まぜこぜブーン

ブーン系まとめ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)



 ( ^ω^)総合 110709

スポンサーサイト
[ 2011/07/09 00:00 ] イラスト 旧ロダ保管 | CM(0)



 ( ´_ゝ`)三十年目の魔法のようです

7( ´_ゝ`)三十年目の魔法のようです :2011/07/09(土) 19:52:41 ID:E02W3NKQ0
跳ねる、跳ねる。
 
夜の街。
並び立つビルの群。
その上を。
 
跳ねる、跳ねる。
 
着地して一歩。
そしてまた一歩。
その瞬間、俺は数秒だけでも空を跳ぶ。
  
(* ´_ゝ`)「あはははははっ!!」
 
笑う。
かつては下から見上げた世界。
俺は今、そこに居る。
それが堪らなく嬉しい。
 
人目なんて知らない。
だって俺はニンゲンじゃないから。
 
跳ねる、跳ねる。
 
跳ねる、跳ねる。




 女神様と宇宙人のようです

20以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/07/09(土) 20:35:12 ID:XRroupsw0

   ボクの大好きな女神様の話をしようか。
   その女神様はね、とても強くて、冷たくて。
   美しかったんだ。

真夜中の学校の屋上でボクは考える。
「イルバッハ メルカトリーム ガンピロー」
どうして立ち入り禁止のこの場所に、同じクラスの女の子がいるのか。
「イルバッハ メルカトリーム ガンピロー」
どうして地面に魔方陣を描きながら、おかしな呪文を唱えてるのか。

(´・ω・`)「何してるの」

lw´‐ _‐ノv「交信してるのさ」

(´・ω・`)「は?」

lw´‐ _‐ノv「宇宙人だよ、少年」

lw´‐ _‐ノv「宇宙人に迎えに来てもらうのさ」

当たり前のような口ぶりで彼女は天を指さした。
チョークを握った手も止めず、後ろに立つボクが誰か確認しようとすらしない。

宇宙人。その単語がボクに脱力と少しばかりの怒りを植え付けた。
そんな馬鹿げた理由で学校に忍び込んだのだろうか。
この神聖な屋上に。よりによって、こんな大事な日に。

(´・ω・`)「早く帰りなよ。ここは女神様の屋上だぞ」

(´・ω・`)「キミがいたら女神様が降りて来れないじゃないか」

.




 ( ^ω^)屋上ファイトレディゴウのようです

27( ^ω^)屋上ファイトレディゴウのようです :2011/07/09(土) 20:59:58 ID:FBGwyPhcO



屋上へ行こうぜ……


久しぶりに……


キレちまったよ……



ざわざわ

(;・∀・)「あ、あはははは!い、いきなりどうしたの内藤くん?先生ビックリしちゃったよ。ははは……」

(  ω )「……」

(;・∀・)「はは……」

(  ω゚)ギラッ

(;っ∀<))「ヒイッ!」

ガタン

('A`)「来た、か……」

( ・∀・)「う、鬱田くん……?」

('、`*川「ええ。来たようね……」ガタ

彡(;・∀・)そ 「伊藤さんも!?」




 屋上目指して何千里?のようです

43屋上目指して何千里?のようです :2011/07/09(土) 21:37:30 ID:vjqmw5dEO
太古よりそびえるバベルの塔は、神話に沿って倒れることもなく、ただただそこに直立していた。
いつ、誰が、何のために建造したかはさだかではない。
それを調べるのが歯車王の『歯車王』の仕事だ。

屋上目指して何千里?のようです

|::━◎┥ ガシャン ガシャン

歯車王は螺旋階段を登っている。
鋼鉄の歯車で出来た脚はギシギシと軋んだ音を立て、『歯車王』はそろそろメンテナンス指令が出される頃合いだと考える。

歯車王はロボットである。
『歯車王』は歯車王の中の人口知能である。
人間が自身を『私』や『俺』と呼ぶように、人口知能である『歯車王』は自身を『歯車王』と呼んでいる。

歯車王の役割は、バベルの塔を調べ、屋上まで登ることである。
『歯車王』の役割は、歯車王が未知のモノを発見した時、人間的な判断を下すことである。

バベルの塔の入口から数十年は、奇妙な壁画や新種の生物がいた。
『歯車王』は楽しかった。
しかし、それから数百年は螺旋階段だけである。

つまり、『歯車王』はヒマである。
『歯車王』はいつも、いつか屋上から見える風景を妄想している。




 月刊少女小説ξ ^ω^)ξちょwwwwのようです 7月号

MLGR88eNwc.jpg

夏の日差しの下、何気なく歩いていた散歩道。
すぐ側にある丘の上が、にわかに騒がしくなった。
聞こえてくるのは私と同年代くらいの、少年達の声。
 
「いくぞっ!!」
 
「ばっちこいだお!」
 
「「「せーーのっ!!」」」
 
何事かと思い、立ち止まって見る。
その瞬間。
 
(* ゚ω゚)「あいっ! きゃんっ! ふらぁあああああああああああああああああああああい!!」
 
私の視線の先、一人の人間が空を飛んだ。
その顔は興奮に満ち溢れていて。 
陳腐な言葉しか出てこない自分が恨めしいが、その時。
 
川*゚ -゚)
 
確かに私は、君に恋をした。
 
会場:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/sports/37256/1302944414/
企画:http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/sports/37256/1300820545/
 
月刊少女小説ξ ^ω^)ξちょwwwwのようです 7月号 7月16日 午後6時刊行
参加者募集中!
 
――夏の輝き、そこに恋という彩りを添えてみませんか?



☆  ξ ^ω^)ξ 7月号☆ だお☆wwwww  ☆



 君とワルツをのようです

662 ◆Pi48IiAbFc :2011/07/16(土) 18:04:02 ID:98eHcOVMO
ぎ、と軋ませながら戸を開けた途端、外に漏れ出していた喧騒が大きくなる。
それからむっとする様なアルコールの臭い。
見るからに低俗で、思わず眉を潜める。

( "ゞ)「君はこんな所に出入りしているのか」
  _
( ゚∀゚)「まぁな」

そう言うと友人はさっさと店の中へ姿を消してしまう。
このまま帰ってしまおうかとも考えたが、折角奢ってくれるというのだ。
多少の事には目をつむっておくとしよう。




 ( ・∀・)恋実れ!のようです Case 4:長岡ツー

 Case 1 / Case 2 / Case 3 / Case 4 / Case 5 / Case 6 / Case 7
697 ◆zynqho4iRI :2011/07/16(土) 18:20:37 ID:Bar3AOSM0

あたしは幸せ
先輩もきっと幸せ

でもこの関係 このままでいいのかな?




 从 ゚∀从花盛りのおまいらへ、のようです *第三話*

*第一話* *第二話* *第三話* *第四話*
752 ◆9KrP3RFuVo :2011/07/16(土) 19:40:16 ID:t6EA1uPYO

前回までのおさらい

男装っ子重複騒ぎ


从 ゚∀从花盛りのおまいらへ、のようです


*第三話*
  『伝えてこの思い! 友情と嫉妬渦巻く大波乱のヨカン!?』




 突発企画!『ちょwwwについて語っちゃおう☆作者トーク』!

802 ◆zynqho4iRI :2011/07/16(土) 21:43:20 ID:Bar3AOSM0
( ・∀・)さて、一段落つきましたね。実はこの後、『o川*゚ー゚)o となりのとなりの王子様のようです』が帰ってくるようです!

( ・∀・) となりのとなりの王子様 のキュート先生は十時以降にこちらにおいでになるようなので
      僭越ながら 突発企画!『ちょwwwについて語っちゃおう☆作者トーク』を開催しようと思います
      まずは自己紹介から…… コホン、『( ・∀・)恋実れ!のようです』 モララーでお送りしたいと思います
      よろしくおねがいします






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。