まぜこぜブーン

ブーン系まとめ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)



 ―――― X POINT のようです ――――

8571/5 :2011/06/11(土) 21:42:22 ID:j24i/EOYO
五才の時。ぼくは、お父さんに捨てられました。   ぼくは、よく分からないけどツン先生が教えてくれたからウソじゃありません。

ツン先生は、ぼくが住んでる“児童養護しせつ”の先生です。すごく厳しい先生で、いつも木の棒を持って歩いています。

イタズラをする子がいたらツン先生は、その棒で叩きます。  だから、友達はすごくツン先生の事を怖がっています。

でも、ぼくは ツン先生が本当はすごく優しい先生だと知っています。

ぼくが友達にウソつきと言われて泣いていた時、ツン先生は ぼくを先生の部屋まで 連れて来て みんなにヒミツでお菓子をくれました。

それから、ずっとぼくの頭をなでてくれました。

だからぼくは、ツン先生が大好きです。

でも、ぼくは一度だけ先生に怒った事があります。

ぼくが小学校に入学した時の事です。

先生が『いよぅ君、もうお父さんの事は忘れなさい。  そんなに濡れて……風邪をひいたらどうするのよ。  もう中に戻って、早くお風呂に入りなさい』と言ったのです。

ぼくは、お父さんのお迎えを待っているだけなのに。  きっともうすぐお父さんは、ぼくを迎えに来てくれるのに。  あの日、いつまでもぼくにお迎えは来なかったけれど。

それでも、ぼくはお父さんの事が大好きだから

ぼくが、お父さんを迎えに行きます。

あの日と同じ、小雨のぱらつく夕暮れに。

スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。