まぜこぜブーン

ブーン系まとめ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)



 (  ゚∀゚ )木来井アヒャの華麗なる憂鬱のようです


454(  ゚∀゚ )木来井アヒャの華麗なる憂鬱のようです :2013/02/11(月) 23:53:54 ID:OvBkerdY0
俺様――木来井アヒャ。


18歳童貞で、高校二年生。
……年齢が合わない? それは大人たちの勝手な都合だ。
出席日数が足りなかっただけで、断じて俺様の頭がアホだからではない。


(  ゚∀゚ )「あー、なんで人生ってこうままならないかな」

( ;^^)「よりにもよって貴方がそんなことを言うとは……今年も留年が決まりそうで頭でもイカれましたか?」


バキッ( ♯ ∀ )つ) ;^^)アベシ-

(*・3・)「流石は兄貴ィ! かっこいいYO!」


.


スポンサーサイト



 川 ゚ -゚)血生臭い探偵のようです


230川 ゚ -゚)血生臭い探偵のようです :2013/02/06(水) 02:56:28.92 ID:13b355Qq0
どこぞの世紀末漫画とまではいかないが、世界は荒れていた。
いつ頃から壊れ始めていたのかはわからない。
ただ、気づいたらどこもかしこも、修復不可能な程だった。

(  ゚∀゚ )「よう、何でも屋さん」

一人の男が軋んだ扉を開けた。
机が二つと椅子が一つ、ソファが一つあるだけの部屋だ。

川 ゚ -゚)「誰が何でも屋だ」

そう言った女は、無作法にも机に腰かけていた。
清楚に見える黒い長髪も台無しだ。

(  ゚∀゚ )「あんた達」

川 ゚ -゚)「うちは探偵だ。何でも屋を探す手伝いはしてやるがな」

男の言葉が気に入らなかったようで、女は顔をしかめて言葉を返した。
彼女の冷たい目に睨まれれば、男でも一瞬、思考を止めてしまうだろう。
それが、普通の男であったのならば。

(  ゚∀゚ )「あひゃひゃ。相変わらずおっかないねぇ」

川 ゚ -゚)「とっとと帰れ」

女は舌打ちをして手を振る。
まるでゴミの臭いを払っているかのような仕草だ。





 ( ゚∀゚)Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)アヒャヒャヒャヒャ!!ようです


197 :名も無きAAのようです :2013/01/25(金) 00:48:11 ID:M7R8eAEI0

( ^ω^) アヒャ。アヒャー?

( ^ω^) アヒャいるおー?


゚∀゚)ピョコ


( ゚∀゚) アヒャ?

( ^ω^) おーいたいた


( ゚∀゚)つ<^ω^;) 痛い痛い痛いおー!なんだお!


[ 2013/01/26 20:39 ] 総合短編 | CM(0)
[タグ] (  ゚∀゚ )





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。