まぜこぜブーン

ブーン系まとめ

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)



 棒線がたりなかったようです

139名も無きAAのようです :2015/02/11(水) 17:26:00 ID:B7mM2p/wO



 気がついたらいつもここに居た。



 日中の、少し暖かい日差しと足早に通り過ぎていく名も知らない人達がいないこの場所。



 商店街の隅、夜10時。いつものベンチに座って、閉まったシャッターの数を数えるくらいなら、背もたれ君に支えてもらって、ゆっくり上を向いて、星を数えていたい25歳の春。



 なんて、そんなくだらないことを考えていたら握り締めていた暖かいレモンティーもすっかり冷めちゃった。



('、`*川「ぷはー」

スポンサーサイト



 コイバナのようです


574名も無きAAのようです :2013/05/13(月) 21:07:28 ID:hu/Fzbu2O

 片方は小柄でおっとりした女子高生。

 片方は長身でそれなりにしっかりした女子高生。

 たまに男子高校生。


 ごく普通の女子高生の、 特に盛り上がりも無ければオチも無い
 ただただ、だらだらとした雑談。


   【コイバナのようです】


[ 2013/05/14 22:06 ] 総合短編 | CM(0)
[タグ] ('、`*川 从'ー'从



 ('、`*川どろどろこーひー、ドロドロのようです


442名も無きAAのようです :2013/03/25(月) 23:41:52 ID:ZGr9RMPU0

持ち物、伝言、注意事項に、準備は整い、立ち上がる。
テーブルの上のコーヒーに、私と彼は、手をつけず。

( ・∀・)「それじゃあ、彼らに伝えてね」

('、`*川「ええ。なんでしょう、モララーさん」

( ・∀・)「メオンは猫と非存在」

( ・∀・)「オントス・オンを探し出し」

( ・∀・)「あらゆる事物と共にあれ」

('、`*川「はい。わかりました、モララーさん」

二つの世界を行き来する。
そのうちどちらも嫌になる。

慣れれば、なんてことはない。
光り戻れば、忘れない。


[ 2013/03/26 20:48 ] 総合短編 | CM(0)
[タグ] ('、`*川



 雨傘レターのようです

272名も無きAAのようです :2013/03/21(木) 23:11:38 ID:BMyp3dOo0






            雨傘レターのようです







 雨は好きだ。
 あのぽつぽつという音を聞いているだけで、心が静まっていく。

 雨は好きだ。
 今日みたいな出来事があっても、部屋の中で雨を感じていればそれを忘れられる。
 綺麗に洗い流してくれる。

 そんな気が、していたけれど。


[ 2013/03/23 19:51 ] 総合短編 | CM(0)



 (´・_ゝ・`) 無題 ('、`*川


114名も無きAAのようです [sage] :2013/03/17(日) 03:24:32 ID:Ws9de6Zs0
佐藤香織に、会わねばならぬ。
断じて、否。佐藤裕也ではない。
黒色の、髪。栗色の、瞳。白色の、肌。
杏色の、指。朱色の、唇。桃色の、乳。
佐藤香織に、会わねばならぬ。
断じて、否。佐藤裕也ではない。

('、`*川「そんなベッピン、おりゃせん。おりゃせん」

我が幼なじみ。斎藤、ペニス。
しかめっ面して、呆れておる。
斎藤ペニスもとい、ペニサス伊藤。
言ってくれるな、我が幼なじみ。


[ 2013/03/18 21:58 ] 総合短編 | CM(0)



 ('、`*川 初夢のようです


303 :名も無きAAのようです :2013/01/02(水) 12:27:07 ID:sVaWDThc0


 足元が震える。
 目の前に浮かび上がる、一本の綱。

 これを、渡れと? 

 歓声が、拍手が、一層大きくなる。
 綱の下は何も見えない。
 口を開けて待つ闇が厭らしく笑った気がした。


 ('、`*川 「…何よこれ、ここは見世物小屋か何かなの?」


 強がりで吐いた言葉も、やはり震えていた。
 それでも勝手に踏み出してしまう足を切り取ってしまいたかった。


[ 2013/01/02 20:38 ] 総合短編 | CM(0)
[タグ] ('、`*川



 【お題】 津軽海峡 ほか


299 :お題:津軽海峡 :2012/12/13(木) 15:48:11 ID:9/i9ED0I0

渺々たる大海原は風に揉まれ、己の身を尖らせていた。
できあがった角は互いに身体をぶつけ合い、身を削り、細やかな泡を立てて消える。
潮風が私の頬を強かに打った。風は私の髪を嬲り、揉みくちゃにする。
やがて、それは全身にまで及び、私の緩やかに膨らんだ腹を撫でた。

私は首を振って、風の愛撫から逃れた。

('、`*川「……。」


[ 2012/12/16 19:17 ] 総合短編 | CM(0)
[タグ] ('、`*川



 ('、`*川夜行のようです


625 :名も無きAAのようです :2012/11/26(月) 02:18:03 ID:6lNkmIyQ0

('、`*川 はぁー…ぜんっぜん捕まらないし


('、`*川(歩いて帰ろうかなー?でも雨降りそうだし…あっ)



 キィー ガチャ


('、`*川(はー、やっとか)


(-@∀@) お客さん、何処まで?


[ 2012/11/26 07:36 ] 総合短編 | CM(0)
[タグ] ('、`*川



 ('、`*川の出てくる話、('、`*川と組ませるとしっくりくる男AA


851 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね [sage] :2012/09/10(月) 21:05:22.45 発信元:119.245.203.2
ペニサスさんがでてくる話で、何かオススメある?
できればもの申す以外で (リンク先:3分でできる即席ブーン様)


[ 2012/09/12 20:25 ] 雑談 | CM(0)



 【お題】 明治時代の駄菓子屋さん


912 :お題:明治の駄菓子屋 [] :2012/05/19(土) 13:57:41 ID:Hi11hPKk0

今年も夏が来た。
お盆にはまだ早いが、墓地のいくつかは既に掃除されている。

目当てのお墓は、日の差さない一番右奥の隅。
枯れた花が残されたままだ。

午後からは雨が降るかもしれない。
西の空には大きな雲が浮かんでいた。

持ってきた道具で一通りの掃除をする。
小一時間ほどでその作業は終わった。

('A`)「ふぅ……慣れたら早くなるもんだな……」

誰にともなく話しかける。
初夏のこの頃。
広い共同墓地の中にいるのは、俺一人だけ。


[ 2012/05/19 00:00 ] 総合短編 | CM(0)
[タグ] ('A`) ('、`*川





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。