まぜこぜブーン

ブーン系まとめ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)



 強盗はしゃべれないようです

684以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/21(土) 19:11:00 ID:bYjXe.XI0
( ノAヽ) 「あのーギコイヌ様」

< ゚ _・゚>

( ノAヽ) 「あなたは本当におしゃべりになさりませんのね」

< ゚ _・゚>

( ノAヽ) 「ああ、わかってます、わかってますけど貴方は絶対にしゃべらないのね…」

( ノAヽ) 「けど、こんな状況でもワンのひとつくらいあげてくれないのかね?」

ウーウーウー ピーポーピーポー

爪;゚ー゚) 「みなさん見てますか!現場よりお送りします!」

爪;゚ー゚) 「白昼から銀行強盗です!!人質は一人です!!」

( ´W`) 「犯人の要求は来たか?」

(;゚¥゚) 「シラヒ警部、犯人はまだ黙ってます!」

( ´W`) 「そうか、他になにか言ってないか?」

(;゚¥゚) 「い…いえ、その前にこれは前代未聞です!」

( ´W`) 「…?」

爪;゚ー゚) 「繰り返します!人質は逃げ遅れた銀行員一人です!」

(;゚¥゚) 「なんだって、犯人はー…!!」

爪;゚ー゚) 「立てこもった犯人はー…!!」



( ノAヽ) 「あ…その口にくわえてるピストル…こっちに向けてくれないで欲しいのね?」

< ゚ _・゚>┏

スポンサーサイト



 HERO×HEROのようです

694以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/21(土) 19:26:35 ID:.Tn74H66O
バラバラバラバラ

ノリ, ^ー^)li「ジャジャーン! 毎度お馴染みニーソクTVの看板レポーター・ジャンヌでございます!
       ヴィップシティの皆様! この光景が見えますでしょうか!」


以#`゚益゚以「イトォオーーーーイ!!!」ズシーンズシーン

ノリ,;^ー^)li「突如この都心部に現れた謎の超巨大怪獣!
       一年ほど前より、度々巨大怪獣の脅威に脅かされているヴィップシティですが、これほどまでに巨大なものは初めてです!」

以#`゚益゚以「イドォォォォイッ」バキバキィ

ノリ,;^ー^)li「次々とビルをなぎ倒し進む怪獣! 我々は指をくわえて見ているだけしか……あっアレは!!」

キイイイイン

ノリ,*^ー^)li「来ました! 我々の希望の星が!
       天が呼ぶ地が呼ぶ人が呼ぶ! 彼こそがヒーローオブヒーロー!」


      バァ―――(;;・∀・;;)―――ン!
       「 黒 マ ラ ラ ー !」


ノリ,*^ー^)li「キャアア黒マララー様ぁぁぁぁ! ヘリもっと寄って!」

(;;・∀・;;)「そこまでだ怪獣! 私の愛するヴィップシティをこれ以上好きにはさせん!」

ノリ,*^ー^)li「素敵! キマってます! 彼ならきっと、あの巨大怪獣も退治してくれるでしょう!」

(;;・∀・;;)「くらえ、ブラァァァァック! ランサーレイ!!」バシュウウッ

以`゚益#メ#以「イッイドオ゙オ゙ォ゙オ゙オ゙ッ!」ドゴオッ

ノリ,*^ー^)li「出ました必殺のブラック・ランサーレイ! 利いてます!! このまま行けばこの怪獣も倒せます!」


「ちょおおおっと待った!!」




 ¥・∀・¥ DEAD OF MONEY! のようです

705以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/21(土) 19:53:42 ID:B5uk/Gb2O
「はあっ、ハアッ……」

人の気配も、物音もない深夜の公園。

「はっ、ハッ、はっ……」

月は雲に隠れ、寂れた街灯の僅かな光だけが足場を照らす、そんな道を。

(;´W`)「はあっ、ハアッ、はあっ……!」

一人の男が、息も絶え絶えに走っていた。

身なりのよい、スーツ姿の初老の男は、かなりの距離を走ってきたのだろう。
白髪の混じった髪は形を崩し、額には多量の汗が浮かんでいた。

(;´W`)「はあっ……!」

体力の限界が訪れたのか、男は膝に手を置いて立ち止まる。
過度に消費してしまった酸素を取り込むために、しばらくの間呼吸する事に専念する。

(;´W`)「はっ、ハアッ、こ、ここまで来れば……っ」

「『ここまで来れば』?」

(´W`;)「!!?」

男が何の気なしに呟いた言葉。その言葉を復唱する者が、いた。
男は驚愕に目を見開いて、声がした方向へ振り向く。

「『ここまで来れば』。 どうなるというのかな?」

暗闇から放たれる声。
コツ、コツ、と革靴がアスファルトを叩きながら、音は男に近付いてくる。

¥・∀・¥「『ここまで来れば』。この私から逃げられる、と。そう思ったのかな?」

(;´W`)「マニー……社長……っ!」

姿を現したのは、闇の中でさえ輝きを見せる程の黄金の髪色をした、若い男であった。




 /◎ ) =| ) が海へ連れてってくれるようです

719以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/21(土) 20:11:04 ID:vwbGppXA0

汽車ぽっぽ

汽車汽車ぽっぽっぽっぽ 
 しゅっぽしゅっぽ しゅっぽっぽ 
僕らを乗せて しゅっぽしゅっぽ しゅっぽっぽ 
スピードスピード窓の外 
畑も飛ぶ飛ぶ家も飛ぶ 
走れ 走れ 走れ 
鉄橋だ 鉄橋だ 楽しいな 

 
 ⌒⌒⌒⌒)
   ~~~ヽノ
     /⌒V⌒Yヘ  ぽっぽっぽー
   /◎ ) =| )
   |。\//__//
   \/=∈@@}[88]
    (◎))__|))


時代は、3500年!!!




 疫兎跋扈のようです

728疫兎跋扈のようです :2011/05/21(土) 20:24:04 ID:UBRmEJMw0



さあさあ、飛ぶぜ

うさぎが、飛ぶぜ

背負ったノズルが鳴動し

今か今かと空を待つ

さあさあ、飛ぶぜ

うさぎが、飛ぶぜ




 リコ-〇ー〇)リ ヤーデレのようです

735以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/21(土) 20:33:04 ID:oYbNd.L20
  とある工場内にて

(ν;・ω・)ν 「うぐ……」

ほわっちょが目を覚ますとそこは見知らぬ工場の中だった、夜なので薄暗い
工場内にはフライス盤や旋盤などが置かれている
しかしそれらはもう長い間使われていないらしく、フロアはひんやりとしていた
そしてオレは吊るされている―――ワイヤーが手に食い込み、ひどく痛い
逆さに長時間吊るされているためかクラクラする

(ν;・ω・)ν 「な、なぜこんなところに……」

リコ-〇ー〇)リ 「目ェ覚ましよったか、おはようほわっちょ」

(ν;・ω・)ν 「リ、リコちゃん!」

ほわっちょの眼下では彼の恋人―――稲葉リコが積み荷を見上げていた

リコ-〇ー〇)リ 「どうじゃクレーンに吊るされる気分は?なかなかええもんじゃろ」

(ν;・ω・)ν 「最悪だよ!なんでこんなことするのさ早く降ろしてよ!」

リコ-〇ー〇)リ 「ほうか?なら……」ピッ

リコが手に持ったリモコンでクレーンを操作する、キュルキュルと嫌な音をたててクレーンが動きだす

(ν;・ω・)ν 「うわっ!やめろ!やめろリコ!」

クレーンは下がらずにほわっちょを吊るしまま上昇した

(ν;゚ω゚)ν 「やめてくれぇ!嫌だ!こんなのは嫌だ!」

ほわっちょは高所恐怖症だ、10メートルの高さでも脈が早くなり、恐怖で息がつまる

リコ-〇ー〇)リ 「最高の眺めじゃろ?こんなこと滅多に出来へんで」

(ν;゚ω゚)ν 「降ろしてください!リコさん降ろしてくださいよ!」

リコ#〇д〇)リ 「なら吐かんかい!ワシのアレを盗ったんはわりゃあじゃろうが!」




 五月AA動乱

742五月AA動乱 :2011/05/21(土) 20:41:58 ID:haKQ5CNY0

/▽▽「諸君! 今回集まってもらったのは他でもない!」

(=゚д゚) (  ゚∀゚ ) (十) ( ノAヽ) イ从゚ ー゚ノi、( "ゞ) (゚A゚* ) ( `ー´)

/▽▽「この世界において何故我々はかくも、困窮し、虐げられ、埋没し、差別されなければならないのか!
    この事実は出生以来、巨大かつ歴然と我々の行く道に横たわっている!」

/▽▽「テンプレ1、2と呼ばれる連中はなんだかんだで、知名度バツグン! その活躍は目も眩むほどのきらびやかさ!
    ある時は正義のヒーロー、ある時はエスパー、ある時は高位Alphabet使い、またある時は超絶リア充集団…
    他にも天才科学者や勇者、諜報員、壁殴り、魔王、ギャングの親玉、宇宙大魔王、機動兵器乗り、と…枚挙にいとまがない!」

/▽▽「チョイ役でも出れれば御の字の我々との差は、如何ともし難い!!!」

/▽▽「当然、名前などを間違えられたりすることもないのである!!
    この演説をご覧の聴衆諸氏のうち、果たして幾人が私の名前を御存知か!?」

                ざわ・・・ざわ・・・
    正直、知らんラギ
                    ウチも、わからんわー
アーヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ

           儂も知らない
                      分からないノーネ…
 確か、何とか王とかじゃネーノ?

               ああー原子王…?

     おま、原子王はあそこでブツブツ言ってるヤツだよ…

         「電気王…頑張れよ…うぅ…」




 ☆^¥>∀・¥ みんなの.*・゜゚・*:.。..。.:*・素敵☆上司゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*その名は マニーさん !!ようです

751以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/21(土) 20:52:38 ID:vwbGppXA0

☆^¥>∀・¥ みんなの.*・゜゚・*:.。..。.:*・素敵☆上司゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*その名は マニーさん !!ようです
                                             

¥・∀・¥ 「えーえーみなさん今日は待ちに待った給料日です!」
   _,,_
¥;;・∀・;;¥ 「なんと…ッ!!現ナマ…ッ!!ずっしり…キャッシュ…!!金の重み…思い知れ…ッ!!命より重い…ッ!!」

¥*>∀<*¥ 「さぁ、私の可愛い部下のこと社畜奴隷諸君!!呼び出されたら金を受け取たまえ!!」

¥#・∀・¥ 「我が部下その1!!タヌキ君、カムヒィーハァー!!!」

从´ヮ`从ト  「はぁい」


      「はいどうぞ」

¥・∀・¥つ[札束]c从´ヮ`从ト


¥*;∀;¥ 「はぁぁぁぁん…お金が消えちゃった…お金が消えちゃったよぉぉ…!約25万のお金が手元から消えたよ!!」

¥*;∀;¥ 「でもタヌキちゃんは頑張ったよ!!お仕事がんばったよ!!えらい!お金あげたい!!~~~~~でもぉッ」

¥*;∀;¥ 「持ち逃げできたかもしれない、ピンハネできたかもしれないお金をそのまま渡したことですごい喪失感するよぉぉぉぉ!!」

¥* ∀ ¥ 「んはぁ!!」 ビクンッビクンッ


从´ヮ`从ト 「ピンハネはしないでほしいな~」




 ( ・-・ )せっくす太郎のようです

758( ・-・ )せっくす太郎のようです ◆7Qjwcv.qXs :2011/05/21(土) 21:03:37 ID:juepd/nEO
むかーしむかしのそのまた昔。
とある山里にたいそうな正直者がおりました。


( ・-・ )


曲がったことは大嫌い、弱きを助け強きを挫く。
ごうつくばりの鬱兵衛も意地悪庄屋の法螺伊衛門も、彼の前ではかたなしです。

( ^ω^)'A`) かたなしじゃあ。やれ、かたなしじゃあ

皆に好かれるその青年。
里を歩けば皆に声をかけられます。

....( ・-・ )

::从リ;゚д゚ノリ:: ひいいいいい!!いいいいやああああああ!!!

(゚A゚*;) あかん!!こっちこんといてやああああ!!

あまりにも正直過ぎる行いから、皆にはこう呼ばれておりました。



( ・-・ )せっくす太郎のようです



ある日の朝、太郎が日課の早朝巫女れいぷに出掛けると、道中で罠にかかった狸と狐と狼を見つけました。

(;・-・ ) なんたること!怪我をしているではないか待っておれ!

そう言うと、太郎はいきり立つ太郎自身をいんさぁと。
太郎がすぱんすぱんと打ち込むと、獣らはキャインキャインと泣き叫びます。
泣きっ面にドス黒く白い欲望を吐き出し終えると、太郎は優しく言いました。

( ・-・ ) ほうれ、弱酸性の消毒液じゃ。あどれなりんで痛みも引いたであろう。達者でな

从*´ヮ`从トイ从*゚ ー゚ノi、リi、*゚ー ゚イ`! クーン……




 見えない君を愛するようです

768以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/05/21(土) 21:15:37 ID:dMWWvGJY0
【ログ102764549】
<音音さん が入室しました>
<アコムさん が入室されました>

アコム:「ねおん」で
アコム:いいんですかね

音音:ああ
音音:まあ、二秒で考えた名前だし
音音:低クオリティーなのは仕方ない
音音:んじゃネーノ?

アコム:そんなことは
アコム:どうでもいいです
アコム:本題に入りましょう
アコム:僕の兄についてですよね

音音:そこまでシリアスにならんでも
音音:もう少し肩の力抜いても良いんじゃネーノ?

アコム:ですが
アコム:兄が犯罪を犯したことは
アコム:厳然たる事実です
アコム:本当に申し訳ありませんでした

音音:いや
音音:過ぎ去ったことを言い返しても仕方ねーんじゃネーノ

アコム:兄は
アコム:優しい人だったんですけれど
アコム:背負い過ぎますから
アコム:あんなことになってしまったのだと思います

音音:言っとくが
音音:のーは
音音:俺らの娘だ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。