まぜこぜブーン

ブーン系まとめ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)



 肉屋のクリスマスプレゼントだよ!

466肉屋のクリスマスプレゼントだよ! :2014/12/25(木) 21:52:20 ID:94fHNzR20
(,,゚Д゚)ノ 「はいー! いらはいいらはい! 肉のプロが厳選した骨付きローストチキンあるよー!
丸鶏もあるよー、どれも塩とタレの二味をたっぷり揃えてるよー!」

( ・∀・)σ 「おっ見なよキュート。 こんなところに肉屋があるんだね」

o川*゚ー゚)o 「やだーおいしそー! しかも良い~匂い! あっはーん私食べたい~☆ミ」

( ・∀・) 「すみませんいいすかー? チキン二本」

(,,゚Д゚) 「…あいよーあんがとさん!
塩とタレはどっちにするかね?」

o川*゚ー゚)o 「私しお~」

( ・∀・) 「じゃあ僕はタレにしようかな。 あー、それぞれ一本ずつで」

(,,゚Д゚) 「……あいあいー」


< おらおら、潮ふけ潮~!!
    < アーンアンアンアン!

Σ(;・∀・) 「なっなにィイ!?!?
目に求まらぬ脱衣技はケンコバ直伝のブラジャー外し!?
しかもキュート、僕にもふいたことないのに!」

ギロリ (,,゚Д゚) 「次はタレだよな!」

(;・∀・) 「げえっ!! こっちきた!」

< ギコハハハッこんなに白いタレをドクドクと垂らしやがって! いつまでもド淫乱か!
     < ラメエ! 賢者タイムなのラメエ!!


(,,゚Д゚;) 「ふぃ~、性夜が6時間だなんて認めないぜゴルァ。 まだまだ終わらせねえ!!」

(,,゚Д゚;) 「きりよく30時間だ!!」

ミ,,゚Д゚彡 「……にいちゃん、仕事して」

(,,゚Д゚) 「バカ客がタメ口きいてくる間はそれどころじゃねえんだよ」

ミ,,゚Д゚彡 「でも……せっかくのお客さんだよ?」

(#,,゚Д゚) 「そもそもイベントでしか来ない客はこれからもこねえよ!
あっはーんじゃねーよボケが! いいすかー?じゃねーよボケが!」

(#,,゚Д゚) 「俺は肉(体)のプロだからな! 泣いても許さんぞー!!」

467肉屋のクリスマスプレゼントだよ! :2014/12/25(木) 22:01:32 ID:94fHNzR20
 __[警]
  (  ) (,,゚Д゚) 「俺は自由だ~!」
  (  )Vノ )
   | |  | |


ミ,,゚Д゚彡「……にいちゃん、良い年を(獄中で)」


( ^ω^)「すんまへん、肉くれお」

ミ,,゚Д゚彡 「あ……はい」

( ^ω^)「この牛ステーキ、筋ある? やわらかい?」

ミ,,゚Д゚彡「美味しいですよ。 1300円になります」

( ^ω^)「ほんとかよ~()笑
てかちょっと、おまけしてくれよ。 その300円いらないよね?」

ミ,,゚Д゚彡「……」

ζ(゚ー゚*ζ 「あのー、ローストビーフとかあります? 50gくらいでいいんですけど」

ミ,,゚Д゚彡「ごめんなさい。 お肉は100gからの販売なんですよ」

ζ(゚ー゚*ζ 「いやでも一人なんでそんなにいらないんですよねー」

ミ,,゚Д゚彡「……」

ミ,,゚Д゚彡「なるほど。 この沸き上がるパワー……
だからにいちゃんは」


('、`*川「照り焼きある?」

ミ,,゚Д゚彡「は?」

('、`*川「照り焼き」

ミ,,゚Д゚彡「…………」

ミ#,,゚Д゚彡「なんのだよ! よくわからんから死ねええええええ!!!」


 __[警]
  (  ) ミ#,,゚Д゚彡 「皆しねえええ!」
  (  )Vノ )
   | |  | |


( ^ω^) 共有1レスお題遊びスレ
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/13029/1411916348/1-

スポンサーサイト



 花のくちづけのようです。


622名も無きAAのようです :2013/05/25(土) 13:41:12 ID:rOXG3W7M0
連載するかまだわからないけど冒頭だけ
>>359>>360>>361

右手と左手
都会
あの日の約束


で書いたから乗っけてもいい?


625名も無きAAのようです :2013/05/25(土) 13:48:22 ID:JU0OyQos0
「投下する」なら使っても良い


626622 :2013/05/25(土) 13:55:27 ID:/8bJkulc0
では投下しまーす
お題 >>359>>360>>361。


花と水に囲まれた、豊かな楽園。それがこの学園都市の売り文句だ。
都市は中央に近づくにつれて盛り上がっていて、そこには要塞にも見える、白くそびえた校舎がある。その下部からは水が滝のようになかれ、川となり、円状になった市街をいくつかの地域に分断している。上空から見ればきっと、切り分けられたパイのようだろう。
それを構成する材料は棚田状に作られた花壇と白を基調とした屋根。

まだ幼かった僕たちは、そんな「楽園」に手を繋いでやってきた。





( ^ω^)「ここが、花の都ヴィップ、かお」

僕は小さな彼女の手を無意識にぎゅっと握っていた。そびえる白い高い建物に戦いて。
見たこともない都会の景色に、胸の鼓動が早くなるのを感じる。
となりの彼女を盗み見れば、白くて円い頬は一層白く、唇を噛み締めていた。
家族と離れたのが悲しいの?大丈夫僕がいるよ。
僕は、彼女を守ることを約束した。彼女の両親と、兄と、そして何より僕自身に。

ξ゚⊿゚)ξ「......」

気の強そうな顔を少ししかめて、いい香りのする風に金髪の巻き毛を揺らして。挑むように彼女は前を見つめていた。

( ФωФ)「さあ行くである」

あの建物のように白い制服をきた、目に傷のある男が僕らの手を引いた。
僕らの村からこんな都会まで僕らを連れてきたのはコイツだ。ちょっと嫌な気分になりながらも、おとなしく従う。
おおきくなったら。つよくなったら帰れる。
そう、約束したんだから。





 ミ,,゚Д゚彡うぶなようです


839名も無きAAのようです :2013/05/17(金) 21:35:52 ID:cMHN1qPU0

 ある日暮れ時。

ミ,,゚Д゚彡「おつかれさまだから! じゃ、俺はこれで帰るから!」

 七時半に陸上部の練習を終えると。
 フサは靴を履き替えて、いそいで駐輪場まで駆けた。


ミ;,,゚Д゚彡「(かなり待ち合わせに遅れてるから。つー、絶対怒ってるよなあ……!)」タタタ

 フサは私立AA高校の一年生だ。入学式のあった四月から、
 (*゚∀゚) つーという、同じクラスメイトの女の子と付き合いはじめていた。

 それは念入りな高校生デビューが、功を奏したというわけではなかった。
 フサはそんなことにはまるで無頓着だった。むしろ、乾草のような髪を伸ばし放題にしていた。

 自然体でありながら、フサはクラスの中心にいて。それは、つーにしても同じことで。
 
 だからお互い、惹かれ合った。

 彼らは夕食(ディナー)を、ファミレスでとる約束を交わしていたが。フサは間に合いそうもない。


[ 2013/05/19 20:03 ] 総合短編 | CM(0)



 ( ・∀・)一握りの幸せ、のようです


作者注 ※グロ注意
2 :名も無きAAのようです :2013/01/10(木) 14:27:58 ID:vi1Dl6lo0

――19**年11月20日。

この年はアメリカでかつて前例のない寒波が、国内全土を覆っていた。
季節はずれの寒波は、アメリカ西部ヴィップシティにも勿論訪れ、幾分か早過ぎる積雪を記録した。

ロッキー山脈を臨むこの街はオオカミ州の州都ではあるが、人口は他の都市部と、比べるとかなり少ない。
斜面は少なく、都市全体がなだらかな平面で形作られているために、いまだに手つかずで残された自然が数多く残る。
例を上げるなら、広大な塩の砂漠『グレート・ソルト・レーク・デザート』、各地に点在する塩水湖だろう。

人口の約60パーセントがニューソク教徒であり、街に住む人々は比較的勤勉でおっとりとした人が多い。
有名なところで彼らは刺激物を好まないため、アルコールやカフェインを摂取しない。

クリスマス、年末ムードの高まるこの時期に、一体全体一口のビールも口にしないで盛り上がるのか、はなはだ疑問の残るところである。

――閑話休題。

つまり、この自然に溢れた片田舎の都市は、およそ凶悪犯罪とは無縁の土地だったということだ。
今から起こる奇妙で奇抜な事件が、いかにヴィップシティ住民を震撼させた事件であるか、お察し頂きたい。


事の始まりはこうだ――。





 ミ,,゚Д゚彡 誕生日記念ショートショート


576 :名も無きAAのようです :2012/11/24(土) 23:35:43 ID:.SXFL1qo0

ミ,,゚Д゚彡 ギコギコギコギコー!

(,,゚Д゚) 何だ兄さん、人のこと鋸の擬音みたいに呼びやがって。まつげ毟るぞ

ミ,,゚Д゚彡 やだ、弟が近頃物騒で怖い

(,,゚Д゚) 何の用だよ。俺今数学やってんだけど

ミ,,゚Д゚彡 聞いてくれ弟よ!さっきつーに会ったんだがな

(,,゚Д゚) つーさんに追われてるってなら庇えねーぞ。今数学やってるし

ミ,,゚Д゚彡 弟が冷たい……まるで冬に食べるシャーベットのように……

(,,゚Д゚) 冬に食べるなら雪見かハーゲンダッツだろ。兄さんちょっと買ってきてくれよ

ミ;,,゚Д゚彡 ひ、酷い!話聞くどころか兄をパシリに使おうとしてるこの弟!

(,,゚Д゚) アイス買ってきてくれたら話聞くよ

ミ,,゚Д゚彡 ぬぐぅうう~……なんか悔しい……


ミ,,゚Д゚彡 !


[ 2012/11/25 18:32 ] 総合短編 | CM(0)
[タグ] ミ,,゚Д゚彡



 (゚Д゚,,)「いや、最近俺ら働きすぎじゃね?」ミ゚Д゚,,彡「……やっぱ?」

528以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2011/04/24(日) 20:22:12 ID:e87yiHYM0

(,,゚Д゚)「なぁ」

ミ,,゚Д゚彡

(,,゚Д゚)「なぁって」

ミ,,゚Д゚彡「あ、なに?」

(゚Д゚,,)「いや、最近俺ら働きすぎじゃね?」

ミ゚Д゚,,彡「……やっぱ?」

(,,゚Д゚)「休みたいよな」

ミ,,゚Д゚彡「出来るならな」

(゚Д゚,,)「あれ、つかお前ちょっと赤くない?」

ミ゚Д゚,,彡「お前もじゃね?」

(゚Д゚,,)「そりゃ働きっぱなしだからなぁ」

ミ゚Д゚,,彡「休みたいな」




 ミ,,゚Д゚彡吼えないケモノのようです

【まだ編集中。ごめんなさい】 ※ まとめ方の変更に伴い、AA画像化の記事を無くしました。 名前欄横に画像へのリンクを張っています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。