜くだけでも悲願達成と言えたのでしょう!」

( ><)「斉藤君はチームの核となって、夏の大会へ向けて必死に練習を重ねていました!」


39名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:01:44 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「三年生といえば高校受験の年でもあるのですが」

( ><)「斉藤君はスポーツ推薦での進学の可能性も探っているようでした!」

( ><)「彼にはそれを達成するだけの能力と日々の鍛錬があったのかもしれません!」

( ><)「僕にはよく分かんないですが、それはとてもとても狭き門であると聞きました!」

( ><)「ただ、彼にはそれがやり遂げられるだけの実力があるかもしれないという噂も耳にしました!」


40名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:03:31 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「そして、いつしか恋する乙女になっていた都村さんも」

( ><)「彼と同じ高校に一般入試で入学しようとしているようでした!」

( ><)「彼女にとっては、受験というものはそんな難しい関門ではなかったのかもしれません!」

( ><)「しかし僕には、そうまでして斉藤君の後を追う都村さんが驚嘆に値しました!」


41名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:05:08 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「僕は、相変わらず真ん中ぐらいの成績を維持し続けていたため」

( ><)「高校も地元のごく平凡な公立高校へ進むことを決めていました」

( ><)「いや、決めているというよりは流れに身を任せただけと言うべきなのかもしれません!」

( ><)「父も母も特にアドバイスをしませんでしたし、先生も僕への関心は薄いようでした!」

( ><)「だから僕には他に一つも選択肢がなく」

( ><)「とりあえず手近な進学方法を選んだだけ、ということなのです!」


42名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:06:17 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「友達の間には高校へ進まないという子や」

( ><)「通信制の学校に進むという子も存在していました!」

( ><)「彼らはもしかしたら今の生活を続けることに懊悩していたのかも知れません!」

( ><)「けれど、いじめられている、という外的な影響で寄り添っているだけの僕たちには」

( ><)「お互いに深く知り合うなんて真似は到底不可能でした!」


43名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:07:33 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「斉藤君が僕に最後に暴力を振るったのは、夏休みが始まる前日、終業式の直後でした」

( ><)「いつものように校舎裏へ僕を呼びつけた斉藤君は、何も言わずにただ僕をぶん殴りました」

( ><)「もしかしたらその時、彼は野球で行き詰まっていたのかも知れません!」

( ><)「都村さんとの関係がうまくいっていなかったのかも知れません!」

( ><)「真相を知り得ないまま、僕はただひたすら殴られました!」

( ><)「僕がその時考えていたのは、ただ、明日から夏休みなのだという希望についてだけでした!」


44名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:08:34 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「夏休みの間、僕は塾で高校受験の勉強をしながら」

( ><)「家でロールプレイングゲームをする生活を繰り返しました」

( ><)「よほどのことが無ければ落ちるなんて有り得ないと思っていましたし」

( ><)「中学最後の夏休みを謳歌していたいという心持ちでもありました!」

( ><)「僕にとっての謳歌とは、徹夜してロールプレイングゲームをクリアすることに他なりません!」


47名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:10:16 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「斉藤君が臨む地区大会は八月の後半にあったようでした!」

( ><)「僕はそれについてリアルタイムで知ることは無かったのですが」

( ><)「夏休みが終わった後には嫌でも知らされることになりました」

( ><)「なんと野球部は、斉藤君の活躍もあって見事に優勝を決めたのだそうです!」


48名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:12:21 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「それはもうお祭り騒ぎのような出来事でした」

( ><)「みんなが斉藤君たちを祝っている中、僕は流石に祝福するつもりにはなれなかったものの」

( ><)「ほんのちょっとだけ嬉しくなったことを覚えています!」

( ><)「都村さんは、みんなの前では気持ちを抑えようとしていたらしかったですが」

( ><)「彼女らしくない、奥底からの歓喜の笑みが仄かに浮かんでいるようでした!」


49名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:13:26 ID:BYyKs4Jk0
( ><)斉藤君は推薦入学にグッと近付いたかもしれません!」

( ><)「坊主頭でニヤリと笑う彼には、僕にはないどこかしら大人びた風格がありました!」

( ><)「都村さんに続き、斉藤君もまた僕からは遠い遠い存在になっていくように感じられました!」

( ><)「そんな風にして喜び合った翌日、僕は全校朝礼で嘘みたいな話を聞かされる羽目になりました!」
 
( ><)「斉藤君が、原付を運転している最中に車に撥ねられ、死んだというのです!」


51名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:15:22 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「後になって耳に挟んだところによると」

( ><)「その原付は斉藤君が友達のお兄さんから借りたもののようです!」

( ><)「斉藤君は前夜に仲間と一緒に酒を飲み、原付で帰宅する最中だったようです!」

( ><)「勿論無免許で、しかも飲酒運転ということですから」

( ><)「地方のニュース番組で取り上げられるほどでした!」

( ><)「自分以外の死傷者を出さなかったことが幸いだったと言えるかもしれません!」


52名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:16:42 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「彼や、彼の仲間にとっては祝勝会程度のつもりだったのでしょう!」

( ><)「僕だって、斉藤君ぐらい嬉しいことがあったら斉藤君と同じ事をするかもしれません!」

( ><)「しかしこれを契機に野球部は当面活動自粛を余儀なくされ」

( ><)「保護者への説明会も開かれる始末でした!」

( ><)「原付を貸した当人や、一緒に酒を呷っていた仲間も」

( ><)「警察で色々取り調べを受ける羽目になったそうです!」


53名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:17:50 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「斉藤君は、もしかしたら人生の絶頂期で死ねたと言えるかもしれません!」

( ><)「彼には更なる輝かしい未来が待っていたのかもしれませんが」

( ><)「少なくとも死ぬ数秒前まで、彼は最高の気分だったのでしょう!」

( ><)「そんな気分で死ねたのですから、死に方としてはきっと上位の部類に入るんだと思います!」

( ><)「残された人の面倒さや、跡に残った穢れはさておいて!」


54名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:18:58 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「この一件で最もダメージを受けたのは、勿論都村さんだと思われます!」

( ><)「彼女は斉藤君の訃報の後、暫く学校を休んでいました!」

( ><)「彼女がいない間、クラス内は二つの意見で割れていました!」

( ><)「『彼女は勿論悪くないし、むしろ彼氏が亡くなって可哀想』という意見と」

( ><)「『飲酒運転するようなクズの彼女になっちゃうような女だったなんて、ショック』というものでした!」

( ><)「男女問わず、どちらかの意見に立ってヤイヤイと議論する有り様でした!」

( ><)「あまつさえいじめられっ子たちもその議論に加わり、残されたのは僕だけだったようです!」


56名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:20:35 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「僕にとっては正直、そんなことはどっちでも良いことでした!」

( ><)「それよりもむしろ」

( ><)「八年以上も僕をいじめ続けていた斉藤君がいなくなったという事実が」

( ><)「あまりにも重くのしかかっていました!」

( ><)「彼がいなくなって僕は喜べばよかったんでしょうか!」

( ><)「それとも一人前に悼んで見せるべきだったのでしょうか!」

( ><)「やっぱりよくわかんないままでした!」

( ><)「よくわかんないまま、僕は結局何も思えませんでした!」


57名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:21:53 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「一週間ぐらい経ってから、ようやく都村さんが登校してきました!」

( ><)「皆が妙な緊張感をもって迎える中、彼女は何食わぬ顔で自分の席に座りました!」

( ><)「仲の良い女の子達が近付くと、彼女はいつものように微笑んで対応していました!」

( ><)「彼女は誰もが期待していた哀しみや怒りを表さなかったため」

( ><)「クラスに溢れていた野次馬根性はたちまち萎れていってしまいました!」


58名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:22:59 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「そしていつもの日常が戻りました!」

( ><)「僕たちは高校受験の追い込み時期に入り」

( ><)「一応猛勉強をしなければなりませんでした!」

( ><)「最初の方で僕はいじめの威力が二つの理由によって弱くなったと言いましたが」

( ><)「それは斉藤君が死んだこと、そしてそれに受験期が重なったことだったのです!」

( ><)「それでも時々ちょっかいをかけてくる奴はいましたが」

( ><)「僕としても関わり合いになっている暇はありませんでした!」

( ><)「どこかの誰かが斉藤君が死んだのは僕が彼を呪ったせいなどと流布したようですが」

( ><)「効果はそれほどのものではなかったようです!」


59名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:24:33 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「斉藤君がいなくなったことによって一つ、問題になったのは都村さんの進学先でした!」

( ><)「しかし彼女は、休んでいる間にハッキリと決意していたようです!」

( ><)「彼女は地元で最も有名な超進学校の受験を表明しました!」

( ><)「それは意外ではなくむしろ妥当な選択にも思えましたが」

( ><)「やはり学内でトップレベルである彼女にとっても難易度が高いらしく」

( ><)「それからの数ヶ月、彼女は死に物狂いで勉強し続けていました!」

( ><)「彼女の視界には勉強以外の物事が一切存在していないように思え」

( ><)「そこには最早斉藤君すら影を見せなかったのではないのでしょうか!」


60名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:25:46 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「そして秋が過ぎて冬を迎え」

( ><)「都村さんは一足先に受験日を迎えることになりました!」

( ><)「無論、何もかもを擲って勉強に打ち込んだ彼女を阻む障害などあるはずもなく」

( ><)「一ヶ月ほど前、彼女は無事に合格を勝ち取ることが出来たのです!」

( ><)「誰もが彼女を祝福と羨望の眼差しで見つめていました!」

( ><)「僕はもう、長らく彼女本人からのいじめは受けていませんでしたから」

( ><)「皆と同じようにすごいなあ、とか思ったりしていました」

( ><)「これで彼女は本当に遠くへ行ってしまうのです」

( ><)「斉藤君が最早僕から手の届かない場所にいってしまったように」

( ><)「彼女もまた、いなくなってしまうのです!」


61名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:27:06 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「そう長くは人のことにかまけていられませんでした!」

( ><)「約一ヶ月後の先週、僕は僕の受験を迎えることになりました!」

( ><)「そこそこ緊張はしたものの、手応えを実感することができました!」

( ><)「そして実際に、結果もついてきたのです!」


62名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:28:32 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「受験勉強が終わり、一切の緊張から解き放たれた時」

( ><)「僕は本当に珍しい安堵感を覚えていました!」

( ><)「何者にも邪魔されない、ただ自分のためだけの時間と空間が存在しているかのようでした!」

( ><)「中学校の三年間は小学校に比べて短く」

( ><)「故にそれほど辛さを感じずに終えることが出来ました!」

( ><)「……げほ」


63名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:29:49 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「すいません!」

( ><)「長く叫び続けたせいで、思わず咳き込んでしまいました!」

( ><)「でも、僕が本当に主張したいのはむしろここからなのです!」

( ><)「聴いてください!」

( ><)「お願いします、聴いてください!」


64名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:31:30 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「そうやって自由のようなものを手に入れたと同時に」

( ><)「僕はふと小学校の卒業文集を思い出しました!」

( ><)「宇宙飛行士になりたいという幼い夢」

( ><)「しかし改めて考えてみると、それは本当に僕自身の夢だったのでしょうか!」

( ><)「嘗て僕を率先していじめていた斉藤君は野球で活躍し、死にました!」

( ><)「都村さんは受験に成功して輝かしい未来を歩こうとしています!」

( ><)「その中で、僕は!」

( ><)「僕は何かを成し遂げられたのでしょうか!」

( ><)「そしてこれから、何かを成し遂げられるのでしょうか!」


65名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:32:46 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「僕はこれから平凡な公立高校へ進学します!」

( ><)「そこには相変わらず僕をいじめていた斉藤君の取り巻きや」

( ><)「いじめられっ子の友達なんかもついてくるのでしょう!」

( ><)「僕は、いつまでもいつまでも過去というものに引き摺られていなければならないのでしょうか!」

( ><)「僕は本当は宇宙飛行士になんてなりたくありませんでした!」

( ><)「だから勉強も大してしてきませんでした!」

( ><)「けれど、宇宙飛行士に託した夢を否定してしまったら」

( ><)「僕は俄に瓦解してしまいそうなのです!」


66名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:35:48 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「望むような生き方をする以前に、僕には望むべき生き方がないのです!」

( ><)「それでいいのでしょうか!」

( ><)「斉藤君や都村さんが彼なりに、彼女なりに人生を歩んだ中」

( ><)「僕はいつまで立ち止まっているのでしょうか!」


67名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:37:35 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「そうやって考え始めるに至り、だしぬけに僕は死んでしまいたくなるのです!」

( ><)「僕は結局誰を恨むべきなのでしょうか!」

( ><)「今や誰もが才色兼備を疑わない都村さんを相手に」

( ><)「刃物を振り回せば良いのでしょうか!」

( ><)「それをしたところで、僕は自分を変えられるのでしょうか!」


68名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:39:00 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「どこかの偉い人は、苦しんだ時代をバネにして立ち上がったのだと言います!」

( ><)「そうやって、人は容易に生まれ変われるものなのでしょうか!」

( ><)「ここまでに積み上げてきてしまった歴史が、常に僕を邪魔してしまうのではありませんか!」

( ><)「僕が積み上げたのは、いじめられっ子と傍観者のプロフィールだけなのです!」

( ><)「何一つとして、一念発起に利用できるような要素はないのです!」

( ><)「ならばもう、僕はいっそのこと死ぬしかないのではありませんか!」


69名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:40:31 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「それでも、ああ、それでも僕は!」

( ><)「死ぬことなんて出来やしないのです!」

( ><)「だって、もう、死んでしまったら!」

( ><)「死んでしまったら!」

( ><)「そんなのは、斉藤君と同じではないですか!」


70名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:42:30 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「ジャングルジムから突き落とし」

( ><)「一輪車で殴りつけ」

( ><)「お金をせびってきた斉藤君とまるで同じじゃないですか!」

( ><)「僕は彼とは同じになりたくないんです!」

( ><)「だから僕は生きていかなければなりません!」

( ><)「生きねば!」

( ><)「生きねば!」 

( ><)「だから僕は生まれ変わるしかないのです!」

( ><)「僕にとっては何よりも難しいことではあるけれど」

( ><)「それでも僕は生まれ変わるしかないのです!」


72名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:46:40 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「ああ、でも、それならば僕はこれまでの過去と縁を切れるのでしょうか!」

( ><)「いじめられっ子の友達やどうしようもない連中に溺れながら」

( ><)「生まれ変わるなど出来る気がしません!」

( ><)「それでも僕が生きようと、踏ん張ろうとするのであれば」

( ><)「僕は正しく、生きていかなければならないのです!」

( ><)「じゃあ、正しい生き方というのはなんなのでしょうか!」

( ><)「それは、この一回の人生で見つかるものなのでしょうか!」


73名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:47:51 ID:BYyKs4Jk0
( ><)「ドアがバタンと開きました!」

( ><)「先生達が数人、僕に向かって迫ってきます!」

( ><)「本来ここは立ち入り禁止の場所なのですから当然です!」

( ><)「僕は、僕は、まだまだ叫び足りないのですが!」

( ><)「ああ、それなら、それならば最後に一つだけ教えて下さい!」

( ><)「人々が同じ空の下にいると言うのなら!」

( ><)「僕が見ているこの空は!」

( ><)「いったい誰と繋がっていると言うのですか!」





おわり


74名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:48:34 ID:BYyKs4Jk0
ここからステマ↓

( ><)←彼の現在の姿(かもしれないもの)が見れるのはこちら↓

コン部のようです
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/13029/1363016473/

主にF2層を中心に大好評連載中!

別にどっちか単体でも楽しめるので大丈夫だよ!

ここまでステマ↑





75名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:54:42 ID:/oMvCCOc0
虚しくなりそうでならなかった


76名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 03:59:24 ID:IoKNym4.0
はぁ仕方ない
俺も生きるか


77名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 04:27:43 ID:Us8iaJP60

あのビロードがね


78名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 04:47:34 ID:ImY2xEyEO
乙 
 
コン部からきた俺にはステマは不要だった


79名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 05:22:47 ID:f2owT5qkO

生きねば!

ビロード昆布に入れてあげてよ


80名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 10:24:04 ID:uvBHkmrsO
ぐみちょこれーとぱいんかとおもた


81名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 12:04:24 ID:wlkM/wJw0
ステマにつられてきますた


82名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 12:30:04 ID:Us8iaJP60
他のコン部キャラの過去も見てみたいな


83名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 15:29:21 ID:oTqM8vA.0
ビロードどこがロリコンやねん


84名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 19:26:32 ID:23n4/Frk0
むなしいな


86名も無きAAのようです :2013/03/31(日) 21:11:08 ID:ye5PwDLE0
立ち入り禁止の場所に侵入して未成年の主張無断決行するとかレベル高いな

コンブに入るのに四苦八苦してるのと同一人物とはとても


87名も無きAAのようです :2013/04/01(月) 00:54:05 ID:Kf9n2tukO
早く部員になってほしいな


89名も無きAAのようです :2013/04/01(月) 15:43:37 ID:sCvtijwg0
ビロ入るとしたら何コンプなんだ?


90名も無きAAのようです :2013/04/01(月) 15:51:06 ID:dm8piGxQ0
>>89 そらもうあれよ


91名も無きAAのようです :2013/04/01(月) 21:39:35 ID:dY9Xw7SA0
ビロード……


92名も無きAAのようです [age] :2013/04/02(火) 19:17:01 ID:6IfqjT1.0
面白かった


94名も無きAAのようです :2013/04/04(木) 19:31:34 ID:bAjZcn2YO
いま読んだ
面白かったよ


95名も無きAAのようです :2013/08/08(木) 07:44:29 ID:wpumga1QO
このトソンはあのトソンなんだよな
コン部で二人が再会したらどうなるんだろう



みせいねんのしゅちょうのようです
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/13029/1364662475/

[ 2014/03/15 20:46 ] 短編 | CM(0)


コメントの投稿


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。