まぜこぜブーン

ブーン系まとめ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)



 おれを救った秋のようです

795おれを救った秋のようです@転載は禁止 :2014/10/07(火) 20:59:19.99
今年の秋、不思議な少女(多分)との縁を得た。

物好きなことに彼女は、俺と話をするため時には時間空間を越えて会いに来る。それは良い、純粋に喜ばしい。
だがこの状況はよろしくない。

そもそも彼女はどうして毎回、俺の仕事場へ来るのかと。
直接家に来いよ、と言っておかなかった事を、凄まじく後悔した。

('A`) 渋沢さん、渋沢さん

  _、_
( ,_ノ` ) なんだ

('A`) 最近ですね、貴方に関する変な、噂がですね、ありまして

  _、_
( ,_ノ` ) ほう、気になるな、どんな内容だ

('A`) 勤務時間後どうみても未成年な若い女性を、何度も家に連れ込んでいる、というものです

スポンサーサイト
[ 2014/10/08 21:27 ] シベリア | CM(0)



 世界を救う秋のようです

758世界を救う秋のようです@転載は禁止 :2014/09/15(月) 15:03:38.79
夕暮れ時の秋である。

シベリアにも秋がある。

此の地に移住して、もう何度目の秋になるんだったか。

無駄に広い少々特殊な図書館の雑草狩りを終え、此の地では比較的良く見られる、頑丈で厳めしい建築様式の本館に囲まれた中庭で一息ついていると。

('A`) お疲れさまでーす

図書館職員の1人がやってきた。

  _、_
( ,_ノ` ) おう、お疲れ様。どうしたドクオ

('A`) ギコさんから、上等な葉が入ったんで渡して欲しいって

  _、_
( ,_ノ` ) ギコが?すまねえな

('A`) いえ、渋沢さんには御世話に成ってますんで

  _、_
( ,_ノ` ) むしろ俺のが世話になってるさ

かつて、俺は彼の部下だった。階級の問題である。
今の仕事につく際は便宜を図ってもらった。世話になりっぱなしである。

[ 2014/09/18 23:00 ] シベリア | CM(1)



 奏でられる物語のようです



 ※作者注 元ネタは牙の旅商人より。 ダーク成分少ないけどちょっとだけ閲覧注意
2名も無きAAのようです :2013/02/11(月) 23:24:07 ID:P4CAmrfw0





――――広大な砂漠がある。
雲ひとつない空の下に、地平線の彼方まで硫黄色が続いている。
どこまでも広がる無限の砂の大地は、草や枯れ木すら見当たらず、静寂に包まれている。

ドンッ――!

地を揺るがし、砂漠の一角が地中から衝撃を受けたように爆発する。
砂埃が舞い、辺り一面に拡散する。

(;*゚∀゚)「チィッ!!」

次の瞬間、砂の幕を切り裂くひとつの影。
頭と足は鳥の、羽毛の生えた三本足のラクダのような生物が砂の上を跳ねるように力強く駆ける。
その背中の上で一人の女が、忌々しげに空を煽いだ。

( ・∀・)「逃げられると、思ったのかね?」

空を悠然と羽撃く巨大な体躯が、女の頭の上に影をつくる。
竜と呼ばれる生物――黒く硬い鱗にびっしりと覆われた飛行生物の上で、ニタリと意地悪く男は笑う。
女の頬を、暑さとは別の汗が伝った。

.


[ 2013/08/06 23:57 ] ミニラノベ 2013/02 | CM(0)
[タグ] (*゚∀゚)



 (*゚∀゚)新説・赤ずきんのようです


作者注※微グロ注意

2 :名も無きAAのようです :2012/05/31(木) 22:01:16 ID:4LUPyG2Q0
夕日が差し込む部屋の中に私はいる。

私は書き続けていた。
部屋の片隅にある机の上でノートに向かってペンを走らせていた。

「……」

静寂が部屋を包む。
聞こえる音はペンが紙に擦れる音のみ。
緊張感さえ漂うような、そんな静けさがあった。


[ 2012/11/21 21:22 ] 短編 | CM(0)
[タグ] (*゚∀゚)



 ( ・∀・)恋実れ!のようです Case 4:長岡ツー

 Case 1 / Case 2 / Case 3 / Case 4 / Case 5 / Case 6 / Case 7
697 ◆zynqho4iRI :2011/07/16(土) 18:20:37 ID:Bar3AOSM0

あたしは幸せ
先輩もきっと幸せ

でもこの関係 このままでいいのかな?






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。